すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

日常の七不思議・その2 

うちのアパートの駐車場は、2台縦に駐車できるくらい長いのがある。 うちのユニットの駐車スペースもそのタイプ。 

もともと一部屋に1つしかスペースが取れないくらい狭い敷地だったから、むりやり長いスペース作って、2つ車がある家族には2台縦に止めなってことだとおもう。

これは非常に不便で、朝出勤が私より早い同居人が前の晩に先に帰って来て先に止めると、その後に止めた私の車が朝邪魔になって出られないので、動かさないといけない。 もし、右か左隣のスペースの人が早く朝車を出していたら、そのスペースを利用して出ることができるけど、隣人さんの出勤時間はどうも週によってまちまちらしい。

それが本題でなかった。(もう少しで脱線するところだった。)

そういうあまり住民用の駐車スペースも無理やり作ったような敷地なので、訪問者用のスペースがもちろんほとんどない。 3つしかない。 それで、うちの縦長駐車スペースにように不便さが嫌だと思っている住民がよく、その訪問者用のスペースを使ってしまったりするので、さらに余分スペースがないので、住民の家族や友人が訪ねてきても一時駐車するところがない。

で、夕方、私か同居人が先に帰って来て駐車しようとしたとき、もしくはしたあとに縦長の尾っぽのスペースが空いている状態だったりすると、そのどこかの家の友人か誰かが、一時的だからかとうちのスペースに止めてくれることが多々ある。

私らが止められなくてどこかほかにスペースを探さないといけないはめになる。 (勝手に止めてくれる奴が探せばいいのに・・って思う。)

不思議なのは、うちの両隣も同じ縦長のスペースなのに、真ん中のうちのスペースにその誰かさんが止めるんである。 それがしょっちゅう。

なんで、うちなの? お隣さんとこも空いてるのに。





テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« ゴハーン!
秋だ、祭りだ。 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/270-822b6692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。