すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

カーマ信じます? 

そういえば、思い出した。 4月24日で、

在米14年記念っっ

でした。 それだけ。

もう、15年目だわ~。 ああ、時が経つのは早い。 子供が生まれて高校生になるだけの月日が経ったのだ。 おお、怖っ。


さて、今日はそんな話しでない。(一応、関係ない前置きがね、欲しいンです。)

アメリカのお騒がせ元プレイメイトのA.N.スミスが突然死したとき、こうささやかれた。

「Bad Karmaだ。」

日本語でぴったしくるのって、因果応報? カーマってもう日本語にもなってるかと思うけど、散々人に悪いことしてきた彼女だから、若くして突然死ぬのも巡りめぐって受けた罰だと、言う人がいる。

その中に私達がいる。

超がつくくらい無宗教の同居人と私だが、こういう因果応報とか人にいいことをすればめぐりめぐって自分にいいことが返って来るっていうのを否定はしない、どちらかというと信じている。 

昔からそういうことはいろんな人に言われてきたことだが、日本にいたころはそんなのなかなか実行はできなかった。 特に街角であった知らない人には親切にできるだけの勇気がなかった。

なぜ、勇気ってものがいるのかな? と、今思えば不思議だけども、日本って社会は周りの人がやらないのに、自分だけがぬきんでて違うことをやるのは、悪いことでもいいことでも避けたがる。 

悪いことして恨みも、いいことしての妬みも人から受けることがある。

この経験や感情がアメリカに来てずいぶんと減った。 ねたみ、恨みが日本にいたころより少なくなったと思う。

イージー・ゴーイング(お気楽)な性質の人が多いのか、人のことは人のこと。 自分は自分。 よく勘違いされがちなアメリカ人の個人主義はそういうものじゃないかな。


同居人も喜怒哀楽が激しい奴ではあるが(まじ)、こやつほど表裏がないのもいないのでないかというくらい、いつでも誰にでもしゃべり方や態度は同じである。 だから、人に警戒心を持たれることがほとんどないのだが、人との接し方もかなりさっぱりしたもんである。


ちょっと簡単にさっぱりしてる?例をあげると(本題とちょっとはなれるよ、おい。)、先日いつものいきつけバーにまた行った時のこと。 

同居人のバンドのメンバーやら、いつもの音楽、飲み仲間が集まっていた。 その仲間♀が新しい友達(ルームメイト)というアジア系の女の子を連れてきた。 

小柄な(アメリカ人と比べたら)かわいらしい子である。 

ぜったい、同居人のバンドのJがひっかけるぞ、と内心思いながら、ちろちろ彼のほうを見ていた、私。(趣味わるい?)

帰宅してから、同居人に話してみたら、やっぱり、同居人もJに「彼女にアタックしろ!」とそそのかしたらしい。「もちろん!」とJはノリノリで彼女に話しかけるが、第一印象はおとなしく、物腰柔らかなJの話しかけに、彼女はまったくの無関心。

いっておくが、Jはどちらかというと、見た目(強調)は、美少年タイプである(うはははは)が中身はコメディアンか道化師である。今までいろんな女の子が興味を示したくらい「見てくれ」はいいほうだ。

なのに、彼女はからっきしJに興味がないかのように、返事は最低限しかしなかったらしいのである。

ところが、Jとはまったく違うアプローチの同居人は、始めて会う彼女が私達の輪に加わったかと思うとおもむろに、

「お前は誰だぁ?」

傍目からみたらかなり失礼な声のかけ方だが、これが同居人の性格である。 このかなりラフな話しかけに彼女はおだやかに、一言以上で応えたらしい。


私が思うに、普通いつも男に興味がある女の子ならまだしも、ちょっとシャイな女の子なら、Jのようにやわらかく最初から接近されると、下心があるんでないか?と思うんでないだろうか。本人の名誉のために言っておくが、Jはそういう奴じゃない(と思う)。

返って、同居人のように一見(一聞?)きつそうな話かけられ方されて、さらっと終わるほうが人は返って、とっ付き合いやすいときがあるんでないだろうか?


えらく話がそれたが、そんな同居人は道端で身障者の人が困っていても物怖じせずに助ける。

シアトルダウンタウンで日本文化の祭典?「桜祭り」があったので行ってきた。 会場に向かっていると、車椅子の男性が目の前を通りすぎようとしていた。 彼が段差のあるところを通ってガタンと前輪が段を通った拍子に足を置く金属の板が外れてしまった。 

足だけでなく、どうも手も言葉も不自由らしい。 なかなかもとにもどせないでうんうんうなっている彼に同居人がすかさず、「ヘルプいる?」と近づいた。

つたない言葉だったので、その彼がいったいどうしてほしいのかぜんぜん最初わからなかったのだが、私も一緒に考えてなんとか納得してもらえるように直してあげた。 

「アンュー(サンキュー)」

ちょっとよだれを垂らしながら、ニカッと笑って車椅子の彼は去っていった。


物怖じせずに人に接する同居人に釣られて私もずいぶん社交的になったが、それで同じように人を助けて挙げられるようにもなった。 同居人だけでない、人を自然に助ける行動は、他のアメリカ人からも学んだ。 
祖母や母に似てか、日本にいるときから一応人の喜ぶことをするのが好きな私ではあったが、これで物怖じしない心が備わって、きっとカーマも良いに違いない・・・と信じている。


オーバーオールに人生見てみれば、いいんじゃないかなって思う。

(どーも、こういうトピックにすると、内容と落ちがもひとつ・・ていうかね。)



今週はいつもよりもっと合気道三昧になるので、更新は滞るかと思いまする。 ということで、長いの書いちゃいました。 ほな。

△page top

« 合気道でまた母国の文化を思う
見かけは大事 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

それはやはり、

自然体ってヤツではないでしょうか、同居人様。
それができるっていうのは、実はとても凄いことだと僕は思います。いい意味で、あらゆるしがらみから自由でもあり、本当の自分を知っている!!

