すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

デビューしました 

気がついたらまた、2週間ほどサボっていた。 先週末あったことも書いてないや。

先週末はですね、毎年シアトルセンターで開かれる、日本文化の祭典?桜祭りがありまして、今年初めてうちの道場がとうとうデビューしたのでした。 

この祭りは結構歴史がありまして、もうかれこれ30年ほど続いているらしいです。 そのため、老舗といわれるような店やグループしか登場してなかったんですが、なんとかこれにうちの道場として出たかったので、私はディレクターの女性を2年くらいかけて説得しました(笑)。

だって、合気道の道場はもうすでにひとつ入っていたけど、うちの合気会とは違う流派?っていうんでしょうか、グループだったのです。 しかも、合気道道場はシアトルにいっぱいあれど、空手や柔道ほど知れ渡ってませんしね。 どういうものかもっと見てもらうのもいいじゃないですか。

空手や柔道道場は2グループくらい入ってたし、合気道道場だって2個あったっていい。

まー、道場の宣伝にもなるっていうのもあったんですが、人が合気道ってものを知らなければ、道場を探そうともしませんから、ご紹介するのはいいことです。

一部写真載せちゃいます。 あまり顔が映らないように小さくしてますんで・・。
enbu

受け取ってるのが私です。 変な角度で写ってるんで自分でウケマシタ。
enbu2

enbu2

去年まで会場がひとビル分多かったので、屋内だったのが今年は場所がなく、武道の演武は写真のように外でした。 雨が多いシアトルで、この日雨もなく、結構暖かかったんでよかったです・・。


そして、今週の週末デビューしたことは、初めて道場の子供クラスを教えてきました。 実は前述の演武より、こっちのほうがかなり緊張しまして、当日道場へ行くまで、「子供らが来なかったら、そのまま帰っちゃえるけどな・・。」なんてかなり弱気でした。

だいたい、大勢の人に見られるのも苦手ですが、そのいっぱいの目が見ている中でしゃべらなあかん・・、これは私のような目立ちたくない性格の人間にはかなり苦痛です。 でも、いつも教えているLくんが旅行に行くとかで、またピンチヒッターのJさんも仕事関係でどこか行ってるとかで、結局クラスをキャンセルするよりも、私ががんばって教えるってことで引き受けちゃったんですねぇ。

ま、この日4人くらいだったし、以前アシスタントしたような要領で教えるのはよかったんですが、一番怖いのは、馬鹿正直に意見を言う子供らにいったいどういうつっこみをされるのか・・とか、英語がわからんとか、間違ったことを言ったらどうしよう・・とか、ま、人の前に立つのが苦手な人間のする自信のない考えです。  

断るのも情けないので引き受けたのですが、本心、金曜日は天気がよかったし、このまま誰も来ないかもな・・って思ってましたら、4人も来ちゃいましたよ。

なんとか一時間終わりましたけど、一番口達者な12歳の女の子はなんかぶつぶつ言ってましたけど、彼女はLくんがお気に入りみたいでしたから、それで気に食わないのかも。 微妙な難しい年頃ですな。 

教えてもらって文句言うなっ、という強気に出たかったが、自信がないだけにそれもできないすまいるでした。  ε-(‐ω‐;)

忙しいし、だらだら稽古する子供らをよく毎回相手にしているLくんをさらにすばらしいと思うこと一時間でありました。









テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

鏡開きは飲んで食ってじゃないの? 

今日は道場で、鏡開きしました。

・・・っていっても、いつものお稽古にいろんな運動を盛り込んで、稽古終わったら飲んで食う、というもんです。 (たぶん一番最後の行事が一番大切なのでないかと。)

呼吸運動?、木剣の素振りなど運動をして、体術へ。
転換、入り身から始まり、片手取り前方投げ、呼吸投げ(後方投げ)、両手取り前方投げ、呼吸投げ。
両手取り巻き落とし(入り身表)。

ほとんど前半運動してたので、技は少なかったです。

終わったら、パーティ。 
私は毎年恒例、安倍川餅を用意しました。 家からしょう油と砂糖、そしてトースターを持参。 去年いとこからもらったさきいかなどの酒のつまみも。

近くにこじんまりした日本食スーパーがあるので、そちらに餅と日本酒を買いに行きました。

ほかの人も酒やら、ビール、サラダやクッキーなどなど。 

ちょうど昼過ぎからの酒盛りはちょっと早い気もしますけど、正月なんか朝から宴会ですしね。 (え?うちだけ?) しかし、お餅が意外とウケルんでうれしいです。 仲間ができたようで。


道場のパーティにはメンバーが家族や恋人連れてきてもいいので、なんだかみんな家族のようです。 そんなつきあいでも、そのうち合気道止めちゃう人もいるんでちょっと悲しいですけど。

