すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

運がいいととるか、悪いとるか・続 

すっかり、同居人の怪我でバタバタしてしまい、前記事が中途半端でタイトルとまったく違う内容になってたことさえ、気づいておりまやせんでした。 と、いうことで、としたんですがね。


怪我をしたその夜にER(Emergency Roomはなんて日本語で言うんでしたっけ?)に言って、あきらかに骨折したかもという足をレントゲン取ってもらった同居人。 臨時の石膏をつけて、翌日何とか自分で、自分の車を運転して帰ってきた。 まじ、夕方仕事を早く切り上げて、3時間かけて迎えに行ってもよかったけど、石膏つけてもらったから、なんとか運転できたらしい。 オートマでないのによーやったもんだわ。

さすがに2階から地面まで落っこちただけに、全身打撲でかなり辛そう。田舎の病院のERで処方された薬といまどきの石膏型では、もひとつなので、帰ってきた翌日に同居人のママが仕事を休んで、病院に連れて行っていってくれた。 

これがまた一日がかりのドクター予約と訪問で、それだけでうんざりしてた同居人。 あっしは、つくづくアメリカの病院って緊急でもアポ、アポって予約が必要なのがどうしても解せない。 ほんとうに緊急だったらERに行けばいいのだってな考え方。 ERって保険のカバーによっては、高くつくからしんどいから早く行きたいけど、でも瀕死の状態でなかったら、待てってなシステム。 

結局、薬局の薬でなんでも治してしまうアメリカの生活は、今のあっしには、便利だったり、不便だったりだな。


さて、夕方近くになって、ようやく一時的な石膏型から、ファイバーグラスの軽い型にしてもらったので、もうちっと歩きやすくなったが、かかとあたりの靭帯切断と骨折が一番ひどく、あとはあばら骨と右足首の骨のヒビ、顔や腕の切り傷、擦り傷、打撲と2階から落ちた割には軽症で、ドクターにも

あんたラッキーだね。

と言われた同居人は、「ラッキーって言って欲しくない・・・。」と、ちょっと落ち込み気味。 あっしは、平素を装って大丈夫っ!と元気づけるしかなかった。

同居人にしたら、怪我したのも落ち込みの原因だが、それによってまったく仕事ができなくなってしまったことがもっとつらいらしい。 理由はなんであれ、仕事できないで家に閉じこもらないといけない気持ちはあっしも経験したし、よーくわかる。 でもそれで落ち込んでては、病は気から! 前向きに過ごして欲しいのだ。

だって、怪我しちゃったものは落ち込んでもしかたない、幸いに仕事場の怪我は州政府に払っている保険(車の自賠責みたいなもんですかな)で少しはお金がでるし、経済的に痛いから、あっしもげげっと一瞬冷や汗たれたが、金運としては、どっちかというとついているあっし、なんとかなるさっ! と自分を元気にして、同居人を元気づける。 

怪我を治すことが最優先だと思う。 日頃から太鼓たたきや仕事で身体を鍛えていたおかげで、そんだけの怪我で済んだんだから、逆に良かったと思わないといかん。 知り合いの大工には、同じように2階の屋根から落っこちて、両足、腕を骨折して、金属板とボルトで骨を固定しないといけなかった人がいっぱいいると聞いた。 ええい、暗いから落ち込むな!

ということで、前から計画していた、今週末のバンドメンバーによる、うちでのポーカーゲームは、逆に気の知れた友達から激励?が飛び、気も晴れるんでないかと思う。 


というあっしは、同居人が現場から帰ってくる日に、携帯につけていた母からの飛騨のおみやげ、さるぼぼの金運お守りの首が取れ、顔がひきつってしまったんだが、昨日晩、ちゃんと縫い付けて、ボンドで固定した。 これで金運が戻っただろうか。。。。あ、前向き、前向き。


テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« ポーカーで元気になろう
運がいいととるか、悪いととるか »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

同居人さん、大変な怪我をされたようでお見舞い申し上げます。精神的にもお辛いですね。早くよくなりますように。

URL | ビアンカ #JeDKLqWY

2006/06/02 21:22 * 編集 *

ラッキーと言えば、

僕がバリ島で居眠り運転の結果、かなり古式のメルセデスのお尻にぶつかってしまったとき、家内をはじめ周りのみんなが、「体は大丈夫か?」と聞いてくれました。そしてその後、「お金のことは後で何とでもなるから心配するな!」と言ってくれて、申し訳ない気持ちがいっぱいだっただけに、涙が出てきてしまいました。以前日本で軽いやつをやってしまったとき、両親に修理代やらお金のことだけで怒鳴られたのとは全然違いました。こんな経験が、僕をこの島に縛り、『人生お金じゃない』って思わせてくれちゃうのかもしれません……。なんか、TBしちゃいそう。
ちなみに、冗談のレベルでは、「いやぁ、両足が折れたわけじゃなくて本当にお前は運が強い!」とか、「食事ができるなんて何てラッキーなんだ!」といった、過激な励まし方、バリ島にもあります。

