すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ウェディングはコミカルに・招待状とレジストリの巻 

まともに更新してるじゃないか!と思った人に。 家では相変わらず時間がないのだけど、仕事場で時間ができたのでお昼にこっそりと打ってたりするのであります。(おい)


どれから書こうかと思ったくらい、この準備に必要な事柄がある。特に私のようにケチりたい人間には、リサーチという作業も時間を要した。ネットや店に出向いて、商品や価格のチェック。 

これって、お金がたんとあってもやってただろうな、私。


でも以外とこれって誰でも遣ってることだと思う。 気がついたのが、人によってお金かけるところ、節約するところが違うということ。

私の場合、親の希望もあってドレスと食べ物には一番お金を使うことにしたが、そのほかはできるだけ、自分が動いて節約できるところは節約する。

そのひとつに、招待状。 

印刷屋などに行って、きれいなカードに美しい文字と言葉で招待状を100枚ほど作ることも可能だったが、そんな美しいという言葉に無縁な私たちにはもったいない。 このカードと印刷料金だって100枚で平均$200前後である。

こちらの大型倉庫型スーパー、コスコが安いと聞いていってみたが、一番安くて、100枚$80くらいである。

もったいない。関西人魂が燃える。


招待したい人が場所と時間がわかればいい。 そんな高価で綺麗な招待状送ったら、私たちを知っている人は笑い飛ばすだろう。

なので、自分がネットやMSオフィスについてくるテンプレートを使って、内容を作り、英語の部分は同居人に添削してもらった。 テンプレートそのままは無理なので、ついてきた花とリボンのグラフィックは外し、ネットで探してきたカジュアルな画像を貼り付けた。

カードはオフィス文房具を売っている店でシンプルな模様つきのご家庭でプリントできるカード100枚入りを購入。 そして、家でプリントすることにした・・。 

が、どうもカードの表面がつるつるすぎるのか、家のインクジェットプリンターではうまく印刷されない。 

同居人のママがレーザープリンターを持っているので、週末印刷をお願いすることにした。 もし、まだうまく行かないようであれば、キンコースでも行こう。

このキンコース代がいくらかわからないが、もし不要だったら、カード代金のみで締めて、

$25ほどやっすぅ。


この招待状に付随して、同封したほうがいいと言われたのが、

ギフト・レジストリー

これってまだ日本にはない習慣かな? このシステムを導入している店(大概チェーン店)で、新郎新婦がほしいものを店内、もしくはオンラインで探し、両方の名前で商品登録する。

招待状にどこそこの店で登録しましたと、ゲストに連絡したら、ゲストは式の前までに店に設置してあるコンピューターで新郎新婦の名前から商品を検索し、店内またはオンラインで購入する。

というもの。 これで新郎新婦はほしくないものをもらう必要がなくなる。 別のこのレジストリーを利用しなくてもいい、だが誕生日プレゼントでも「これもらってもねぇ・・。」と思ったことが多々ある人が大半だと思う。 

これによって、もらうほうもあげるほうも、悩まなくてもいいのだ。

ひとつこれを先日からやっていてきがついたのだが、以前友人の結婚式のために、あげる側として、店に出向き、えらく結婚とはお門違いの商品を選んでいるな、と感じたことがあった。 またえらく、しょうもないものまでえらんでいたりして、「なんでこんなものほしいんだ?」と思ったこともあった。

今回自分がもらう側として登録していてようやく思ったのは、買ってくれる人の気持ちとしては、その人の経済状況や友人の程度はまちまちなので、高いものから超安いものまで選んでおいたほうがいい。

「えらくしょうもない」もリストに入れておいたほうがいいのである。

なーるほどねぇ、、と自分で気がついて納得していた。


しかし、どっかのコメディアンの漫談でもあったが、これをもらってもサプライズ・ギフトでないのがちょっとおもしろくない。 

「わあ、これ買ってくれてありがとう!」

と数百ドルする鍋とか持ってお礼状書くのもしらじらしい・・・っつか。 ここでその漫談だと、「お前が選んだんやんけぇ!」というつっこみが入る。

続く・・

△page top

« 合気道バカの条件
ウェディングはコミカルに・ドレスの巻 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

シンガポールでいただいた招待状、ものすげー陳腐なものばかり。かなり前から予約をいれてお金をかけている披露宴なのに、それに反比例するぐらい安っぽい招待状を見るたびに欠席したろかっと思うKiasuです。

URL | kiasu #-

2007/06/27 20:14 * 編集 *

ああ、わかるう・・・・・金出してイメージとあわないカード作りたくないですよねえ。てか結婚式のカードってなんであんなにろまんちっくう~♪なのしかないんかしら・・・・
結婚祝い品選びの失敗談としては・・・・高い中華鍋贈ったら、ほぼ同じものをすでに持ってたってのがありマス。二度と中華鍋なんか買うか。と思いました。

URL | きだまうみ #X0ZrUaTA

2007/06/28 00:31 * 編集 *

Mrsスクルージ

★Kiasuさん
では、Kiasuさんの意見も取り入れて、その安い招待状に花びらでも入れてみようかな。

★きだまうみさん
こっちのTVのCMで、結婚したての夫婦がギフトを開封していたら、次から次へのトースターがでてきた・・というネタがありました。 まさに、それがありうるわけですよね。 だから、ある意味そのレジストリーって夢がないけど、合理的ではあるわけですね。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/06/28 11:05 * 編集 *

バリ島の招待状、凝ったものは押花などがあったり、自然なものを使ったものが多いです。その一方、シンプルなものでもカードにいい匂いをつけたりするのは主流ですね。
まぁ、バリ島の人は分かりやすいです。余裕があれば目茶豪華、そうでなければ目茶質素。正直者で見栄を張れない。
シンプルな紙の招待状を安く印刷して、コーラなどの小さめのボトルに入れてリボンをつける、てのはいかがですか? えっと、駄目ですよね、失礼しました!!

URL | RYO #-

2007/06/29 01:33 * 編集 *

RYOさん

そのコーラボトルを海に流して、送ったといいはる。式のあとに実は届いたりして。招かざる客のときはいいですね(そんな人はいないと信じたい)

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/06/29 11:19 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/191-7cac98ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。