すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

友達の定義・・また? 

どうも、記事書くと長いんだわ、ワタクシ。 細かく説明入れようとしすぎて、結局回りくどいのかもねぇ。 ちょっと、前記事を短めにしてみたけど、今回もちょっとまとめてみよう。(っていいんながらいっつも長いんだよ、君。)

前にも同じタイトルで書いたような気がするが、ずいぶん前のことだと思うので、また違う出来事で書いてみる。


バツ一の友人がぱすっと、一本メールを入れてきた。

「婚約しました。」

おいおい、えらい簡潔な報告やの。 しかも、あっしらよりつきあい短いはずやが、もう結婚かぃ? そやから、こっちもぱすっと一本メール入れてやった。

今度は大丈夫かね?

ちょっときついかなと思ったが、気の強い年下のオナゴ友達なんで、ムッとしながら、あっしの言いたいことはわかるやろと送ってやった。 返事が来た。

「今度は大丈夫って言い方もどうかと思うけんど。」

その通りや。 でも、言ってやった。 あっしの友達の定義って言うのは歯の奥にモノを着せたようなしゃべり方をしない相手をいうんであって、あっしより8歳も年下のくせして、一回結婚に失敗してて、ひとつ前の彼が結婚恐怖症?の自閉的トラウマ男だった。(どんなん?) この元彼と別れるときは、ものすごい傷つけられたんである。 4年もつきあい、同棲しながら、男は逃げたんである。

それが、あんた、2年もしてないと思う。 前の彼とはまったく違うタイプと出会い、さっさと婚約やと? まだ同棲もしとらんじゃないか? いったい今彼のどれくらいわかっているんやろう? 

日本とちっと違って、アメリカではたいがい同棲から初めて、銀行の口座も共同の開いて、要するに結婚の前提同棲みたいのを長年する人が多い。 経済的に一緒に苦労して乗り越えて、結婚のケがちょっとわかるかも・・ということでやる人が多いのだ。

どうも、見るからに彼女は男を見る目がないんでないのか(懲りないだけ?)、男運がないと思ったんで、心配している意味でそんなきつい言葉を贈ってしまった。

普通友達だと、そういうことは傷つけるからとまったく言わずにいるんだろうか? 

実は、このことをメールする前に、同居人に言ってみたが、「言わなくていいぞ。」と、言われていたのに、言ってしまったのだ。 あっしは正直すぎるのだろうか。 同居人もずけずけ友達にきつい言葉を浴びせるほうだが、まぁ、それは人により、男同士ということもあるだろう。

きっと、言っても普通そんなプライベートなことは、人は耳を貸さないから、言って傷つくか、関係がまずくなるよりまし・・ということかもしれない。


実際、昔のアメリカ人ルームメイト♀もそんな感じだった。 拒食症か?というくらい痩せすぎの長年の友達がいたのだが、骨骨しているのに、毎回会うたびに、「腰の骨が形が変?」とか、自分の身体の文句を言っているのだ。 

そのルームメイトに、彼女にあんた痩せすぎて拒食症気味だから、ちゃんと食えって言わないのか?と聞いた事がある。 彼女は、首を振って「そんなこと言わない。」(いえないとは言わなかった。)と言った。

彼女らは高校のときからの長年の友達なのに、どうして腹を割って話をせんのだろう。 自分を差し置いて、新しく友達になった人♀といつも一緒にいて、ちょっと傷ついたとか言ってたのに、友達といいながら、そんなつきあいでは、まるで建前社会のようだ、とあっしは思う。

それが建前でなくて、気遣いだと言われるかもしれない。 あっしはなんでも誰でも正直に言いすぎるから友達が少ないのだろうか?(あんまり気にしてないかも) 

やっぱり、ばか正直に言わないほうが良かったんだろうか? 今彼、ほんまに大丈夫なんかぃ? って。 うまく行かなけりゃ別れりゃいいって彼女言ってたくらい、強いからなぁ。。 うまく行かなくてもいいのかも。 でも、子供にはよろしくないと思うんだが、その考え方。





テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« 飾ってこそなんぼ
料理の腕は・・アジェンダ編? »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

私、バカ正直の域までたっしていません。本音と建前を上手く使い分けれるようになってから友達が増えました。最近お友達になった方は私の正体知らないと思います。

URL | Kiasu #-

2006/07/18 07:59 * 編集 *

Kiasuさん

ううう、あっしはそのへん不器用です。 建前がない。 それを馬鹿正直としていいようにとってもらえれば、よし、ずけずけいいすぎると取ってもらって嫌われるのも、仕方ない。 最近は多少、うそはつくの嫌なので、なにも言わないこともだいぶ覚えたんですが、、まだまだ修行が足りません。

URL | すまいる #-

2006/07/18 11:17 * 編集 *

許容範囲

ども。しばらくです。
海外生活になってまた新しい知り合いが出来てくると、「友達になる」のって難しいやねぇ~、とつくづく感じておりました。
若い頃(?うーん、自ら年を感じる)は結構ずけずけいろいろテンション高く意見してたんですけどね、(自分の意見で勝負するというかなんというか)年取ってくると、許容範囲が広がるっていうのか、「うーん、そーゆーのもアリよね」と思い始め、当たり障りのない返事になってきた事に気付きます。
上手くやろうって思ってるわけでもないんですけどねー。
自分で「つまんねー人間だな、あたしゃ」と思うんだから上手くやってるわけでもないのですが。
そんな自分の時にはいい友達もできないだろうなぁ、きっと。と思っている今日この頃でございます。

話がちと逸れますが、友達多い人は、とにかく、「マメ!!!!!」な人です。これ、絶対。

URL | 団長 #-

2006/07/18 11:41 * 編集 *

コメントさせて!!!!!

すまいるさん、(嫌だよと言われるかもしれないけど)僕とすまいるさんは似てる(断定表現です)。僕も、友達少ないのですが、建前を操れません。僕にとて友達とは、言いたいことをズケズケと言い合えて、それでいていちいち傷つかない、というものです。

で、本音を語らず建前で社会構成員としてのバランスを保っていくバリ人社会の中、少しずつ学んでいます、建前ってやつを。で、この学習、進度がやたらと遅いです……。

URL | RYO #-

2006/07/18 18:54 * 編集 *

私も「思ってもいないことを言う」の苦手なので、建前はあんまり言いませんね。だけど、人の行動に違和感持っても、「ふうん。そういうのもアリか。この人の基準ではオーケーなんだね」で、何も言わないことが多いです。親しい友達に対しても。

その代わり、公共の場で思いっきり周囲に迷惑かけてるオバタリアンとかには、ハッキリ言いますよ。「すみませんが、やめてください」って。「何よ、この人?」って顔で睨まれますけど、誰かが言わないとどんどん図々しくなるから。

URL | ビアンカ #JeDKLqWY

2006/07/18 20:36 * 編集 *

ちょっと書いたの後悔したけど

★団長殿
それは年とともに成長されている証拠です。あっしはまだまだ中身が未熟です。 30代後半のくせして、おさえられんのです。 マメはマメなんですがねぇ、その猪突猛進がごとくしゃべるのがどうもだめなんでしょう。 

★RYOさん
似てる人がいてよかった(笑)。
アメリカ社会の中でもかなりずけずけ言う奴なんで(これはすごいことですよ)、自分でも困ったもんです。 一応数人友達はおるんですが、知り合って10年以上は経つんで、結構思ったこといいます。 一人はあっしの言うことに同意してくれます。 また一人はメールも最近来なくなりました。ははっは。 ああ、学習が・・・。

★ビアンカさん
そういう使い分け大変必要です、今のあっしには。 しかし、道端のオバタリアンには、よほどがちんと来ないといわないですね。 だって、友達じゃないから。 その人の将来を心配してるわけでないし、直したほうが・・?なんて思わないし・・・。 もし、そのオバタリアンが母や伯母だったら、しっかりいいます。 最近母に、それできついと言われロクに口も聞いて貰えません。(笑えない)