URL | RYO #-

2007/05/07 18:55 * 編集 *

早いですね~

あっという間に月日って経つのですね。
14年かあ、、
私は色々な国を転々としていて、そこまで
腰をすえたことはまだなく
でも今色々考えています。。

↓の合気道、よいかんじですよ~。
皆さん 気に入ったのではないでしょうか :)

URL | go2rumania #-

2007/05/08 01:09 * 編集 *

早いっすよ

★RYOさん
よく言えば表裏ない。悪く言えば思ったことずばずばいいすぎ。かっこつけることなく、自然体・・ですね。 私もずばずばいいますが、ええ格好しぃです。

★go2rumaniaさん
私はどーっぷり一箇所に腰をすえてしまうタイプなんですが、旅行やつねに場所を変えるのが好きな人って、どこでも住んでいけるだけの順応力があるように思います。 いつかでもどこかへ落ちつくんでしょう、きっと。 看板についてお褒めいただいてありがとうございます。 先生は大喜びでした。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/05/08 11:07 * 編集 *

同居人様、アメリカンですね~。同居人のような裏表のないアメリカン、一歩間違えると古い日本人には受け入れられなかったりするけど、個人的にはそういうアメリカンの方が好きですね。

そういえば、日本語や日本文化を専攻している(いた)アメリカ人の日本人に対する接し方って気持ち悪くありません?

URL | kiasu #-

2007/05/08 17:37 * 編集 *

kiasuさん

日本文化に興味あるアメリカ人の中味もオタクっぽいのがいますね。(ってことですよね?) 過去にそういう人にも会ったことあります。 「近づくな」オーラを発してましたが、勘違いしてるんですよね、どうも。

幸い、現在私の周りにはそういう人はいないので助かってます(?)

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/05/09 10:59 * 編集 *

順応性・・&Link

*順応性、、は確かにあるかもしれませんが
以前お仕事でも「ひとつの仕事を10年くらいやって
ようやく語れるようになるもの」とさとされました。
10年かあ、、桃栗三年、でまだ3年でのスパンしか
仕事も人生(定住地)も考えられないのかもしれません・・・;

遅ればせながらBlogPeopleにリンクさせていただきました。
【 世界の国々から 】でUSシアトル、で♪
不都合などあればおっしゃってくださいね!

★アメリカの不便/便利度ってものすごく差があるように
思います。もちろんルーマニアもですが、
ルーマニアの貧富の差くらい、USは田舎と都会の
差があるのかなあ、と。
ルーマニアってほんと不便で、いやなところはいっぱい
なのですが、いわゆる「先進国」にない良いところを
つきつめると、けっこう不便であったり、汚されていない
素朴さだったり・・考えさせられることが多いです。
アメリカにいるルーマニア人も多いのですが(革命前に
かなり亡命しています・)また彼らは違う考えなど
持っているようですが、、

URL | go2rumania #-

2007/05/11 20:24 * 編集 *

すまいるさん、
本当にオタッキーなアメリカンいますね(笑)。私の元友人のアメリカ人、いわゆるオッサンギャグを連発してました。私の実家に遊びに来て、母親の手料理をたいらげた後に一言、「うまかった、うしまけた。」この一言で友達やめました。

URL | kiasu #-

2007/05/13 17:04 * 編集 *

15年目ですか・・・・私も気づけば中国6年目、周りに比べると長いほうなんですがまだまだですね~。でも別の国にも住んでみたいな~とお気楽に思うこともあるこのごろ。根無し草と呼んで下さい・・・・・

URL | きだまうみ #X0ZrUaTA

2007/05/13 17:22 * 編集 *

ぼーちぼち復活

★go2rumaniaさん
リンクありがとうございますぅ。世界に広げよう友達の輪! いいですねぇ。 なんだか居心地よくて、もう14年も経ってしまいました・・。

★Kiasuさん
それはかなりなオッサンギャグですな。後ろにかなり引いてしまうかも。 でもある意味貴重ですぞ。

★きだまうみさん
私は根あり草でしょうか。どうも、どしっと腰を落ち着けてしまうタイプのようです。 その割にはアパートはころころ変わってますけど。 

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/05/15 15:18 * 編集 *

大変ご無沙汰してました。
そういう裏表の無さって、オーストラリア人にも言えることです。全然照れずに人に親切にするって、日本人にはなかなかできないことだと思います。日本人はどうしても「親切にすると偽善者だと思われるかも」とか「何か下心があると思われるかも」とか「後でもっと何かやっかいなことに巻き込まれるかも」とか、その他いくつものことを考えてしまってなかなか他人に親切にすることができません。
オーストラリア人はそういうことを何も考えずに行動します。これは宗教(キリスト教)からきているのでしょうか?

URL | 脳天気 #lA3BLie6

2007/05/27 02:02 * 編集 *

脳天気さん

こちらこそご無沙汰です。
日本人は気を回しすぎるんでしょうか。しなさすぎの人もいますけど、それはそれで回しすぎの人から煙たがられる。 

何事も自然に、ねたまず、気負いせず生きれたらいいですね。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/05/27 22:21 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/185-fc22024c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。