すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

トイレはトイレでいて欲しい 

日本人♀の友人から、突然仕事中に電話がかかってきた。 

ご飯食べに行こうかとか話をしながらも、ちっとも約束までいかないんで、最近ではこやつと出かけるのは、今の彼氏と別れてからしかないのか? すごい極端なことを考えてしまうくらい、だいたいの女友達と言うのは、彼氏が中心だな。

それで、今回の電話でやっと、ご飯を食べに行こうというんかと思ったら、

「日本のウォシュレットって、こっちで買えるぅ?」

おまいは、久しぶり電話かけてきたかと思ったら、あっしとトイレの話しをするのかっっ。と、つっこみそうになったが、あっしが家の部材で仕事をしているから、よく知ってるかと思ったと、あっしの仕事に対するプライドをつつかれては、つっけんどんにしてられない。

日本風の施工をする工務店がよく、広告出しとるやん。 そういうところで聞いたら、ウォシュレットに合うトイレのボウルと便座を用意してくれるんちゃうん?

と答えてやった。 アメリカのトイレのボウルや便座も微妙に日本のものと違うので、日本のトイレ蓋カバーを親が送ってきたら、合わなかったりってなことがある。 

コマーシャル(商業用)のボウルだけでなく、レジデンシャル(一般家屋用)でも、Elongated(長い)のとRound(丸い)というボウルがあるので、まだ丸いのなら日本仕様のトイレ用品が使えるだろう。


トイレがでたんで余談やが、日本で一般的な便座カバーだが、あれは冬などに、便座が冷たくなくて結構便利なもんだと思っているのだが、あれを重宝するのはどうも日本人だけらしい。

アメリカには絶対売ってない。 冷たい便座でもへーきで座っている。 ちょっと気にする人はオークという木でできた便座をつけている。はっきり言って、あんまり冷たさや温かさには大きな違いはない。


一度アメリカ人のルームメイトと住んでいたときに、つけてもいい?と、つけさせてもらったことがあるが、非常に気分悪そうな顔をしていた。 確かに、便座の上はいいが、下になる部分はお○っこやらゆるいウ○コが飛び散って、汚れやすい。 (食事中の方すお許しくだされ。)

きれいに物を使う日本人でも多少は汚れるというもの、汚いアメリカ人が使えば、もっと汚い。 だから、そのルームメイトが言うには、

「Crabとか移ったら、どうするの?」

Crabというのは、「蟹」のことではない。 いわゆるシラミなどを口語で言った言葉である。 そんなもんが、移ったらって、あっしがシラミを持っているというんかい。 そのルームメイトは、そのとき自分がどんな言葉をあっしに向かって吐いているのか、シラミの恐怖からか、よーく解っていないらしい。 あっしの冷ややかな目も気づいていなかった。


そんな出来事が過去にあったんで、便座シートは一人暮らしのときしかつけることはなかった。 少しの間、同居人が来てからつけていたが、一日2回は必ずトイレで5分から10分は閉じこもる同居人と、まだちびっ子のゆるゆるウ○チが多い息子がいては、便座シートは通常以上の汚れ具合だ。 二度とつけようとは思わない。 (また、汚い話しでもうしわけない。)


テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« テレビ欄占い
プロダクティブに »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

そのウォシュレット、香港では買えるんで一度購入も考えた事があります。

慣れてしまうとあれがないと何か頼りないんですよね~。

また私の嫁はフィリピン人ですが便座カバー大好き人間で、蓋部分もセットになったミッキーやミニー、ドナルドなどの絵柄のものを買い集めては一定周期で交換してるようです。

URL | 香港太郎 #-

2006/04/04 21:04 * 編集 *

記事を引用させてもらいました。
どうもありがとうござます。
しかしウォッシュレットといい便座カバーといい、日本の「至れり尽くせり文化」が極まったのが日本のトイレかな?と思ったりします。

URL | 脳天気 #-

2006/04/05 02:18 * 編集 *

便座シート、日本では欠かせぬ物でした。得に冬。シンガポールではどうでもいいのです。そんなもの。そもそもトイレとシャワーが同じ部屋にあり、便座なんかシャワーからの水やお湯でしょっちゅうぬれておりますから。

URL | Kiasu #-

2006/04/05 05:51 * 編集 *

そういえば

便座シートもだけど、公共トイレの「音姫」、あれも日本だけですよね。発想からして、日本人ぐらいしか「気にしない」ことなんでしょう。

URL | yuranoto #6DhLHxds

2006/04/05 09:53 * 編集 *

使ってない

そー言えば、こっちで便座カバー使ってないですわ。
1年中暑いから便座が冷たくて、夜中に脳溢血を起こしてしまう危険がないからなんですわなぁ。
便座カバーももちろん売ってないです。
ウォシュレットも不要。なんつってもビデの国っすから。未だに使い方がよくわかりません。
使いこなせたらいいことあるんでしょうか・・・。

URL | 団長 #-

2006/04/05 11:22 * 編集 *

トイレの話で盛り上がるとは・・

★香港太郎さん
香港で買えますか!あれって、使った人にはあれがないとと思うそうですね。 祖母の家にあったのですが、どうも抵抗あって使ったことがないです。 便座カバーもマイ・便座カバーって用意すればほかの人は抵抗ないですかね。(いちいち変えてられないって) 

★脳天気さん
どうぞ、どうぞ、あとでおじゃまします。日本ってほんとそういう小物の発明?は得意ですよね。 主婦が考えたんじゃないでしょうか。

★Kiasuさん
うちも・・湿けてます。 蒸気だけでなくて・・・。

★yuranotoさん
音姫ありましたねぇ~。 日本の部屋が狭くて、トイレがすぐほかの部屋の横っていうのも要素のひとつでしょうか。 生理現象なんだから、音は仕方ないやん、と今は思います、私も。 さすがに、トイレを流しながら携帯で話してたときは、同居人に笑われました。

★団長殿
ビデ!あれってなんで便座がないんでしょう?未だにどうやって使うのかはわかりません。 あれって水だけですよね・・?最近のはお湯もあるんでしょうか。(家の部材の仕事をやってはいますが、日本でビデは使われることはほぼないので、わからんのです。)

URL | すまいる #-

2006/04/05 12:16 * 編集 *

僕は、

スプレー式のホースで左手を使ってお尻を洗っていますが、今から思い返せば、トイレットペーパーでウンチを擦りふき取るのは汚いことだと思います。やっぱり、手でちゃんと確認しながら洗い落とさなければ。で、トイレの便器カバーや便座カバーですが、僕は要らないと思うのですが、バリ人の家内は好きで使っています。でも、蓋部分には使いません。

URL | RYO #-

2006/04/05 23:47 * 編集 *

RYOさん

ううーん、極めてますね、おしりの洗い方。すごいです。 便座カバーとマットは必ずといっていいほど、こっちの家庭で使われていますが、カバーはただの飾りでないのかと思いきや、結構フタの上に座って歯を磨いたりしてるので、椅子としても使えるのでしょう、、、たぶん。

URL | すまいる #-

2006/04/06 10:10 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/37-5acb999a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

個室で考える

4月 6日 {/kaeru_fine/}多分、この国では少し前までは紙でケツを拭く習慣なんか無かったに違いない。本を読むと確かにそうある。川があるところでは、用を足すと足元の流れにそっと右手を延ばし、すくった水を裏門(!!なかなか斬新な表現)に振りかけて軽く左手でこす

カタールde語る

2006/04/07 07:52

-

管理人の承認後に表示されます

2007/08/12 03:11

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。