うちは同居人とチビを呼びました。 パーティの写真を撮ろうとカメラ持っていったのに、すーっかり忘れてました。 先日撮ったのがちょっと遠めで顔を隠さないでもいいかもしれないから、載せちゃいます。

始めたばっかりながら、いちおうチビも道場メンバー。  去年の暮れから、クリスマスにプレゼントしたお稽古着を着始めたのです。  

chibi
右端のがチビ。 話しているのが子供クラスを教えているLくん。


なんだか、今日はその稽古と昼間っからのお酒のせいか、身体がだるい・・・。
同居人もなぜか疲れてて、ご機嫌斜め気味なので、思い切って晩御飯は外へ行くことにしました。

家の近くでよくいく、ビールの醸造所レストランへ・・。 そこはLくんが働いている場所でもあるので、気軽に行きます。 自家製ビールもおいしく、おいしいお酒のあるところは食べ物もおいしい・・ということで行くんですが、どうもキッチンの人が変わったのか、今日はもひとつでした。

いつもはLくんが働くバー・カウンターに座るんですが、チビがいるのでそういうわけにもいかず、でも近めのテーブルに案内係のおねーさんも気をきかしてか、連れて行ってくれました。 

Lくんはいっつも道場の人が来ると、ビールを一杯以上おごってくれるんです。 今回もおごってくれて、毎回申し訳ないなぁ、どうお返ししよう・・・と同居人に言ったら、

「いいチップをあげればいい。」

あ、そうか。 でも、今回テーブルに座ってるから、次回カウンター座ったときにね。


食べ物とビールでおなかいっぱい食べまして、まだくるしい・・・。
こんな感じ。(うそ)

FC2にお絵かきエディタというのがあるのに今頃気がつきました・・・。
で、ためしに使ってみました。

いつも私がウィンドウズのペイント使って描くのと大差ないですな。 これからこれで描こう。 マウス使用で面倒なので、何回できるかわかりませんけども。




テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

タグ: 鏡開き  道場 

△page top

合気道オ○クにはまだ遠い 

そうそう、オ○クの話ですが・・。

おととい、仕事で建材の検品してましたら、あまりに高く積まれた箱が重く、気をつけて降ろしてたのにもかかわらず、下になってた箱がずりおちてきて、足の指を直撃しました。

痛みには結構強い私ですが、さすがにしばらくうずくまりましたねぇ。

商品は圧縮した加工板が数枚、箱に入ったものだったんですが、その圧縮板だから重いんです。 事務所で冷やしたものの一日少し腫れてました。

で、その日お稽古をお休みしたんですが、あまりに痛かったんで、骨折れてたらどうしようか・・と心配になりました。  だって、足指だし、

お稽古できない

じゃないですか。 オ○ク第一歩だ

しかし、幸いにも翌日だいぶ痛みも引き、腫れもなくなり、たぶん打撲だけで済んだらしいです。 で、
昨日お稽古行きました。 オ○ク第2歩

幸い、武器の日だったんで、そんなに動きもなく、あまり差し支え無かったです。

いや、よかったよかった・・・と思っていたら、型の練習をしていたら、Lくんの木剣が手の親指に直撃。 

しばらく、ジンジンとして紫になってました。 こんなことはしょっちゅうなので、これもほっときゃ2,3日で治るさっと冷やすだけやっておいたのですが、よく考えれば足の指もこれと同じでないかと。

じゃ、ほっときゃ治るかな。 オ○ク第3歩


その後、別の型でLくんの木剣が抑えた私の木剣を振り替えし、頭上で正面打ち・・・をやったら、振り替えしかたがまずく、振り替えしたLくんの剣先で自分の頬を自分で打ちこみました。

正勝吾勝(まさかつあがつ)だっ!」 オ○ク第4歩?

Lくん、まじめな顔で叫ぶし。 

自分で間違ってぶったたいたのは、正勝吾勝ちゃいます。

自分で相手の剣先打ち込んだあと、へらへら笑ってた私、オ○ク第5歩か?



△page top

テコンドーに見える 

また合気道セミナー行ってきました。 今回はなんとセミナー料金・・

タダ

タダってすてきな響き・・・。 せこいな


うちのセンセーが昔一緒にコロラドのI先生の道場で一緒にお稽古していたこともある人がずーっと地元の大学の場所を借りて、大学生中心に教えてたのが、ようやく自前?の道場をオープンできたとかで、はるばるカナダの国境近くの町まで行ってきました。

