すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

うそつきは頭いい 

いい加減、美容院に行きたいが、やりたい髪型がない、アジア系の髪の毛に慣れてるうまい美容師が見つからない、お金がないとか言い訳しているが、結局は行くのが面倒くさい、すまいるです。


さて、久々にチビのネタ。 あんまり、良い状況じゃないので、ネタにするかどうかちょっと迷ったけど、自分の立場についての考えも書いてみようかと思うので、全部書いちゃおう。


事の発端は先週のこと、同居人の息子チビの母親(同居人の元妻)が泣きながら同居人に電話してきた。 チビが学校で悪さをして、それがだんだん彼女の手に負えなくなってきたというのだ。

なんの悪さかと思えば、学校でのお行儀が悪く、先生ににこちゃんマークじゃなくて困ったチャンマークを立て続けにもらったのに、母親に見せずにうそをついて、また、そのお行儀カードを母親に見せたと先生にうそをつき、さらに、そのことをお行儀カードについて聞いた母親にもらってないとかなんとか、うそをつきまくったというもの。

学校の成績はすこぶるよく、日頃から頭が良い子なのだが、どうも学校で勉強が簡単すぎて、つまらないのか、他の子どもにちゃちゃを入れてじゃまをしたとかで、その困ったチャンマークをもらったらしいのだが、問題は先生にも母親にもうそをつきまくったということ。

叱られるのをさけるために、巧みにうそをつきまくったのは、チビにしたら、頭の良い行動かもしれないが、やはり7歳。 大人にうそをつくことは、さらにチビを悪い方向へ持っていっているということが解るほどはまだ頭が良くなかった。

いつもは、ちょっとあまやかし気味の母親だが、さすがにそのことが発覚してからは、TV禁止、おもちゃ禁止、TVゲーム禁止、おやつ禁止、しかも就寝時間1時間繰上げ、という厳しいお達しがでてしまった。

うちに週末だけくるチビだが、同居人は元妻より、父親らしくしつけに厳しいので、うちでも同じように、すべてが禁止。


あたしゃ、それを聞いて、

困ったもんだね。 頭がいいっていうのも、そんな子どもを持つ大人は大変だわ。 

なんて、思った。同時に、同居人の子どもに対して、どう対応しようか考えた。 両親がそれなりに厳しく対処しようとしているのに、私だけいつもと同じような行動を取るわけにはいかなし、かといって、親でもないのに、同じように口うるさいのもどうだろう・・と。


ストレスたまりそうだったので、土曜日の朝、2時間ほど自分ひとりで、必要なものの買い物をウィンドウショッピングがてらに出かけてしまった。

答えはでないが、家に帰ってきて、とりあえず、いつものように、なるべく必要以上の口を出さずに、同居人の親としてのしつけを見守っていた。 

しかし、チビは母親と父親の同居人と両方にながーいお説教(というより、アメリカ人の場合、お話)をくらったのにも関わらず、それが終わったら数分後には、ケロッとしている。

同居人には、「デザートないの?」とか、「お父さんがXボックスやってるの見てていい?」とかぜんぜん懲りてないように、私には見える。

私が子どものころ、親に叱られたら、半日くらいは母も怒っていて、私も何時間も落ち込んでたっけ。 まともに、喜々として親に話しかけられなかった。

だのに、チビといえば、いっつも叱られても、数分後にはもうケロッと叱られた内容を忘れたかのように、欲しいものを要求する。 私はまじで、

こいつ大丈夫か? なんかの症候群?

とか、思ったものだ。

そこで、私も、同居人に合わせて、いけないことをしたということをわからせ、周囲の大人をがっかりさせたことを教えるために、チビが同居人に要求して通らなかったことを、私に耳打ちしようとしても、

「何すんの? 私はコントロールできるポジションにいないよ!お父さんに聞きなさい!」

と耳打ちを拒否した。 すると、チビはジダンダ踏んでいた。 その行動をあとで同居人が説明してくれた。

「母親が以前一緒に住んでいた彼氏に良く、チビは、母親が要求を拒否すると、その母親の彼氏に言って、その彼氏が母親にチビの要求が通るように仕向けるという技を奴は使うんだ。頭がいいけど、彼女の彼氏がチビの立場を守るんで、彼女は母親の仕事ができなくて、彼を捨てたんだよ。」

へぇぇぇぇ~。 じゃあ、私は自分の立場的にどうしようか悩んだあげく、チビの将来を思って、あまやかしてはいけないと、やってはいけないこと、やらなきゃいけないことをたまに注意し、同居人と同じ立場を保ったことはよかったんだ・・・・。

たまに、同居人の注意の仕方がまずいと思えば、こっそり、ちょっとそれはいい言い方じゃないよ、と言ったことはあったけど、親がすることを別の大人が取り消すようなことを言っては子供がつけあがる?原因になるんだ。


今日、チビが母親の元へ帰るとき、私は大きな声で言った。

お母さんを泣かせないようにね!いい子でいるんだよ!イエス?