URL | すまいる #-

2006/07/18 22:27 * 編集 *

何年もつきあった友達と縁が切れる原因って、これが多いですね。親しくなりすぎて「親しき仲にも礼儀あり」というのを忘れてしまうんですね。
似たようなことが自分の周りでもありました。
本音を言い合うのはいいことだけど、それで相手が傷ついたら謝る、そして二度と言わないようにするべきだと思います。ただし、その相手が付き合い続けるに値する人だったらですが。

URL | 脳天気 #-

2006/07/19 01:02 * 編集 *

脳天気さん

脳天気さんもはっきり物を言われるタイプとお見受けしました(笑)。 言われることもっともですよ。 失礼な言葉と忠告の境目っていうのがすごく難しくて、その判断をあっしはいつも誤るんですねぇ。 一応言う前にちょっと考えるんですがね、結果、やっぱり駄目か・・ということが多々あります。 大概どうでもいい付き合いの人にきつい言葉を言ってみるとこれが逆に、母性本能をくすぐられるのか、好かれてしまうパターンがあり、ますます困惑します。

URL | すまいる #-

2006/07/19 11:14 * 編集 *

わかります

以前日本の会社で働いていたころ、残業おえたころ、同期の子がトイレで泣いていて「いつまでも泣いていないで、早く帰りましょう。」と言ったことがあって、彼女は「普通、女っていうのは、どうしたのーー?」というもんだよ。あの一言ではっと目が覚めた、と、今でも友達です。
日本ってそういう「おきまり」みたいなものがあるのかもしれませんけど、そういうお決まりのなかで仲良ししていてもそういうのって本当の友人にはなりえないと思います。
すまいるさんの友人にも、理屈で「婚約するに充分かどうか」で判断するより、本当にわかりあえるかどうか、話してみるのはどうでしょうか。
話せば話すほど遠くなるようでしたら、しょうがないですけど....

URL | yuranoto #6DhLHxds

2006/07/20 11:04 * 編集 *

もう一回よく考えてみました

そうしたら、考えれば考えるほど難しいですね。本当に友達のことを心配していれば、自分の感じるところを率直に言うべきだろうとも思うけれど、親しい友達にも少しは「良くないと思うところ」というのはあるもので(そして自分自身にも相手の気に入らないだろう点がある)、欠点も含めて受け入れてこそ友達なのかなという気もします。人に指摘されてすぐに改善できるくらいなら、欠点とは呼ばないでしょうしね。

究極のテーマですね。

URL | ビアンカ #JeDKLqWY

2006/07/20 11:42 * 編集 *

答えが見つからない

★yuranotoさん
おもしろいお話ですね。 yuranotoさん、ちょっとほかの女性にない個性的なところがあって、おもしろいです。 そんなこと言われたら、あっしなら返ってお友達になっちゃうでしょう。 親身になって、その人とおんなじ目線に下がる友達も居れば、開眼させてくれるインスパイヤ的存在の友達もいるでしょう。  あっしは後者のほうが近いと思うのですが、そのあっしの友人は多分ふつーの前者のような友人がほしいのかも。 

★ビアンカさん
ほんと、究極で答えが見つからないです。 30ウン年ずーっと考えてますから。 

URL | すまいる #-

2006/07/20 12:27 * 編集 *

すまいるさんのようにはっきりモノを言う人は素直な人なのでしょうね。でもその素直さがあだになり失敗してしまう人もいます。そんなわけで同僚のTさんもいまだに独身。。。

