すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

師走の言い訳 

・・・って要するに合気道なんですがね。

こんなにハマってしまうものだとは思いもしなかったすよ。 なんというか、空手や中国拳法のように見せ方が派手というのと違う。 実際、80近いお年寄りが2,3人の若い男達を投げ飛ばすところなんか、ビデオで見てると、「ほんまかいな?」と思わせるような技ばっかり。

実際、そんなふうに見えるから、合気道ってまだ認知度が低いし、ほんとうに護身術になるのか?という疑問が沸いて、やってみようという人も少ないんでないかな。

しかし、やってみるとこれが難しい・・。何が難しいかというと、技が関節技になると、打ち方を覚えるのが難しいのだ。 実際これが護身術に役立つのかどうか・・は、合気道+ミリタリーコンバット(米軍戦闘術)を12年学んだ同居人としては、実践的にはもひとつらしい。 

ここで言っておくが、戦術として米軍の戦闘術が一番?実践的と言われているらしい。 で、合気道は実は空手や中国拳法よりも実用的だと。 確かに実際、空手の黒帯保持者の女性(日本人)がシアトルの夜道で男(アメリカ人)に襲われて、車に引きずり込まれそうになったが、なんとかすりぬけたらしい。 そのとき、空手技はまったく使い物にならなかったらしい。

・・・ということを聞いたりしたもんで、私もじゃあ、やってみよう、と合気道を始めたわけだが、技が関節技になればなるほど、まあ、物覚えが悪い私は最初は四苦八苦する。 でも、ちょっとでもうまくできりょうになったら、なんと楽しいことか。 満足感がある。

数年前に1年半ほど通った、空手道場でやったエクササイズ程度の空手キックやパンチとは違う。 技の名前からして、なんやら日本人の私でも覚えるのが一苦労。 

入り身投げ小手返し

入り身投げてってなんやねん? 数週間かかりましたな、やってる技と名前が一致するのに。

やり始めて、2ヶ月あまり。 今の私の最大の課題はなんと、技と名前が一致すること。 情けないじゃないか、日本人として。でも、いったい日本にいる普通の日本人何人が、「入り身投げ」なんて知ってるんだ? (合気道家は別としてよ)


また、私の先生(アメリカ人、合気道4段)からもらった専門用語のシートは全部アルファベット。 より理解するためネットで漢字を探したよ。 漢字わかってもよく分からん。

でも、先生をはじめ、先輩方(全員アメリカ人)は、よーくなれない合気道用語を覚えてらっしゃる。 私が逆に教えてもらってるくらいだから。 皆さん、私が日本人だから、「覚えやすいに決まってる。」と思っているようす。

そんなことはない! 英語は比較的descriptive(表現的)言語だと言われる、と聞いたことがある。 ラテン語系(医学用語とか)でもなければ、大概単語を見ればなんのことか基本単語を勉強した人には意味が分かることが多い。

しかし、2千年の歴史の日本。 漢字を見たら分かること、見てもぜーんぜん意味が分からない言葉はいっぱいある。 

「呼吸たんでんほう」ってなにぃ?(漢字もわからんし)
「正面打ち一教(いっきょう)」ってなにぃ?(正面打ちはわかる)


そんな私に昨日のお稽古で・・・。

道場に加入して一日目の50代の男性。 先輩に相手してもらって基本技をやっていると、打ち側(技を受けるほうが「受け」という)であったにもかかわらず、受け側だった先輩といっしょに転んでしまった。
見ていた先生やほかの生徒たちが苦笑してしまった。 

「それじゃ、アイウチ(相打ち)だね~。」とやさしく正す先生。

で、私に日本語の確認をする。

先生「『アイウチ』でいいよね?」 
私「そうですね、木刀での打ち合いでもありますよね。」
先生「アイウチってouch!(アウチ=痛い)に似てるよね。」
私「ああ、そうですね。覚えやすいですよね。」
先生「君が覚えやすいように、言ってみたんだよ。」
私(爆笑)

その場で、日本人の私に日本語を英語単語に置き換えて教えるのはまた、先生はジョーク好きだからなぁ~と爆笑したのだが、家路に着きながら、ふと、「あれは本気だったんだろうか・・・。」と考えた私だった。 (爆笑したときは、「先生の久々のヒットだ」と思ってたんだけどな。)




△page top

« 天災もイベント
シアトルの師走 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

そういう話しを聞くと、

自分以外(一般の日本人以外)、特に日本の外で僕会った非日本人の人たちも、そういう風に『余裕』っていうやつですが、『遊び(心)』に富んだ人たちが多いですね。

ウィットに飛んでいるとでも言いましょうか!? 機転が利く。基本的に賢いんでしょうけど。そういう人たちに嫉妬心、感じること多いですね。

URL | RYO #-

2006/12/13 18:51 * 編集 *

うちの息子はこちらで空手を始めたんですが、専門用語をも訛りつきで言われるので、息子は「はァ?」となってるみたいです。

いきなり、「ミズビタシ!」と先生が叫ぶのでぎょっとしたら、「結び立ち」のことだって。「結び立ち」っていう言葉をそもそも知らないから、「水浸し」かと思ったそうです。

URL | ビアンカ #JeDKLqWY

2006/12/13 21:32 * 編集 *

体がいたい・・

★RYOさん
アメリカ人はジョークができないと社会人でも受け入れてもらえないくらい大事なもんなんです。 歴代大統領だって質疑応答やスピーチで多少ジョークをかますくらいです。

うちの先生はまたおもしろいんですけどねー。 

★ビアンカさん
息子さんの気持ちがよーく分かりますよ。 ほんとにそのとおり。 「正面打ち」をどうしても英語読みするんで「ショウメノウチ」といわれて最初なんのことだかさーっぱり分かりませんでした。 極めつけ、「膝行(シッコウ)」といういわゆるスクワットを「シッコ」って連発するもんで、相撲の「シコ」か、それともほんとうにシッコなのか、うろたえましたです。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/12/14 12:02 * 編集 *

何気なく「あっそー?」と言った日本人に向って、Ass Holeだと言われたと勘違いしたアメリカ人が真っ赤な顔でその日本人をにらんでいたのをみたことがあります。

URL | Kiasu #-

2006/12/15 17:19 * 編集 *

Kiasuさん

言語って知らないと怖いというか、はずかしいことがあるっていうか・・・。 ですよね。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/12/17 20:09 * 編集 *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2006/12/20 10:15 * 編集 *

鳥さん

ご丁寧にありがとうございます。いや、あとで解りました。 解ったから技も解るかというと・・・、それもあとのほうで解ったんですけどね。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/12/20 11:52 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/142-9e6ec6fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。