すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

薬は不便であり、便利でもあり 

最近アメリカは何とやら・・というネタが立て続いたなぁ。 でもタイムリーだから、書くけど、最近文章がえらい長くなっちゃって、読みづらいかもしれないんで、口語を貫きまっせ。 (短くまとめようという気はないのか?)


昨日から同居人が熱を出して寝込んでいる。昨日は朝から二日酔いで気持ち悪いとか言っていたんで、てっきりその吐き気と頭痛か・・と本人も思っていたらしいが、二日酔いはただの引き金だったらしい。 どもうインフルエンザっぽい。 えらく熱を出して、寒気とで昨日晩からうんうんうなっていた。

夜に薬を買ってこようか?といったのだが、あまり薬好きでないし、最初はなんとか直るかも・・と思っていたようだが、どんどん具合が悪くなるので、あっしが朝、仕事へでかける前にスーパーの薬局へ走り、薬と食べやすいものを買ってきた。


買ってきた薬はインフルエンザ用の薬、2種類。 日本ではインフルエンザ用の薬なんてないから、「えぇぇ~?」と思う日本人がいるのだが、アメリカはインフルエンザも風邪の一種で、家で治しちゃうんだな。 あまりに発熱が続いたら、危ないのでもちろん医者にかかる。 しんどいけど、これらの薬が結構効くのだ。 あとは「こんなもんよ。」という慣れか。


薬のひとつはあっしのお気に入り(?)で、パウダー状のはちみつレモン味の薬を沸かしたお湯で溶かして飲む奴。 蒸気と薬が喉の痛み、頭痛、体の痛み、発熱に効く。 

もうひとつはカプセルにジェルが入ってる奴。 昼用の眠くなりにくいのと、夜用のおもいっきり睡眠薬が入ってるのと2ヴァージョンある。


アメリカに来て初めて風邪を引いたとき、手荷物が増えるから、薬なんぞ日本から持ってきてなかった。 そしてアメリカのドラッグストアでこれかな?というものを買って、試したときには驚いた。

1)すごいでかいジェルカプセルで、もう少しで喉につまらせて、死ぬとこだった(というのは大げさ)。

2)ものすごい睡眠薬で、飲んだら、勉強せなあかんのに、椅子に座りながら、海草のごとく上半身がブンブン揺れていた。

3)Sore Throat(喉の痛み)と、Congestion(鼻づまり)と両方に効くものがあるのに、Fever(発熱)とBody Ache(体の痛み)とSore Throatに効くのに、Congestionは別に効いたりするものがあり、あまりに効用の広さと分別の多さに、また眩暈がした。(Dizziness(眩暈)というのもあった。)


theraflu
お湯に溶かして飲む。アップルシナモン味を買ってみた。
アップルシナモンティーに薬が入ってるみたいな感じ。

dayquil
こいつがでかすぎジェルカプセル。あっしの指と比べてみたまえ。


こんなんだから、アメリカの薬は強すぎといって、日本からわーざわざ薬を取り寄せたりする日本人がいるんだが、そんなお金持ちじゃないので、あっしはあくまでもこの土地で、この土地の人が使うものを使っている。 

返って、このインフルエンザの薬、日本に持ち帰れるもんなら、一時帰国中にもって行きたいくらい便利だと思う。

3年前にたまたま、年末年始に里帰りしたことがあった。 それで、名古屋へ行ったときの新幹線車中かでばい菌をキャッチしてしまったらしく、神戸に帰ってきたら、いきなりインフルエンザになってしまった。

年末年始だから、医者も開いてない。 かろうじて薬局が開いていたが、「インフルエンザは病院にいって、注射してもらわないと・・・。」と薬剤師にサラッと言われる。

くぅ・・・アメリカにはインフルエンザ用の薬が市販されているのにぃ。 

仕方ないので、普通の風邪薬と栄養剤を母に買ってもらって、自宅療養したのであった。 困ったのが、あっしがなんとか治ったら、せまい部屋に一緒にいた母に移ってしまい、年齢もあり、えらいしんどい思いをさせてしまった。 


心に決めた。 こんどは日本に帰る時は、こっそりアメリカのインフルエンザ薬を持って返ろう。(税関でとめられるかな?) 

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« 忘れられない道端の面々・高速道路編
クレジットが人生の鍵 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

香港では日本の薬を数種売っている薬局があり、香港に来た当初はたまに買って飲んでたんですが市販の薬って全く効かない上にちょっと高いんです。

仕方ないのでいつもローカルの薬を服用してますがこちらも効き目が弱いようです。

唯一日本の薬で重宝するのは何と言っても大幸製薬の正露丸(他社のニセ露丸はダメですよ)とオロナイン軟膏ですね。
本当いつもお世話になってます。

URL | 香港太郎 #-

2006/03/25 03:10 * 編集 *

オーストラリアでは、本当に効く薬は医師の処方箋がないと買えません。
手軽に買える薬は気休めが多いです。
でも「Panadol」だけは重宝します。頭痛、熱、歯痛...とりあえず一通り何にでも効いて、副作用もほとんど無いです。

URL | 脳天気 #-

2006/03/25 13:46 * 編集 *

アメリカ人の神経が鈍感なことと体が大きいということで日本人からはクスリも強めに感じると聞きました。たしかに眠気のキツイものありますね。あまりキツイので文句いったら、(以前お話したように)オレンジを風邪薬にもらいました。

URL | Kiasu #-

2006/03/25 16:06 * 編集 *

薬難

★香港太郎さん
あっしは赤チン、キンカン、マキロンとかあればなァ~と思ったこと多々あります。正露丸ありますよぉ。でもあっしはあんまりおなか壊さないので、呑まないんですが。。

★脳天気さん
アメリカの市販薬はたぶん睡眠薬がやたら入ってるだけ・・・という気がするんですが、でも市販薬が結構きついからか、医者に行っても、「薬局の棚にある薬で十分よ。」と言って処方箋くれないときがあるのです。これは最初びっくりしました。 日本でも医者の薬が一番効く・・といわれてますからね。

★Kiasuさん
オレンジ、チキンスープ・・といえば、風邪のときに取る食べ物の定番ですね。 最初いくらビタミンだからとオレンジジュースがいいなんて・・・・とバカにしていたあっし、今や風邪ひけばオレンジジュース飲んでます。。 アメリカ人って神経鈍いんですか・・?舌は鈍いなと感じたことありますが。

URL | すまいる #-

2006/03/25 21:22 * 編集 *

PANADOL

バリ島にもあります。この薬の製薬会社、インドネシアではなかったのででしょうか、脳天気さん?
というわけで、バリ島の薬も強烈なものが多く、医師の処方箋が必要です。市販薬は当てになりません(PANADOL以外!?)。一番効くのは、その辺の道にある葉っぱから作る、わけの分からない自然薬系だと思われます。

URL | RYO #-

2006/03/28 03:11 * 編集 *

RYOさん

昔アロエとか家にあったのをやけどの治療に使ったりしましたが、そういう自然なものが一番いいんでしょうね。 日本にいたときは漢方薬なども飲んだりしましたが、久しぶりに日本に帰って風邪で飲んだとき、なんも変化がなかったので、あれも気休めでしょーか。

URL | すまいる #-

2006/03/28 19:16 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/29-504e0d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。