URL | Madam Y #-

2006/07/20 17:19 * 編集 *

そうなんです。このとおり、私もはっきり物を言うほうです。
「相手が不愉快だと言ってきたら謝る、そして2度と言わない」というのは、自分の失敗から学んだことです。
ただここで「xxxxというのは嫌だ」とか「xxxxはもうしないで」と言ってくる人は、話し合って友達として付き合い続けられますが、何も言わずにただ離れていく人はどうしようもありません。そういう人は、それだけの付き合いだったということです。
すまいるさんのお友達は、すまいるさんが好きでこれからも付き合いを続けたいから、自分の気持ちを言ったのでしょう。
またいろいろおせっかいなことを書いてすみません。
不愉快だったら謝ります。

URL | 脳天気 #-

2006/07/20 20:22 * 編集 *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2006/07/21 01:32 * 編集 *

深いぞ

★Madam Yさん
友人の義父がそんな感じの人で、その奥さん、友人のお母さんに、「あなたは正直なのね」と言われたことがあります。 いいほうにとってもらってうれしかったです。 そのお父さんとはメール友してます。 たまーにぐさっと言ってくれますが、そういう人のほうが正直な意見聞けていいです。

★脳天気さん
以前、あっしは自分の思ったまんまの感想をビアンカさんのところへコメントしてしまい、あとで考えなおしたら、誤解されて批判のように聞こえてしまう・・とあとで謝りのコメントを残したことがあります。 でも、寛容なビアンカさんより、「批判でも結構、結構!」といわれて感動しました。 批判でもその人の意見だし、それが嫌ならブログなんてやめればいいんですよね。

あ、でも脳天気さんの意見は同感ですし、批判とは取ってないので謝る必要はないですよ。 RYOさんじゃないけど、あっしと似た人はいるいる、とニマっとしてしまいました。 なんでも冷静に人の意見を聞いてみると、いいアドバイスになるんだと思ってます。

URL | すまいる #-

2006/07/21 12:14 * 編集 *

?さん

ちょうど、怪奇話を読んだあとにコメントを拝見したので、よけいビビッてしまいました。

言ったほうが悪かったのか、言われたほうが悪かったのか・・・。難しいですが、言われるほうもそれなりの言葉を予想してなかったんでしょうかね。 

でも、「正直に話す」というのは、けっして悪口や非難ばかりじゃないんですけどね。 悪口もついついで、決して正直な心じゃないこともあるでしょ?

URL | すまいる #-

2006/07/21 13:39 * 編集 *

>悪口もついついで、決して正直な心じゃないこともあるでしょ?

そうですね~
彼女と私の場合、お互いに対する関心の量に差がありすぎて、それが彼女にはもどかしく、私を怒らせて本気で自分に向かってこさせようとして悪口に拍車がかかったのかもしれません。

私は、彼女からだけでなく、祖母や叔父、級友などからこういう一方的な罵詈雑言・イヤミを浴びせかけられることが多く、「私は感情を表に出さないから、何を言われても平気な人と思われて、八つ当たりの対象にされるのだろう」と思っていたのですが、今思えば彼らは自分に関心を持って欲しかったのかもしれませんね。 

>ちょうど、怪奇話を読んだあとにコメントを拝見したので、よけいビビッてしまいました。

怖がらせて申し訳ありませんでした。

URL | KIKA #eDLLob7U

2006/07/21 14:51 * 編集 *

KIKAさん

周囲にしょっちゅう嫌味、罵声の対象になるっていうのは大変ですね。 誰もたまにそういう対象になったことはあると思うんですが、なりやすい人がいるのは確かですね。

あっしも子供のころ、どんくさくて、自己表現がへたくそで、級友のいじめの対象になったり、親戚には悪口みたいなことを言われました。 でも、成長するにつれ、自分の欠点(シャイすぎ)などを少しずつ直していき、自分に自信をつけることで、内側から光るような人間になるように努力してきた結果、今はそんなこと言われることも少なくなったし、言われても自分に自信を持ってれば、逆に悪口はねたみだったと判るんですよね。(と信じてるけど)

ビビッたのは気にしないでくださいな。(自分が勝手に読んでたんだし、結構怖がりなので・・←でも見てる自分が情けない。)

URL | すまいる #-

2006/07/22 13:59 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/92-398b5780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。