チビは親指を挙げて見せた。(OKということ。)

自分だって、子どものころ親を泣かせただろうに、人間大人になると、立場を変えて、また子どもに言われたことを言わなきゃならないんだな・・ってフクザツな気分になった。

せっかく、チビは頭がいいのだから、悪いほうに使うようなバカな大人にはなってほしくないもんだ。


テーマ: 海外で育児

ジャンル: 育児

△page top

« 初心とジンクス
日本文化の影響かただの癖? »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

慣れてくるとそのうち子供の嘘など見抜けるようになります。たとえば鼻がヒクヒクしてる、目を合わせない、ニヤニヤしてるなどなどです。そういえばウチのバカ長男はカンニングしてたとかで先生に怒られてましたっけ。子供って小ずるいというか人を見てますからね。でもチビ君の無邪気なところはまだまだ子供でかわいいですね。

URL | Madam Y #6Js9SYKA

2007/01/21 19:43 * 編集 *

Madam Yさん

うちのチビも多かれ少なかれ、ほかの子供と同じく日常小さなウソやごまかしは多くて、見破れるのですが、今回は自分が問題な態度をとったことをさらに隠すために、親や先生にウソを重ねたことが、かなり問題となってしまったんですね。

これを正さないと、本当に将来怖いですから・・。親や責任ある周囲の大人としては悲しかったんです。 ただ無邪気に、おねしょしたの隠そうとしたとか(隠せないのに)程度ならかわいいもんですよね。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/01/22 10:43 * 編集 *

わたしはひとりっ子で、親戚も近くにいなかったので、親に共謀されると村八分みたいで辛かったです。わたしの親は、怒った後はケロッとしてテレビ見て笑ってたりするので、あれだけ人を傷つけておいて、まったく自覚がないと、わたしは呆れ返っていました。すまいるさんの、怒っているお母さんのほうが、わたしは理解できます。

URL | 和美 #5x/4IsC2

2007/01/22 22:53 * 編集 *

子供は大人には想像も付かないほど頭が回るところがあると思います。褒められるため(叱られないため)なら手段を選ばないというところもあります。一種の本能かもしれません。
自分の子供時代がそうでした。先生に褒められるためにありもしないことを捏造した作文を書いたり、「きっと大人はこういう絵を描くと子供らしいと思って気に入るだろう」という絵を描いて賞を取ったり...いやらしい子供でした。
そのまま成長したらきっと出世していただろうに、なぜか大人になるにつれて要領が悪くなってしまいました。今そういうことをしようとしても、なぜかできません。

子供にはそういう時期があるから、あまり心配しないでいいと思います。子供がした悪いことに対して大人が毅然とした態度を取るのは大事だと思いますが。
しかしすまいるさんの立場も微妙ですね。大変そうです。

URL | 脳天気 #-

2007/01/23 03:32 * 編集 *

ウチでは嘘をついたらゲンコツをかますのがルールとなってますので、長男は最近嘘をつかなくなりました。でも、堂々と苦手な中国語の答案用紙を渡します。100点中15点。「これでもボクの中国語のほうがお父さんよりマシ」なんて偉そうなことをぬかすのでゲンコツをかましましたが・・・・・・。

URL | Kiasu #-

2007/01/23 08:10 * 編集 *

いろんなご意見ためになります。

★和美さん
父親が子供を叱っているとき、母親の立場は子供か父親かどっちにつけばいいのか、よく解りません、実は。 子供のころ、弟と喧嘩して、父親に蹴飛ばされました。 泣いている私を母親は無視して、ひたすら洗物をしていて、その母の背中をまだ覚えています。そのときはすごく傷つきました。でも、私が悪いと思ったから、そういう立場をとったのかもしれません。 もし、父のやり方が行きすぎだったら、違った態度をとっていたかもしれません。 でも、和美さんのご両親のように、すぐ前向きになるっていうのも悪くないような気がします。 いつもじゃ子供の懲りませんけど。むずかしいです。

★脳天気さん
なかなか、策士な子供時代だったんですね(笑)。でも、大人になるにつれて、正直になってきたってことでしょうか? 私は子供のころから、要領の悪い子でしたけども、今でもバカがつくくらい正直で、でも、出世はできなくても、きっといいことあるって信じてます。。(たぶん)

★Kiasuさん
最後のオチに爆笑。 うそつきはよくないということを学ばせるために、狼少年の本でも買ってやろうかと思いましたが、「狼なんかいない。」と、難癖つけて、意味を理解しない可能性が大かと。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/01/23 09:31 * 編集 *

ウチもね、母親が怒ると結構、怖かったよー。半日くらいじくじく、言われたような。。。その点、父親は、どうしてそういうことになったのか、自分で考えてみろというタイプ。

ウチも前、義理の息子がいたけど、やっぱり、父親とは教育方針とか合わせておいたよ。元妻は甘やかし状態で、厳しい(というか、普通でしょ、ルールとか教えるのは)父親と意地悪な継母(私)は、いつも悪者だったのよー。でも、その彼も高校卒業して、今じゃ、消防士だよ。そういえば、あの頃は厳しかったよねーって言われるけど、でも、一人前になれたじゃんって言ったら、嬉しそうだったけどさ。やっぱり、甘やかしだけじゃ、いい人間、育たないよね。