うちの道場からは、センセー以外に私とJ先輩だけだったんですが、今回行った道場がこじんまりしてたんで、結構人でうまりました。

今回の開店?に伴って、その道場の先生が故意にしている師範をはるばる東海岸から招待してられました。 その師範が仏教のお坊さんで、そのお払い行事もかねてました。

合気道の開祖は、伊勢のとある神社で演武を奉納したくらいで、どちらかというと神道とふかーいつながりがあるので、今回仏教のお払いで、「へぇー。」と感心?してみてました。 ついでに私自身もお払いしてもらえたかしら?(せこい)

その師範は開祖が存命のときにも日本の本部で稽古していた日本人の方だったんですが、結構英語はおじょうずでした。 しかも、説明の仕方だけでなくて、話がおもしろいったら。

このおもしろさってのは合気道オタクでないとなかなか通じないので細かいことは書きませんが(ほんと)、合気道あまり関係なく、師範の楽しさがわかる一件が・・。


その新しい道場は小さな町とはいえ、ダウンタウンの一角にあり、建物に大きなガラス窓があり、歩行者がすぐ中をのぞけるくらい舗道のすぐよこに面してます。 セミナー中にも歩行者がよく興味深げにのぞいて行ってました。(と思う)

全員畳に座って師範のデモンストレーションを見ていたとき、窓ガラスの外で子供が通りかかる声が聞こえました。

「あ!これテコンドーだよ! チャイニーズがやってる!」

私たち全員、爆笑。 

師範は受けの人を投げ飛ばし、子供らが おお~っと歓声を上げたら、サムズアップ(親指を立てる)。

ジョークがわかる師範でよかった。


3時間半ほどの短いセミナーでしたが、おもしろかった。 
師範には最後に挨拶して(もちろん日本語で)、楽しかったことを伝えました。

日本人がこうやって海外で稽古していると、師範ぐらいの人になるとうれしいみたいです。
にこにこと微笑んで、肩たたかれました。

こうやってよその道場へお稽古しにいくと、合気道を通していろんな人と出会って、共通の話題をもてておもしろい。 うちのセンセーが今度セミナーをこの道場でするかもしれないから、また来る機会があるかな。 また、来よう。


テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

また合気道三昧 

週末はまた合気道セミナーに行ってきました。 毎年年2回くらいはシアトルに来られるI師範の講習会がほかの道場であったので、土曜日だけですがそそくさと参加してきました。

シアトル近辺だけでなく全米といっていいくらいの道場にはセミナーのちらしが送られてくるので(いい道場の収入になりますからな)、有名な師範のセミナーっていうと近所だけでなく、他州からも人が稽古にやってきますんで、いろんな人と友達になったりします。

私はまだやり始めて日が浅いので、そんなに親密になった他州やほか道場の人はおりませんが、合気道やってる日本人が少ないので、自然とつるんでしまいます。

こんかいそのホストの道場にも一人日本人の男性がいるので、もうひとつほかの道場の日本人の男性と3人でセミナーの合間のランチをご一緒しました。 お二人とも黒帯なんで私なんかまだ子供みたいなもんですがね。 ひさびさに日本人とつるみましたんで、楽しかったです。

また夜には恒例のポットラックパーティ。 

その師範のセミナーもこれで3回目参加。 そのうち2回はうちの道場でやったし、ポットラックにも絶対参加するのと日本人が少ないせいで、日本人がさらに少ないコロラド州から来られた師範は何かと日本語で私たちに話しかけてこられます。

ま、話によると日本人アメリカ人関係なく、師範はえらーく記憶力がいいらしく、1,2回会った人をぜったい覚えているのです。 3回くらいあったなら名前も覚えてるし、、ってな感じで、さすが全米だけでなくヨーロッパまで講習会に飛び回って、大勢の人と会っているだけあります。 悪いことできません。(しないけどさ)


日本語と日本食が恋しい師範のために、また日本の文化に興味を持っているアメリカ人の皆さんのために、ポットラックのために作ったものは、

きのこのおこわ

あんまり、ばたばた作ったので写真撮ってません。 ま、ただのおこわです。

おこわなんて、日本食レストランでは出してるとこほぼないですから、前述の日本人男性2人と師範は喜んで食べてくれました。 ほかのアメリカ人の皆さんもおいしいと言ってくれました。 ほぼ完売?しましたよ。

「これおにぎりにしたら、冷えてもおいしいですよね。」

という師範の言葉で、最後、おにぎり3個分くらい残りましたんで、その場でおにぎりにして、師範に差し上げました。 翌日は午後にまたコロラドに帰られるので、旅のお供に。


今回のセミナーもまた前回のように、笑いがときどき飛ぶ、楽しいセミナーでした。 ほんとうはセミナーってそんなに笑いの飛ぶようなものじゃないんですが、たぶん師範の人柄かと。 堅苦しそうな人まで噴出してたから。

また、来月もミニ・セミナーがうちであります。 人が集まるといいなぁ。 ほかの道場の人たちと混じってお稽古するの楽しいですから。 



テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。