すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

お土産の選択基準 

2つ前の記事が同じタイトルになっておりやした。今気がついた。ほんとはこちらの記事のタイトルのはずだったのに・・。ということで、本来の内容です。


日本から、うちの会社のお客様がいらっしゃった。いつも来られる方で、もう何度も顔を合わせている。 年に2,3回は来られるから、逆に気を使わなくてもいいのに、いつも土地の食べ物をお土産に持ってきてくださる。 この辺、お土産習慣は日本人だなぁ、とありがたくお土産をいただく。

今回もお住まい地域の名産お菓子。 一時期はラーメンなどもあったのだが、最後3回くらいはこのお菓子が定番になってきた。 たぶん、あっしと同僚♀も女性だし、マネジャーは♂だが、甘いものが好きらしく、これが一番受けが良く買いやすい・・・とご自分でそう感じられたのかもしれない。


日本のお土産習慣というのは、社交辞令みたいなもんだ。 選ぶ側としたら、結構面倒で時間を消費するものだから、なるべくお金や手間をかけず・・とついつい無難なものになると思う。 それは、送る限りは相手が適当に快く受けてもらえるものでないと、買った意味もないし、取引先で相手がお客さんだったら、印象も関係するだろう。


そういう無難なお土産を買ってくださる方もいれば、どうみても買った本人が「自分が好きだから・・。」という基準でお土産を選ばれる方もいる。 ま、それはそれで、その食べ物なんかが、「おいしくて感動した!」からシェアしようと買ってくださったのだと、一応ありがたく受け取るのだが、何回も「あっしはこの程度でも辛いものが食べられない。」と一緒に食事して、その人は知っているのに、唐辛子の入ったピリ辛XXXというものをいただくと、やっぱり、「自分が好きだから」買ったとしか思えなかったりする。(かなりの辛いもの好きな人)

もらっておいて、文句だけ言ってるつもりでないが、なかなか食べられなければ、つい食べ物に関心が遠のき、「お土産を買うときの判断基準」ってなんだろうなと考えるのだ。


お土産から飛躍しちまうが、昔の友人で、会う人会う人の服装を見て「それいいね!」と言う人がいた。

その彼女の「いいね!」がいったい、その服が当人に似合っているから「いい」と言っているのか、それとも自分の好みだからいいと思うから、「いい」と思っているのか解らなかった。

彼女はあっしより筋金入りのメタル女だった。服装はいっつも黒が多く、皮のライダーズジャケットに超ミニパンツかスカートに黒のストッキングに黒いアイライナーで、どう見てもメタルヘッドだった。

その彼女が、いかにも春らしい明るい服を着ている人に対して、「その服いいね!」と言ったり、かなりヒラヒラのビクトリアンみたいなブラウスを着てたりすると、それも「いいね!」と言う。


彼女を今ふと思い出して、あまり自分自身にこれといったポリシーがなく、意見がふらふらするよりかは、一環していつも同じお菓子を持ってきてくださるお客様や自分の好きなピリ辛食い物を買ってきてくれる会社の人のほうがいいか・・・と、納得するのだった。



△page top

« シュガーの切れ目
万国共通ネタ・女性の見解 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

すまいるさんのように考えてくださる方がいると、お土産も楽です。
オーストラリアって、たいしたものが無いから、みんなで分けられる食べ物だと毎回「マカデミアナッツチョコ」になってしまいます。一貫したポリシーというより、ただチョイスが無いんですが。

URL | 脳天気 #-

2006/03/18 03:18 * 編集 *

土産といえば、日本人とウチの家内ほどお金と時間をかける人間はいないのではないでしょうか? 以前、海外旅行から帰ってきたフィリピン人よりいただいたお土産は手のひらサイズのピーナッツの袋といかにも6pcsのうちの一つでしかないマンゴプリンでした。因みに白人からお土産なんてもらったことがないのですが・・・・・・。

URL | Kiasu #-

2006/03/18 03:41 * 編集 *

土産は気楽に

★脳天気さん
んー、ないですか?オーストラリアにこれっていうもの。コアラのぬいぐるみ以前買いましたが、そんなのお土産にしにくいか・・。 お肉やビールが持って帰れるんだったらいいですよねー。

★Kiasuさん
シンガポール人のお土産習慣は日本人に近いんでしょうか。 白人はどちらかというと写真見せてくれますね。あと土産話。なんかそっちのほうが気を使わせることも使うこともないし、話とか写真のほうがいいなぁ。

URL | すまいる #-

2006/03/18 15:41 * 編集 *

基準は

あってないようなものだと理解しておけばいいのでしょう!? 僕は、もらうのも面倒であげるのも面倒です……。

ちなみに、インドネシア人って、かなりの確率でお土産文化を実践しています。で、その基準はいわゆる土地のものでマジョリティー受けする安全なものが多いです。しかも、安くてもOK! ポイントは、忘れずに何かをあげるというお付き合いの感覚です。

URL | RYO #-

2006/03/19 23:08 * 編集 *

無難なものでも、こだわりのものでもいいと思うんですが、金額や見かけの立派さにこだわる贈答習慣はあまり好きじゃないです。

私がもらって嬉しいものは「お手製のパン」とか「自家製ジャム」とかかな。

URL | ビアンカ #JeDKLqWY

2006/03/20 04:01 * 編集 *

基準かぁ

★RYOさん
昔からあっしはけっこうお土産にお金をかけない奴なんですが(どっちかというとなんであげないとあかんねん?態度)、そのために、お土産が中途半端になって何度もはずかしい思いをしたことありますね。 安くてもあげることが大事と思ってもらえるなら、それはやりやすいですね、ある意味。

★ビアンカさん
私もそーです!お土産でも土地の名物漬物パック、フルーツジャムなんかいーですけど、高いかもしれないから、んー、写真見せてもらうほうがいいっかな。 帰ってやめて欲しいのがその土地の名前が入ったキャラクターグッズ・・・(特にキーホルダー・・や携帯ストラップ)。

URL | すまいる #-

2006/03/20 19:25 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/21-984379a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。