URL | RYO #-

2006/06/03 00:09 * 編集 *

黄色のさるぼぼのことですね。だいじょうぶです!あいつは本当に助けてくれますから。ボンドでくっつけたあたり、もっと強固に結びつきいいのではないでしょうか?ウチにさるぼぼ全色あります。飛騨といえばさるぼぼか赤影です。懐かしいなー 我が故郷。

URL | Kiasu #-

2006/06/03 00:32 * 編集 *

なんて前向きなんだ!

前向きですね、すまいるさん!
今のあたしには「おんどりゃーっ!」と怒ることしかできないような気がします(働けないからねえ)。でも、よく言われているように、コップのお水が半分しか入っていないと思うか、半分も入っているかと思うかで、いろいろと変わることが多いですもんね。

なんでも考え方と、とらえ方の問題ですね。
そうそう、前向き、前向き。

URL | アキツ #SkpZqjko

2006/06/03 08:43 * 編集 *

前向きさが身を助く?

★ビアンカさん
ありがとうございます。さすがに、怪我したあと二日間くらいはかなり落ち込んでましたが、今日はだいぶましになったようです。 たぶんだいぶ動けるようになったからでしょう。 痛いのがだいぶ取れたら、もうちょっと、気分的にも楽かもしれません。

★RYOさん
ああ、それ、私にもありますよ。 日本にいたときに親や親戚には、なにかあったら、「そんなことしてるから、そんなことが起きるンでしょう!」と不注意だった自分を散々責めるような言葉をよく聞いたもんですが、アメリカにきてから、起きたことは仕方が無い、反省ばっかりより、先のことをどう見つめるかが早くリカバリーするのに大事と学びました。 ま、反省をまったくしないのもいけませんが、自分を取り戻してどうこれから対処するか・・を教えてもらったような気がします。

★Kiasuさん
赤のは安産のお守りと聞いてたんですが、昔慰安旅行で訪れたとき、かわいさから巾着を買っちゃいました。 まだ使う予定はなさそうです・・・。 この黄色のさるぼぼくん、だいぶ汚れてしまったんですが・・・洗えないかなぁ。

★アキツさん
あ、ありがとうございますっ。 同居人もあんまり動けないから、ネットでなんか売って働くか?と提案してみたんですが、どうも売るってことに向いてないとかいって・・・、背に腹はかえられんだろうに。 でも、来週もうちっと動けるようになったら、家でプロジェクトやるといっていたので、ええこっちゃ、と言ってあげました。 

URL | すまいる #-

2006/06/03 10:48 * 編集 *

お大事に

イタリアはERでもたらいまわしにされた上、待たされます。お大事にされてくださいね。

URL | yuranoto #-

2006/06/03 11:29 * 編集 *

yuranotoさん

たらいまわしって、ERの意味がないですよねぇ。 いわゆる日本の開業医がイタリアのERですかね。 

同居人はERは現場近くの病院で行ったので、足型が一時的なものだったのをこっちでかかりつけの医者に行って、軽いものにしてもらったわけですが、だのに、待たされるわけですな。 一度型をもう付けてるから、他の人より急ぎでないからって・・・。 そんなもんなのか、ですよ。

URL | すまいる #-

2006/06/03 21:30 * 編集 *

同居人さん骨折してたんですか?それは大変!
ここですまいるさんが前向きなら、きっと早く回復していい方向に行くでしょう。
本当に物は考えようですから。
私もそうあらねば...。

URL | 脳天気 #-

2006/06/06 02:00 * 編集 *

脳天気さん

気分的に落ち込み気味だったのは最初の2日くらいで、それから、打撲の痛みとだいぶましになったようです。 

ほんとにしばらく不安が募りますが、意外とあっしはケロッとしてるんで、自分でも驚いてます。 きっと、そのうちいいことが起きるだろうと信じてるのかな。

URL | すまいる #-

2006/06/06 11:40 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/66-0442e9ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

思いやり!?

内容がどのように関係しているのか上手く綴れないかもしれないけど、とにかくインスピレーションってやつですか? そう、そういうのを感じたのですまいるさんの記事『運がいいととるか、悪いととるか・続』にTBなんです。何が綴りたいかと言うと、いわゆる個人のミス的....

必至にいろいろと考える

2006/06/07 10:30

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。