URL | Cha Cha #o7yZsQF6

2007/01/23 20:36 * 編集 *

嘘は、

駄目ですね。我が家では嘘だけは駄目です。家内も僕も滅茶苦茶厳しくしているので、長男も次男も僕と家内には嘘をつきません。でも、これにも落とし穴があります。家の外でも嘘をついていないのか?と。
やや極論っぽいですが、よくも悪くもまだ子供です。年齢の増加をみながら、少し子供にも余裕を与えてあげてもいいと思います。小さい頃から嘘をつくと、大きくなっても平気で嘘をつく、と心配される方も多いかと思いますが、いいと年こいと嘘つけば、痛い目に遭うのは自分自身ですし。
こういうの、別に甘やかしだと僕は思いません。ある程度、放っておけばいいと、思うのです。もっとも、放っておくには、それを許してくれる環境が必要ですが……。

そうそう、嘘のほかにも僕が特段に厳しくしつけていること。それは、ゴミをいい加減に捨てないこと。長男がいい加減もゴミを捨てたのを僕が見たら、思い切り蹴り入れます。

URL | RYO #-

2007/01/23 22:25 * 編集 *

ふむふむ

★Cha Chaさん
うちの父親が教育に無関心だっただけに、母親がそこそこ厳しかったんですが、私が成長して自分が失敗すると、やたら自責するんで、「子供のころ叱られすぎただろ?」と同居人に指摘されました。言われるまで気がつきませんでしたし、それが全部、原因だとは思いませんが、あまり叱りすぎもよくないのか・・とも思います。でも、甘すぎるよりは、しっかりしつけるという意味で、子供を導くことはやはり大切ですよね。 成長してから、厳しかったけど、それで今の自分があると言われれば親もしつけ甲斐があったというもの、かな。

★RYOさん
ChaChaさんへのお返事に通じますが、ある程度の余裕を子供に残しておいてやるというのも必要なんですよね。 私は自分に厳しいので、つい他人にも厳しくしてしまう傾向にあるんですが、ちょっと寛容さも身につけようと日々努力です。

ゴミをあちこちに捨てるなとか、置きっぱなしにするなとか、もううちでもしょっちゅう。 最近では、便器や周りにおしっこひっかけたりしたら、自分で掃除しろ、というのを始めました。 週末、おしおき第一号は同居人でしたが・・(はは)。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/01/24 09:45 * 編集 *

共感できます

たしかに、余裕を与えるというのは良い事です。わたしはよく追い込まれていましたから。泣くまでうじうじ説教をされるとか。最後の方は、悔しくて自分の悪かった所なんか忘れてました。大人が子供を追い込むのは簡単ですが、うさばらしに使われる方はたまりません。

すまいるさんが蹴られてしまったとき、後でお母様はお父様に行き過ぎないようにと話されたかもしれませんね。そうあってほしいです。そういうときお母さんは、子供の間違いを正当化せすることなく、慰め役になってほしいです。後からこっそり、「お父さんは悪気はないんだよ。これから頑張ろうね。」みたいな。

まだお宅は子供さんが小さいから、お父さんが爆発、なんてことはないでしょうが、将来あるかも知れませんね。わが家はもうすぐ12歳ですから、そろそろ難しい年頃に入りそうです。

URL | 和美 #5x/4IsC2

2007/01/24 11:02 * 編集 *

私の父はものすごく怖い人だったので、叱られるのが恐ろしくてしょっちゅう嘘ついてました。そして、嘘ついてる自分に自己嫌悪でした。

嘘つくのは、子ども自身にとっても辛いんじゃないでしょうか。嘘なんてつかなくてよければ、その方がずっと楽ですから。

それから私が子どもの頃よく思ってたのは、「嘘はいけないと子どもに言いながら、大人は嘘ばっかりついてるなあ」ということですね。大人も嘘つかなくていいと楽なんですがね~。

URL | ビアンカ #JeDKLqWY

2007/01/24 13:05 * 編集 *

いやいや

★和美さん
なるべく爆発しないようにしてるんですが、同居人も私も結構短気なので、ぐぐぐっと抑えるの必死。まあ、心が落ち着いているときは、同居人に叱られてるチビに、「お父さんが怒っているときは、いい子におとなしくしてなさい、口答えや弁解は役に立たないからね。」と言ったことがあります。「うん。」といつもは口達者な子が素直に聞いてくれましたね。

★ビアンカさん
嘘ついたらもっと怒られるのに、子供って逃れようとごまかしするんですよね。でも、大人にすぐ見抜かれて・・。大人も子供が素直になれるくらいの大きな心と余裕を持っていたいものですよね。でないと、ティーンになってから、もっと隠すのがうまくなっちゃう・・。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/01/24 22:44 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/159-4b5f95bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。