すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

身のほど知る? 

毎月一回メルマガが届く、桜神社のe-おみくじ。 そこにいっつも宮司さんの言葉が書いてある。 今月のお言葉は、まるで常に自分が考えていたことを見透かされたような内容だった。

すべてが、あなたにちょうどいい。
  今のあなたに、今の夫がちょうどいい。
  今のあなたに、今の妻がちょうどいい。
  今のあなたに、今の子供がちょうどいい。
  今のあなたに、今の親がちょうどいい。
  今のあなたに、今の友人がちょうどいい。
  今のあなたに、今の仕事がちょうどいい。
  すべてが、今のあなたにがちょうどいい。

 これは、お釈迦様の言葉といわれているものです。
 
 貴方の周りにいる人は、貴方と波長があっている人。
 霊的に同じレベルと言い換えることができます。
 今ある環境は、自分が作り、貴方の周りに起こっている問題は、
 貴方にとって必要だから、起こっているのかもしれません。

  現在、自分が思うように生きられないのは夫(妻)のせい。
  自分の実力を発揮できないのは、職場や上司のせい。
  自分がつらい思いをしているのは、親や兄弟のせい。
  いい友人がいないから、良い目にあえない。
  なぜ私だけが、こんな思いをしなければならないのだろう…。

 日々の不平や不満を、そして、
 目の前に起こった問題を全て他人や環境のせいにしてしまう。
 これは、誰もが身に憶えのあることです。
 それどころか、これは皆が皆持っている「心の癖」であるともいえます。
 
 人は、自分だけは変わることなく、今のままでいたいと思います。

 でも、気付いてください。
 他人を変えることはできません。
 でも自分で自分を変えようと思えば、変えることができます。
 変えるとは、モノの見方や考え方を「少し」変えてみることです。

 それだけで、人生は楽しく、価値のあるものに変化してゆきます。
 そうです。自分が変われば、貴方は、
 周りの人にとっての太陽にもなれるのです。


これって、だいぶ前に自分が気づいたことと、他の誰かに言われたことそのもの。

自分が経済的に苦しくて、なんでこんなに貧乏なんだろう・・と思ってみじめな時期があった。(今も金持ちじゃないけど。) こんなあっしもいつかは玉の輿にでも乗って、優雅に暮らしてみたら・・・なんて、自分らしからぬ妄想にふけっていたことがあった。(玉の輿なんて興味ないんす。)

「自分の程度が低いとき、経済的にみじめなとき、そんな人間にくっつくのは同等かそれ以下の人間だけよ。」

ときぱっと誰かに言われたことがあったが、確かに貧乏神が天井裏に住み着いているような人間は卑屈になりやすくて、金持ちの優雅な人が好んでくれるわけもない。

だから先に自分を磨きなさい・・・と自分に言い聞かせて卑屈にならないようにしていることがよくある。 

自分が内面から魅力的に輝いているときは、それに轢かれて魅力的な人がよってくるもんだ。 だから、「人が自分を好んでくれない、それは人のせい・・」じゃなくて、自分に魅力がないだけ。



それとは、違うことなんだけども、なぜかあっしがこだわることに、ダウンタウンを中心に見てできるだけ、北のほうへ住むほうがいい。というのがある。

なんでか・・といわれると、ひとつにどのアメリカの州や都市でも南は治安が悪くて、北のほうが洗練されている、という事実があり、あとは自分の感覚から、どうも南に住むのが怖いというのがある。

また、南に下れば下っていくに連れて、生活や人生レベルが少しずつ下がっていくような気がするのだ。 なぜそう思うのか解らない。

でも、つい最近気がついたのが、人生レベルが下がるのでなくて、その人の現状のレベルにあわせて生活場所を変えることによって、そのうちレベルが上がっていく、人生の調整に南にいくことも必要なのだ。


この変なセオリーはどこから、何を根拠にそう思うのかは解らない。でも、友人や知り合いを見ても、南でなくても住む場所によって、その人の人生が惨めになったり、向上したり・・・するんだ。 なんでだろう。

友人に治安の悪いところばっかり住んでた人がいて、彼女の生活レベルはいいと言えたもんでなかった。 そのときに付き合ってた彼氏も変な人生嗜好を持っていて、借金は何が何でも嫌だから家のローンもしたくない・・と、結婚しても家には住まない。 住みたければ結婚とか考えるなと、言い切っていた。

そして、その彼氏と付き合う間、引越しを数回繰り返し、突然彼氏はどっか消えてしまった。 彼女は強かった。 消えても自分なりにしっかり足を地につけて、さっさとそのときの経済状況とあった住まいを探し、南に移った。 

そして、しばらくして転がり込んできたいい転職もして、もっとお金を稼ぐようになったら、いい車も返る余裕ができた。 そのうち、えらい金持ちの相性がいいらしい彼氏もできた。 

今は結構余裕な生活を送っている・・・とあっしは見ている。

彼女にとって、南へ自分の現状にあった引越しは、いい結果をもたらしたんじゃないかなってなぜか思う。 さっと気持ちを切り替えて、彼女にいい状況をもたらす移動をしたのだな。


あっしもずっと経済的にどうもさっぱりせず、どうも落ち込みやすい時期を過ごしていたのが去年まで。 そんなあっしにくっついてきたのはやっぱり、経済的にさっぱりしない同居人。 ふたりで、ため息つくことも多かった。

でも、そんなんじゃいけないし、悪い癖やら習慣は断ち切って、前向きに生きようと決めたころ、そんな態度を見たり、自ら戒めたりして、同居人の考え方もめきめき変わった。 ちゃんと地に足をつけようっとしたころ、、、同居人の経済もあっしの経済状況もみるみる変わってきた。

