すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ささいな異文化 

一週間近く友達が日本から仕事兼プライベートでやってきた。 あっちこっち買い物や商品の下見で走りまくり、お天気がいいのも手伝って、いや~疲れた。 


彼は以前にも来たことがあったのだが、同居人ともチビとも対面済み。 数年ぶりにやってくるというので、友達もいろいろみやげを持ってきてくれた。

チビは最初シャイで、友達と目もロクにあわせられないくらいだったが、おみやげをもらって、しばらくするともう、いつものの通り。 あまり英語が得意でない友達にも平気で英語で話しかけ、さすが子供、通じて無くてもちっとも気にしてない。

友達もチビより2つくらい年上の息子がいるので、子供の扱いも慣れたもんだ。 すぐにまた仲良しになっていた。 

チビがもうすぐ小学生になるので、あれこれノートやえんぴつなどいろいろ勉強道具を買って来てくれた。 それは彼の息子さんが選んでくれたポケモンや新幹線のグッズだった。 

しかし、友達は長いことアメリカの商品にも慣れた建築家だが、どうもうっかりしていたらしい。 チビにメートル法の定規を持ってきた。 

あ、センチだね。と指摘したあっしに、「あ、そうか。」と気がついたが、まあ、チビはまだ定規の使い方もよく分からないだろうから、いいだろう。

あと、すごく日本的だったのがえんぴつのキャップ

これって、小学生のときよく使ってたな~。 最後まで大事に使おうという日本らしいアイデアよね。 アメリカじゃまず見ない。 なんで、案の定チビが聞いてきた。

「これなに?」

えんぴつが短くなったら持ちやすいように使ったり、削ったあとの鉛筆が筆箱の内側で汚れないように・・・。

説明してて、アメリカ人がこの2点のいずれも気にしないだろうなぁと思った。 アメリカのガキ子供が筆箱なんてまずあんまり持たない。 じゃあ、どこにしまうのかというと、バックパックのポケット部分にある鉛筆さしだったりポケットにそのままほおり込んだり。 

そんなこと、きっちり物をしまうなんてアメリカの親はほとんど教えないし、こだわりませんな。几帳面な人は別として。

えんぴつだって、短くなるまで折れずに、なくならずに手元にあるか・・というのも疑問。 

こんなこと書いてたら、いかにアメリカ人の家庭が適当かって聞こえるけど、ええ、適当です。 物を大事に使うとか、整理整頓、元にあったところに物をしまうというコンセプトはほぼない。

ついでに文房具で日本らしいものと言うと、下敷きこんなものこっちで売ってないし、以前あっしのルームメイトにお土産にくれた日本の友人がいて、??マークが飛び散ってたっけ。 説明したら、

「ああ、だから日本人は字がきれいなのね。」

なんてうまく言ってくれたけど、そんなに必要なものかという「はてなまーく」が飛んでた。


話がまた逸れたが、友達が持ってきてくれたお土産で同居人が特に魅力だったのは、やっぱり焼酎。 同居人やあっしと同じようにメタルが好きな友達は、、形になった同居人のバンドの練習を見るべく、バンドルームにやってきた。 焼酎を持って。

しかし、米や麦がベースの焼酎。 慣れてないアメリカ人には大好きとなるまでにはちょっと練習?が必要らしい。 でも、みんな最初がスムースで胃袋で熱くなるお酒に好奇心は沸いたようす。 


その友達も昨日帰った。 帰りの飛行機を待つ間、最後に一緒に食べた昼ごはんがたいしたレストランもなかったので、デリでサラダを食べたのだが、それが、

ウォルナッツ、ローストした梨のサラダにクランベリービネガードレッシング

あんまりなかに何が入ってるか見ずに選んだようなのだが、ひとこと。

「微妙。」

この「微妙」という言葉、日本でよく使われるのだが、在米が長くなるとニュアンスがどうも拾いきれないあっしに説明してくれた。

「どっちかっていうと、ネガティブな意味かな。」

へぇ、そうなんすか? まあまあって意味だと思った。 土地を離れてると判らないことって多いね。 日本からの友達が来て、日本のニュースとか流行とか、ネットでは拾いきれないこといろいろ聞いておもしろかった。 



テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« 忘れられない道端の面々・ダウンタウン編
ありがとうとThank You »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

鉛筆のキャップとか下敷きって、そういえば日本独特のものですね。なつかし~い!
筆箱も日本のは凝ってますね。
ついでに鉛筆削り。オーストラリアには手でハンドルをまわす鉛筆削りがありません。まして電動式なんてありえないです。(アメリカにはあるんでしょうか?)穴に鉛筆を突っ込んでぐるぐる回すタイプだけです。
オーストラリアでも最近はキャラクターの文房具を売り出すようになりましたが、あまり子供には売れていないようです。いくら物があっても親がお金を出さないから...。

URL | 脳天気 #-

2006/07/30 13:33 * 編集 *

ビミョー

確かに。
インターネットのお陰で、一昔前よりはだいぶ浦島状態にならずに
済むようになったけど・・・限界ありますよね。

最近私も「微妙」よく使います。
使い方、あってた。ホッ(笑)

URL | ちっち #yTEP.biM

2006/07/30 19:54 * 編集 *

確かにアメリカ人の字は汚いですね~
韓国人は、教育制度が日本と似ているせいか、美しい筆記体を書ける人が多かったです。
私は、無骨な感じor軽い感じの男性が、水茎のあとも麗しい字を書くと、その意外さに軽い性的興奮(!?)を感じたりするのですが、アメリカ人は筆跡に関するこだわりはないのでしょうか?
かくいう私の字もとっても汚いですが。。

URL | KIKA #eDLLob7U

2006/07/30 22:13 * 編集 *

そう! こちらに下敷きがない!!
だから力入れて書いた子供のノートは紙の両面から字が浮き出ているように見えて、見難いのです!

