すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ザ・アメリカン・リアルライフ・ドラマ 

金曜日はセント・パトリック・デーだったのだが、アイリッシュ(アイルランド人)でもないので、すっかり忘れておった。 アパートを見に行って、その後にバーにご飯を食べにいってから、レプリカーン(アイルランドの小人)とクローバーの飾りつけを見てから気がついた。

セント・パトリック・デーには、緑の服を着たりするらしいが、なにを一体祝うのかはよく知らない。 興味本位で以前誰かに聞いてみたことがあったが、今は覚えていない。 


そのバーで、友人カップルと待ち合わせることになった。 同居人の同僚のメキシコ系アメリカ人のLくんとフィアンセの彼女Tさんだ。 この二人は共通の友人のパーティや、バーで呑みに行くときなどで、しょっちゅう顔を合わせているのだが・・・とにかく、よーしゃべる。

声もでかいが、スラングとカース言葉(curse=お下品な言葉ね)を連発しまくり、機関銃のように二人ともしゃべるんで、ただでさえ、人の話をカットしてまで、コメントするのが苦手なあっしは、うんうんとうなづいて、ただただ聞いている。 いつもは話し手の同居人でさえ、ニヤニヤ笑っているほうが多くなっている。

話しってのが、20代後半のLくんと14歳年上のお母さんみたいなTさん(実際3人の子持ち)の実生活やらなんだが、Tさんの上は20代の子供のことから、彼女の16年来の友達の話しだったり。。

「あのねっ、あたしの真ん中の息子がねっ、学校もちゃんと卒業しないで、定職にもつかずブラブラしてて、そんななのに、最近じゃ子持ちで年上の彼女ができて、ひもなのよっ。 そんでもって、うちにたまに来ては勝手にご飯食べていって、PC使っていって、さっさとどっかへ行くのに、また彼女とやってきて、Lの車の鍵よこせっていうのよっ。 冗談じゃないぞって、Lとアパートの外で大喧嘩よ。 あの子ちびのくせに、でかいLに勝てっこないくせに、喧嘩ふっかけて・・。」

「そうそう、俺があいつをぶっ殺す前に、警察よべーって叫んだよ。腕ねじって、後ろでぐりぐり・・。」

「上の息子はね、そんな真ん中を甘やかしたあたしが悪いっていうのよっ。そりゃね、何々したいって言えば、そのようにさせて、あたしも悪いかもしれないけど、父親と別れたのはあたしが悪いって真ん中が思っているのは、もう成長してるのに、解ったっていいじゃない?」

こういうことをそんなに近い友達でもないんだが、聞いていいのか・・と冷や汗たらたらしながら聞いていたが、こっちが聞きもしないのに、本人がぺらぺらしゃべるんだから、いいんだろう・・。 しかし、まるで日本でいう昼メロ、アメリカでいうソープオペラのようである。本人達が別に悩んでる様子もないので、こっちは笑いながら聞いている。

なんかお宅の日常って、ジェリー・スプリンガー・ショーのようですな・・・。

ジェリー・スプリンガーというホストが全国ネットでやっている番組だが、以前もここのブログで話ししたことがあるが、醜い男女関係の一般ゲストを呼んで来て、カメラと観客の前で、まじ喧嘩したりするという、よそのごたごたをやんやと喝采しながら見たい人の番組なのだ。


そのLくんとTさんとこでは、そんなドラマみたいなのが、日常繰り返されているらしい。 息子のことだけでなくて、Lくんとの関係に口をいちいち挟んでくる女友達が最近豊胸手術(Breast Implant)したが、それはImplant(シリコンうめこむほう)でなくて、Enhancement(強調治療?)なのだと主張されたが、他にも直すところがあるんでないのか?とか・・・、まあ、話はつきない。 (話の持っていき方がまたおもしろいんだわ。)

他にもいろいろ話ししてくれたんだが、あまりの話題の多さに細かいところは忘れてしまった。(いちいち覚えてられんって。) さらっと流してしまうくらい、あっしがまず、経験しなさそうなことだ。


まぁ、話題の多いカップルだが、来月末にはゴールインして、晴れて夫婦となる。 あっしらも結婚式に招待されている。 これからもおもろいリアルライフ・ドラマを聞かせて欲しいもんだ。 

お幸せにっと。 




テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« 一年に1,2度
見た目判断の限度 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

まとめさせて

いただくと、『リアル・ライフ』ってやつですかね!? (タイトルにあわせてカタカナ英語です。)

URL | RYO #-

2006/03/19 23:34 * 編集 *

アメリカンってプライベートなことも平気で話す人けっこういますね。ときどき聞いていて耳をふさぎたくなるときがあります。シンガポール人は声が大きいので耳をふさぎたくなります。えてして外人はやかましいということなんでしょうか?

URL | Kiasu #-

2006/03/20 08:21 * 編集 *

ジェリー・スプリンガー・ショーがオーストラリアでうけるのは、オーストラリアではそこまですごい修羅場は、日常そう見られるものではないからだと思います。
アメリカに比べると、こちらはまだ少しおとなしいかもしれません。

URL | 脳天気 #-

2006/03/20 11:28 * 編集 *

また間違えた

★RYOさん
・・コメントでタイトルを打ち間違えていたことに気がつきました。。巻末でちゃんと打ってるのに。 そのライフタイムじゃなくて、リアルライフでした。 

★Kiasuさん
中国人も声がでかいなぁと思いましたが、アメリカ人もかなりなもんです。どっからでるんだろう・・。言語の問題ですかね? たのむからカースしないでくれといいたいです。

★脳天気さん
そーですか、、オーストラリア人はおとなしいですか。 こっちは、実際毎日のニュース見ても、なんか醜い関係が結構あるんだなぁと思いますね。だからあながちあのショーもやらせじゃないのかもしれないです。 しかし、暴露したくないですね。

URL | すまいる #-

2006/03/20 19:35 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/24-864ad06c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。