すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

なんで字だけやねん 

仕事の関係上、アメリカ商品の取り付け方を探すことがあります。 日本語に訳して日本に送るのだけど、ここでよく思うのは、アメリカの取り付け方(業界で取説)には、

写真とか図が少ない。

なんで?

取り説が商品にないこともたまにあり、そうなったら電話で請求するも、業者さんが

口頭で説明してくれる。

あの、あなたは商品のことよくご存知でしょうから、口頭でここをこうして、ああしてで分かるかと思うけど、物がよく分かってない新しいお客だったら、そんなんじゃ分かりにくいって。 しかも、私はまた第三者に訳して説明せなあかんのです。

同じようなことを家にいても思ったことがあった。

料理本やレシピサイト見てるときだった。

こっちの料理本やレシピサイトで写真がないことが多いのです。 あれはシアトル来たばっかりのころ、非常に不思議で、今でもよく理解できない。

写真で見て、「ううう、うまそう!」と思ってこそ、それを料理したいと思うんでないのか?

それは、グルメな日本人だからそう思うんか?

アメリカ人は見た目は個人の創造性に頼るのか? それとも結果オーライ?


たぶん、後者でないかと。



テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« 親子で合気道
これがうまいん? »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

その気持ち、すごくよくわかりますっ!!
取り扱い説明書読んでても料理本見てても、いっつも図や写真が無い事に不満たらたらの私です(^^;)
取説は不器用なアメリカ人には必須だと思うし、料理本には美味しそうな写真が必需品だと思うんですけどね。完成図が合った方が成功率があがると思うのに(笑)。
きっと結果オーライなんでしょうね(=w=)

URL | たま #-

2008/10/03 00:12 * 編集 *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2008/10/03 00:14 * 編集 *

たまさん

お忙しい中うちまで足を運んでいただいてありがとうございまする。 

なんででしょうねぇ。 百聞は一見にしかず」っていうし、読んで「うまいかもしれないから」作ってみようって思ったことないですが。 

URL | すまいる #-

2008/10/03 07:27 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/275-397948c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。