URL | Kiasu #-

2006/07/31 05:18 * 編集 *

下敷きは日本しかないようですよ。
以前私も香港で探しましたが見つけられませんでした。
ちなみにここフィリピンでもまだお目にかかった事がないような気がします。
また古い記事ですがTBさせてもらいますね。

URL | 香港太郎 #-

2006/07/31 06:25 * 編集 *

子どもたちって鉛筆はあまり使わないと思うんですが……小学校とかでは使うのか。ボランティア先の中学、高校の生徒は皆ボールペンだった。間違えたらどうするんだって感じだけど、おかげでめっちゃ汚いんだよね(笑)。

鉛筆のキャップ、確かに懐かしい……。

あと「微妙」って使うよ、まだ(笑)。やはり意味的にはネガティブ感満載です。

URL | アキツ #-

2006/07/31 06:52 * 編集 *

そーなんか・・

★脳天気さん
アメリカには一応、電動もハンドルで回すのも、小型のぐりぐり回すのもありますね。 キャラクターグッズが売れないとは意外です。 こっちで数年前からキティちゃんやら、店がモールでできるくらいあります。 でも、日本みたいにティーンでなくて、小学生くらいの子供でごったがえしてます。 (やっぱりそーだろなー)

★ちっちさん
微妙の意味をご存知とは、ついていってますなー。 あたしゃだめです。

★KIKAさん
アメリカ人にはあんまり筆跡で性格がでるとか、綺麗に書くべきだとかいう考えはないようです。 でも、読めないのは仕事上得にえらい困ります。 

★Kiasuさん
そちらにもないですか。 あるとあれ書きやすくなるんですけどね。 綺麗に書こうというコンセプトがないのでしょーか。

★香港太郎さん
香港でも?意外です。 チャイニーズの人たちはもともと綺麗な字というイメージがあるんですが、どうでしょ? 下敷きなくても綺麗にかけるっっとか。 

★アキツさん
ボールペンかえんぴつらしいっす。 カレッジ行ったときたいていはボールペンだったけど、大人でえんぴつ使ってる人も多かったんで、驚きました。 シャーペンがないんですよ。 売ってるのもあんまり種類見ませんよね。 あれ芯が細すぎて、アメリカ人が使うと、ぼきぼき折ってしまうんです。 えんぴつの持ち方が、どうも横倒しなんですよね。 しかも力いっぱいノートに押し付けて書いてる。 ほりゃ、おれるわな。

URL | すまいる #-

2006/07/31 11:26 * 編集 *

日本製の文房具ってお土産に喜ばれるそうです。
シンガポールには紀伊国屋があるので日本の文房具は高いけど買えます。高く買った文房具、ダイソーで2ドルで売ってたりすると腹が立ちます。

URL | Madam Y #-

2006/08/01 20:01 * 編集 *

Madam Yさん

こっちの紀伊国屋でも結構売ってるんですが、日本の文房具やら小物は凝ってますよね。 お寿司の消しゴムか、押しピンかの小さな箱を売ってたんですが、ああいうミニチュアに弱いんでつい買いそうになりました。 買ってどうするの?と自問自答し、買うのを抑えました。

URL | すまいる #-

2006/08/01 20:21 * 編集 *

日本の文房具

鉛筆のキャップは日本だけだなんて知りませんでした。下敷きも、そういえばそうかも。
イタリアも小学校はよく知りませんが、学校ではボールペンばかりで鉛筆なんて絵を描くためのもの?というイメージです。

URL | yuranoto #6DhLHxds

2006/08/02 10:33 * 編集 *

yuranotoさん

そちらでもシャーペンはありませんか。(ま、日本人が開発したし。) 社会人になったら、日本でも会社ではボールペンのほうがいいと指導されたことがありました。 えんぴつでは消されて記録に残らないからとか。 学校で間違ったら、やはりホワイトテープなんでしょうか(シンガポールのように)? それとも二重線引いて横に書く?

URL | すまいる #-

2006/08/02 11:25 * 編集 *

はははっ!

我が家の長男、一応筆箱は所有。小さな携帯用鉛筆削りを持っていたこともあったが、すぐなくなるし壊れる。それに、電動の鉛筆削り、バリ島ではまだ見たことないですね。下敷きを日本からもらったけど、利用してもらえず。そもそも、その存在を理解してもらえなかった。

で、3年生となった今、ボールペンと修正液をカバンの中にしまっています。

ちなみに、我が家庭でも、物を元の場所に戻すという習慣、なかなか身に付けてくれません。

URL | RYO #-

2006/08/03 00:08 * 編集 *

RYOさん

うーん、下敷きって誰が考えたんでしょうねぇ。実際使ってみると、あっしなんか、ほんと字が書きやすいと思うんですが、社会へ出てから使いませんね。 やはりボールペンと修正液ですか。 えんぴつと消しゴムじゃないのか、ちょっとさみしい。 

URL | すまいる #-

2006/08/03 11:33 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/97-bf81500a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。