すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

戦場のクリスマス・・・ 

今日はいちおうクリスマスデー。 しかし、昨日のイブで同居人の家族との集まりも終わり、チビにプレゼントも開けさせて、母親のところへ送っていったので、今日は実質もうすべての行事は終わり。

同居人のお姉ちゃんところが今年は旦那さんの怪我で、経済的にも大変なので、私が提案したように(かどうかは知らない)、ポットラック(料理の持ち寄り)と相成った。おお、それなら気兼ねなく料理して、私も食べられるというもの。

昼から延々と作り、終わったのがでかける30分前の5時。 逆算したとおりだったが、なんでそんなにかかったのかなーという気もする。 たまにだからいいや。

結局、何を作ったかというと、

サーモン・クリーム・コロッケ
マッシュルームの詰め物焼き
バナナ・カスタードクリームパイ

の3つ。 サーモンはほんとうはカニでも良かったけど、好き嫌いがぱっきり分かれるかなと思い、サーモンに変えて作ってみた。 結構好評だった。 アメリカにコロッケという名前の料理名がないので、サーモンクリームシチューのフライと、まったくうまそうでない説明をして回ったが、初めて食べる(だろう)料理は、不思議に映っただろうなぁ。

クリームコロッケは手間がかかるんだわね。いい案だとは思ったけど、時間がかかるんで、作るのをちょっと考えた。 でも、自分が食べたかったんで、作ってみたのだ。(結局はそれ)


他の人たちはやっぱり、アメリカ人に多いチップスとか、ディップとか、ブラウニーとか・・、こんなもんで腹を膨らますのか?というものばっかり。(今回生野菜はなかった。) お姉ちゃんところは仕方ない・・、去年はちゃんとターキー丸ごと出てきたんだから、今年はかなりきついのがわかる。 しかし、他のいとこ家族とかはどうなんだ? 昔は単にこういう食べ物でお金がないのか・・・?と思ったが、そうでないらしい、単にそういうものが大人数のパーティには手軽だと思っているらしい。 

手間がかかるアペタイザーというのはどうも作りたいないらしいのだ。やっぱり、これはレッドネックじゃないのか?と思ったのだが、中級階級以上のごアメリカ人家庭におられる在米日本人の方、、どうだしょ?

やっぱり、中流階級でもそーなんだろうか。 上流階級になると、きっとケータリングを頼むんでないか?と思うが。 (結局、手間がかかることは嫌なんじゃん。)

日本人ってしんどくても、食に関するこだわりが強いからか、手間かけてパーティフード作ると思う。 あんまり大人数のパーティをしないにしても、それなら鍋とかね。 アメリカで鍋に相当するものがないから、スローフ-ド(シチューとか)なんかやればいいよね。

ポットラックなら、一人ひとりが一品持ち寄れば、すごい量になるじゃないか。 私が3品も持ってきたのは、たぶんチップスばっかりだろうと思ったからだが、思惑通りなのがちょっとフクザツ。

昔留学生してたとき、留学生ばっかり(日本人だけでなくて、インドネシア人とか、韓国人もいた)でパーティしたとき、えらく食べ物豊富だったけどなぁ。 


いつか、食べ物のバラエティーのとんだパーティを催したい、そして食文化が豊富な国から来た代表?として、いろんなものを食べることの幸せを伝えたい。 と、なぜか、使命感に燃える私がいたのであった。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« 正月で恥かくか。
多数決でうまいと言わせるには »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

僕も昨日は、

家内のおば(キリスト教徒家族)の家に行ってクリスマス・パーティーでした。料理をするのはおばさん家族のみ。僕らは押しかけて食べまくるだけです!!
で、凹凸のない毎日に飽き飽きしているみんな、ただ大勢で集まるだけやたらとテンションが高かったです。

URL | RYO #-

2006/12/25 17:34 * 編集 *

RYOさん

ただ飯食えるならそれに越したことないですよねー。私はサービス精神で、というか、料理して気に入ってもらえたりしたらうれしい、とそれだけなのです。 お姉ちゃんのところは去年はただ飯だったので、今年は逆になんかしてあげようと奮発しちゃいました。

でも、ポットラックにしたおかげか?逆に去年より親戚が集まりましたよ。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/12/27 12:38 * 編集 *

ずっと前にオーストラリアで持ち寄りパーティーに呼ばれていったら、90%の人がパンを持ってきました。
私が持って行ったチキンは5分くらいですべて無くなって、あとに残ったのはパンの山。貧乏学生のパーティーには行くものではないと思いました。

URL | 脳天気 #-

2006/12/28 12:03 * 編集 *

脳天気さん

ほとんどの人がパン・・ってのもすごいですね。せめてピザとか・・。

アメリカ人は自分の好きな飲み物だけ持ってくる人が多いですね。(食い物もってこーい。)

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/12/28 12:23 * 編集 *

しつこく続き↑
そのパーティーはBYO(飲み物持込)だったけど、みんな自分の飲み物のボトルを抱えて自分だけで飲んで、他人には一滴も飲ませない。そしてあまったら持って帰ってました。
オーストラリアの学生達の窮状がわかったのはいい体験でした。
オーストラリアの普通のパーティーでは、せこい奴はいくらかいるにせよ、ここまですごいことはありません。

URL | 脳天気 #-

2006/12/28 12:49 * 編集 *

そうだよね。アメリカで持ち寄りパーティーとかやると、なぜか、チップとディップとか、あれって、基本的に料理でないだろうが。。。

そういえば、元ダンナのお家、そこそこに中流なのか、家にプールとテニスコートがあるお家だったけど、彼らが会社の人を呼んでパーティーするときは、いつもケータリングで、本職のバーテンダーも来てたって感じです。。。ちなみに、私達は一回しか呼ばれたことがない。。。

サーモンのクリームコロッケ、聞いてるだけで、美味しそうです。よだれが。。。。こんど、レシピください。

あら、リンクに入れてくださって、どうもありがとう。。。感動。ウチの方にも、入れておきますね。これからも、よろしく。

URL | Cha Cha #o7yZsQF6

2006/12/28 18:17 * 編集 *

サービスしちゃ駄目?

★脳天気さん
ダブルコメントありがとうです。うーん、恐るべしオーストラリアの学生・・。アメリカ人はほとんど持って帰りませんね。。持参の入れ物に食べ物が残ったら、入れ物はいるから持って帰りますけども。

★ChaChaさん
やっぱりそーですか。手間かけるのが嫌なんだなー。クリームコロッケは種をちょっと冷凍庫で固めるとパン粉やら付けやすいというのがポイントでしょうか。 また機会ありましたら、ご紹介しましょう。 リンクはまた訪れようと思うといっつも勝手に入れてしまうのです。そしたら会社のPCでも見れるから・・・。ははは。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/12/28 21:59 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/147-05ef3071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。