すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ウェディングはコミカルに・衣装手直しの巻 

最近、だるい。 道場に行くのもけったるくなるくらいだるいです。 で、昨日道場行くのをさぼった。(知ってる人なら『え~ッ?!』という声が上がりそう。)


って、いっても昨日はドレスのサイズ直し、手直しをしてもらっていた女性のところへドレスを取りに行ったので、そのまま道場へ行っていては遅れてしまうのは避けられなかった。

・・・・という口実でお休み。


そのドレスのサイズ直しだが、前記事のドレスの巻で書いたかもしれないが、私のサイズはアメリカサイズで”0(ゼロ)”であった。(日本なら、6か7とかだったような・・・)

だから、手直しっていうほどの余裕はない。 だけど、さすが手足のながい欧米人用に作ってある。 ドレスのすそが微妙に長い。 でも、

ドレスって引きずるもんじゃないんですか?

陳腐な質問? そのドレスは腰からまっすぐすとんと下に落ちて、テール(尻尾)があるタイプのドレス。 前が床すれすれがいいとしても、後ろはどうせ引きずるんである。

手直しがいるの?と思ったんだが、面倒くさい、金かかるの嫌だ・・というロマンチックもかけらもない私の文句に同居人ママとお姉ちゃんは口そろえて言う。

「直してもらいなさい。ウェディングドレスは、花嫁の体系にぴったりくるものよ。」

あー、やれやれ。またやることが・・・と罰当たりなことを考えながら、ドレスを購入した店に紹介された仕立て直しを内職されている女性のところへもっていった。

あのー、あんまり直すところないんですが・・。

ほんと、すそを4、5センチつめて、ストラップを少し短くしてってなくらい。 ただ、すそに部分レースが縦に入ってて、周りにビーズがついていたので、面倒なすそ直しになりそうなことくらいだろうか。

あんまり大した仕立て直しでもないからか、女性がテールを引きずらないように、また手でいつも持ってなくてもいいように、お尻の下辺りで引っ掛けられるようにうまくカムフラージュしたフックを付けてみる?と提案してくれた。

お安い仕立て直しになりそうだったので、お願いすることにした。

それが昨日できあがったので、取りに行って試着してみたのだ。人のよさそうなその女性はいろんな花嫁のドレスを仕立て直しという仕事をして、楽しそうである。 自分のことのように、うれしそうな顔をしている。

仕立て作業をしている小さな部屋には今まで仕立て直しをしたお客さんからと思われる写真がボードに貼ってあった。

あまりににこやかなその女性の顔と気軽な会話でつい言ってみた。

「式で写真を撮ったら、送りますよ。」

喜んで住所を教えてくれた。

いい写真が撮れるといいんだけど。


あ、仕立て直し代は、破格のお値段でした。。。(ありがたや・・)


△page top

« ウェディングはコミカルに・馬子にも衣装の巻
暑中お見舞い申し上げます »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

そのお仕事も、人の幸せをお手伝いするものですよね。いいですよね、そういう形!!

URL | RYO #-

2007/08/22 20:10 * 編集 *

RYOさん

つい私はビジネス的に考えてしまうんですが、いつもよいお仕事をしていれば、人の幸せを分けてもらっていいお仕事だけど、人が気に入らなかったら・・・。ああ、なんて後ろ向きな私なんでしょう。 私はちょうどきれいにやってもらったからよかったです。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/08/23 07:27 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/204-8859dfd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。