今年はずいぶんと楽になったし、これから先どんどん二人で向上していく見通しがついている。 やっぱり、身のほど知るってことが必要なんだな。 見栄張って、人生送ってたらいかんのだ。


海外生活にぜんぜん関係ないけど、海外にぽつっと一人で住んでるとこんなことも考えるんだな。 今は同居人がいるけど、まだ家族じゃないし。 家族になる前に、どううまくやっていくか、ひょっとしたら他にもっと合う人がいるんじゃ・・なんて考え出したら、やっぱり、結論はというと、

今のあなたに、今の彼がちょうどいい。

ですよ。


テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« プロダクティブに
アメリカンニッポン »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

うぅぅ、

僕は身の程を知れない愚かなピノキオですが、自分なりに納得できて満足できるようであれば、それだけでいいような気もするのですが、それでいて、現実から逃げてしまうのも、ときどきならいいような!?

URL | RYO #-

2006/04/01 01:50 * 編集 *

要は気持ちの問題じゃないですか?お互い切磋琢磨しあえるパートナーが一番だと思います。私かなりのポジティヴ思考の持ち主なのか、人生なんてなるようにしかならないと思ってます。それと矛盾するかもしれませんが、人生はかならず向上していくものだと信じています。ふと現実をみると馬鹿だなあとよく思いますが・・・・・・・。

URL | Kiasu #-

2006/04/01 09:36 * 編集 *

自分の程度に合った人間が周りにつくっていうのは、本当だと思います。その周りの人間によって、またその先の方向が決まるから、上がる一方になったり、逆に下がる一方になったりするのでしょう。「運」といわれているけど、自分で作り出している方向だと思います。
うっかりしていると、どんどん下がっていくから、気が抜けない。もっと自分を磨かないと...。

URL | 脳天気 #-

2006/04/01 13:35 * 編集 *

そのとおおりっ!

そうですよねー、そうですとも! 
と、今回は力いっぱい頷かせていただきます。
「類は友をよぶ」ではないですが、そういうものなのではないでしょうか?

結局は「自分自身」がいかにどう行動するかの問題。
とはいえ、楽な方へと流されるあたし……。

URL | アキツ #SkpZqjko

2006/04/01 18:06 * 編集 *

やっぱり人間

★RYOさん
人間ですから、そんなパーフェクトにはいかないし、たまに逃避しちゃうのも仕方ないですよ。 しょっちゅうじゃないければ、それもありかな。

★Kiasuさん
そのとーりですよ。 あっしと同居人もそんな切磋琢磨しあえるパートナーだと思います。二人で向上していけるのが最高ですね。

★脳天気さん
昔の知り合いで、知り合った彼ととても合っていたみたいなんですが、一緒にあがって、下がっていきました。 最後にゃ一緒にjailまで入っちゃいました。 合うだけじゃいけないんですね・・・。

★アキツさん
不思議ですよね、類友って。 昔つるんでたメタル仲間がどうも映画からでてきたような、どうもろくでもない奴ばっかりで、でもライブとか一緒に行くのが楽しいから、他に同趣味の友達がいないからしばらくつきあってました。でも、あっしの性格じゃないから、数年で遠のいてしばらく他のタイプの友達といました。 

そして、同居人です。 メタル兄ちゃんでしたが、責任感のある信頼できる奴です。 そしたら、周りにいる仲間もみんなそーんな奴ばっかりです。 ロックやりながら、倉庫、管理マネジャーとか、エンジニア、銀行マンやらそんな職についてる奴ばっかり。 やっと自分が心地いい居場所を見つけたってな感じです。

URL | すまいる #-

2006/04/01 21:29 * 編集 *

いいお話ですね

最近ヨガのとき、似たようなお話を聞いて。
教えのひとつに「盗まない」というのがあって、それは、物理的に盗難するというのではなく、自分の身の程を知り、他人の物、力をほしがるな、という話で。
それに身の程っていうのも、経済的なことだけでは計れませんし。それで幸福かどうか計る人っていうのも、短絡的だし。って、経済的に余裕のない者のひがみになるのかなあ。

URL | yuranoto #6DhLHxds

2006/04/02 06:19 * 編集 *

yuranotoさん

なるほど。あれこれ欲しいもんがあるあっしはまだ未熟もんです(笑)。でも、本当に欲しいものは物質でなくて、「心の安定」なんです。幸福ですね。 お金がいくらか解決してくれるけど、後は良いパートナーだったり、自分自身への自信だったり。 

URL | すまいる #-

2006/04/02 20:43 * 編集 *

ほふぅ~♪

つい最近、私自身に滅入るような事が1つ2つ起こって
なんとも言い難いイヤな気分になりました。
ベコ!って凹む程の大した事ではないので泣いたり騒いだりも無く
それがかえってすごく微妙・・・。。
それでもモヤモヤモヤモヤ~とした気持ち悪さだけが残って
なんで私が!どうして私に!などなどすごくひがみっぽくなっていました。

そんな時、こちらにお邪魔してほふぅ~と少しラクになりましたよ。(^^*)
このメルマガの言葉がストン!ストン!って腑に落ちてきました。アリガトー♪

URL | ちっち #yTEP.biM

2006/04/03 05:03 * 編集 *

ちっちさん

あっしは神仏の崇拝者でもないですが、お粗末にもしません。 何かことがうまくいかないと、試練だっと受け止めるようにしてます。 昔、「なんであっしだけが・・」と泣きたくなったこといっぱいありましたが、いいほうみれば、もっと不運な人より恵まれてたり、不運か運いいかはどうとらえるか・・なんですよね。 

URL | すまいる #-

2006/04/03 11:31 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/35-bb30a6eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。