すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

砂漠でバギーとキャンプ・その1 

引越しの片付けにずいぶんとかかってしまい、バケーションに行ってからえらい経ってしまったんで、どこまで思い出せるかわからんが、ちまちま写真だけでもアップしよう。 


4月11日 火曜日
同居人のママのジープを借りに行く。あっしのシビックや同居人の2輪駆動トラックでは砂漠はやってけないので、去年もママの四輪駆動のミニジープをお借りしたのだ。 翌日水曜日には、同居人の両親が一足先に出かけてしまうんで、前日に借りに行ったわけだ。

4月12日 水曜日
仕事帰りにチビを母親のところへ迎えにいく。今回のあっしだけでなく、みんなの心配は、ママズボーイ(お母さんっ子)のチビが今回ほぼ初めて母親なしで遠出するのに、途中でべそべそしないか・・ということであった。 毎日ほぼ一緒にいる母親が手かけ足掛けしがちな男の子だからか、一日のうちで、そういうことが過去に多々あったわけで、遠くに行ってそれをやられてしまっては、こっちは困るわけだ。 いくら6歳にしてもそろそろ乳離れはしてほしいもんだがなぁ。

そんな周りの心配をよそに、本人はおじいちゃん、おばあちゃんちでみた4輪バギーとギア(プロテクターとか)を見て、もうかなりうきうきしている。 おしゃべりが止まらない。(それでなくても、しゃべりなのに。)

4月13日 木曜日
遠足行くときって、学校や仕事行くときと違って、早起きしてしまうのはなんでだろう。 6時45分くらいにみんな目が覚めた。

お昼のサンドイッチと朝ごはん代わりのゆで卵をさっさと作り、クーラーにつめる。 支度をして、8時過ぎには家を出発、ジュースとお菓子、塗れティッシュなどを買いに、スーパーへ寄る。 中部ワシントン州のモーゼス・レイクへ向けて・・。


ワシントン州というのは、おもしろい州で、アメリカ北西部を縦にずーっと走っているカスケード山脈を越えるまでは、背の高い針葉樹や低めの広葉樹が生い茂った緑あふれる街なのに、峠を越えるとどんどんさばく地帯になっていく。 

峠は標高も高く、4月の末はまだ雪も積もっている。これが完全に溶けるのは真夏の8月くらいだろうか。

pass
湖なんか凍ってるし。

ま、この辺は去年も描いたし、割愛しよう。(手抜き?)

今年が去年と違うのは、同居人の両親も参加し、うちのチビと同居人の御姉ちゃん家族のところの一番下の坊主2人も参加したこと。

rv
御姉ちゃんとこ家族や同居人のいとこ家族や、
義兄ちゃんの仕事仲間ののRVやらで、いわゆる
コミュニティができる。

rv2
子供用の2輪にまたがる同居人。
身のほど知れぇ。
横から本人が一言「バイクが小さいんでない、
俺がでかいんや。」(くだらん)


バイクやギアは御姉ちゃんところや今年奮発した両親のを借りるのがあっしら。そのうち、うちらも金持ちになって欲しいもんだ。

dad son
さっそく四輪バギー(ATVもしくは、クゥアッドというのが一般的)に挑戦。
チビは初めてだがなかなか・・
怖いもん知らずは父親ゆずりか。

mama
同居人のママ。あっしの母とおそらく
3,4歳くらいしか変わらないんだが、
気が若いっつうか・・。

この写真は、15歳の孫娘のあとをついていって、小山を超えきれず、後ろにぶこっろんだあとの生還した図・・・。 あまりにびっくりしたのか、楽しかったのか、恥ずかしかったのか、泣き笑いしながら状況を語ってくれた。


red
御姉ちゃんところの愛犬、レッド。 
砂嵐にゃ、さすがに彼も参った様子。

ほんまに、砂だらけになって一日の終わりにゃ、髪の毛もがしゃがしゃ、目も痛いし、口にも入ってざらざらしてるし・・・、でもバイクでとことんまで汚くなってみるのもあんまり経験できないことっすかね。

キャンプって、ぼーっとしたり、おしゃべりしたり、食事の用意して食べるしかやることないんだけど、これがバケーションってもんか。 みんなキャンプファイヤーの周りでうーろうろ。

そんなファイヤーを囲んでしゃべってる大人をよそに、緑の一番小さい50ccバギーに乗ってぶいぶい初乗りをエンジョイしていたチビに大人がヒヤッとさせられるのであった・・。

続きはまた明日(たぶん)。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« 最初が肝心
管理する女・甘えたい男 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

砂漠でこんな娯楽があるんですね。大人も子供の楽しめていいですね。
オーストラリアも砂漠だらけだから、もっと流行らせればいいのにと思います。

URL | 脳天気 #-

2006/04/24 23:40 * 編集 *

似てる

オレゴンコーストにもバギーできるところがありました。セントラルオレゴンは砂漠化してますし・・・・・・お隣同士よく似てますね。

URL | Kiasu #-

2006/04/25 07:18 * 編集 *

準備と後始末大変だけど

★脳天気さん
オーストラリアではあんまり人気ないですか・・。多分アメリカ以外の国はGPなどのトラックレースのバイクのほうが人気かも。ドラッグレースやら地面が土砂系はやっぱりアメリカですね。 それにしてもかなりな人がやっているのを見るんですが、お高い趣味ですよ。

★Kiasuさん
オレゴンってやっぱ似てますよね。 だから両州を引越しするぶんには、あんまり違和感ないんですよね。

URL | すまいる #-

2006/04/25 11:16 * 編集 *

カスケード山脈いいですね。山がとにかくすきですね。オレゴンのMt フット、ワシントンのMtレニア最高です。Stへレナのように吹っ飛ばなきゃなおよしです。

URL | Kiasu #-

2006/04/26 08:03 * 編集 *

Kiasuさん

まだSt Helenくすぶってますよ。昨日ちょーどTVのNational Geographicで、その噴火で生き延びた人たちの話やってました。 こんど噴火したら、うちにも火山灰が飛んでくるんですよ、こわいこわい。

URL | すまいる #-

2006/04/26 15:34 * 編集 *

くすぶっていると言えば、

ジャワ島はジョグジャカルタ特別市ちはくのムラピ山が噴火しそうです、もうじき。

僕から言わせてもらえば、家族がみんな車持っているだけでお金持ちです。しかもバギー……。バリ島では、大型デパートの駐車場などで小型バッテリーを使ったバギー車に子供を乗せるビジネスが数年前に流行っていました。でも、今はもういない。新しいものには飛びつくけど、すぐ飽きる島民性なのだろうと思われます。

URL | RYO #-

2006/04/28 02:45 * 編集 *

RYOさん

その辺も結構活火山多いですもんね。
確かに一人一人が車って贅沢ですよね。 しかし、アメリカって公共機関があんまり発達してないもんで(ダウンタウンくらい?)、車乗るしかないんですよね。 排気ガスもすごいし、できるなら、ほんと電車とかで通勤したい。(運動にもなるし) バギーはほんと余裕がないとできないもんです。 ま、あっしも日本に居たとき自動二輪車と車持ってる友達いましたが、高い娯楽です。 あっしは自動二輪だけでしたが。。

URL | すまいる #-

2006/04/28 11:28 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/45-e4bc8ea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。