すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

アメリカナイズでいいこと、わるいこと 

RYOさんの記事や、脳天気さんの記事で、「気にならなくなったこと」をリストアップされているのを読んで、つい思い出してしまったこと。


仕事の取引先に結構日本人がいる。 その人たちとやりとりするのは、ある意味日本語だから、やりやすいと思う人もいるだろう。 でも、私にとったら、逆にかなりやりにくいことがある。

ある程度、居住している国の言葉に慣れたら(うまい下手は別として)、自分の母国語で話そうと、地元の言語だろうが、結局は相手の性格の一致、不一致、またはどれだけ真剣に仕事してくれるか如何によるからだ。 日本国内で仕事することを考えてもらったらいい。


で、私の経験だが、在米経験が中途半端な人ほど、なぜか日本人のいいところを忘れ、且つ日本人の悪いところだけを残し、アメリカ人のいいところを学ばず、アメリカ人の悪いところだけを学んで仕事をしている人が結構いる。


一番目に余るところで、日本人の悪いところというと、公私混同する。 

日本じゃ、公私混同はよくあることだが、それをそのままアメリカに持ち込み、仕事はまじめにしても家庭が一番のアメリカ人社会にて、仕事が家庭、プライベートタイムより大事とやってしまうこと。

アメリカ人の悪いところを身に着けてやってしまうというのは、自分がミスをおかしたら簡単には認めず、最初に自己弁護に走ること。

すみませんという言葉を一応言うのだが、次の続く言葉のいやらしいこと。 「自分の担当じゃありませんから。」なんてしょっちゅう。 つい今週にもそんな言葉を聞いたので、また同じ人から同じことばを数回目聞いたので、いいかげん、あたしゃ怒ってしまったくらい。(実際、その人がすべて窓口として処理してたのにさ。)


どうして、せっかく自国とは違う国にいて、その国いいところを学ばないのだろう? 「気にならなくなったこと」は私にもたくさん当てはまる。 それらを日本にいる親が読んだら、「悪いことを学んでいる」と思われるかもしれない。 悪いことと判断してしまう前に利点も多くあることに気づくべきかなと思う。 それが何か?と疑問に思うなら、私がよくおじゃまするブログを読みなおしてみるのがいいな。

「気にならなくなった」ことは、現地民の行動がしみついてしまったことで、現地民化するということ。 それは、日本での標準値だけで物を見なくなったということ。 

同時に、現地民の行動や考え方を良いように取り入れるのであって、悪用しちゃいけない。 自分の都合のいいときに、悪いことだけをマネするのでは、その国の悪いことをしない人までに失礼だと思う。(注意:悪いことというのは、世界的に見ておそらく悪いことと判断させていただく。 またその国の一部の人がやることとさせていただきたい。)


私は、アメリカやここの人たちが好きだが、一部の人によく見られる「ミスをミスと認めず、弁解にばかり力をそそぐ」行動が好きでない。 かといって、言葉ばかりで謝って、そのミスをカバーするくらいの解決を即実行することのない、日本人に多い行動も好きでない。 

これを違う見方でみると、いいようにも取れるのだが・・・。(訴訟国のアメリカで即、あやまってはいけないとか、反省がある日本では、とにかく自分が最初に悪いことをしたのではと、見直しを図るとか。)


自分のよがりな意見になってしまったが、自分の意見がまた正しいと周囲の人に思って欲しいともこれっぽちも思っていない。 オープンマインドで人を見たいという結果だから。

今日も、テーブルに足を乗っけて、ビール片手にDVDを見て、洗い物も最後の皿ほったらかしで、こうしてPCに何時間も向かっている。 親が見たら怒りそうだが、これらは悪いことじゃない、同居人は迷惑してないし、誰も傷つけたり、怒らせたりしてるわけでない。 

ただ、ずぼらなだけ。 でも、私なんかアメリカ人にしたら、ぜんぜんずぼらじゃない。 普通なのだよ。

 
そうそう、ひとつ「気にならなくなったこと」を思い出した。

電話中に、受話器をカバーもせず、そばにいる人に話しかけてしまうこと。もしくは、電話の相手に「ちょっと待って」という一言もなしに、そばの人に話しかけてしまうこと。

これアメリカ人がよくやるんだが、私がやられたときには、私に最初何を話してるのか?ととまどった。 私が話をしてるのに、電話の向こうで反応がないなと思っていたら、受話器を離れていたので、一人話していたのに気がついて、ムッとした。

それを今やってしまってるんだが、これは相手に失礼だから、真似するのはやめようと思う。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« 雪の後遺症
お金は天下のまわり物 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

そうですよね!

『自分のよがりな意見になってしまったが、自分の意見がまた正しいと周囲の人に思って欲しいともこれっぽちも思っていない。』

僕もそうです。僕が正しいと思うことを、自分以外の人にも同じように正しいと思って欲しい、という意識はなくなりました。日本人って、自分が正しいと思うことを他の人も同じように正しいと思っているはずだと確認せずに信じ込んでますよね! 僕もこの日本人的な意識が抜けるまでにはかなり時間が掛かりました。多分、家内との葛藤が一番影響していると思われます。

ちなみに、私用のときは受話器を握りながら別の第三者にも話し掛けます。これはこれで、受話器の向こうから突っ込まれてさらに話しが盛り上がるのですが・・・・・・。

僕もTBさせていただきます。

URL | RYO #-

2006/12/03 19:32 * 編集 *

RYOさん

アメリカ人がよく、Be who you areとか、I like who you areとか、その人がその人らしくあり、そのものを愛するべきだということをよくいいますが、最初聞いたときはなんていい言葉だろうと思いました。 自分が過ごしていてなんと心地よい国だろうと。 日本のこうあるべきという型にはめられると、息苦しくて仕方なかったんですね。

電話で、3人が盛り上がる・・・、ふうむ、そういう見方もあるのですね。 おもしろく捉えようとすると、いくらでも方法はあるもんですね。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/12/03 22:21 * 編集 *

前回の記事にトラックバックどうもありがとうございました。
今度はこちらからトラックバックしました。

「在米経験が中途半端な人ほど、なぜか日本人のいいところを忘れ、且つ日本人の悪いところだけを残し、アメリカ人のいいところを学ばず、アメリカ人の悪いところだけを学んで仕事をしている人が結構いる。」

というところに激しく同意。
オーストラリアでもそういうことがあります。と言いたかったので、トラックバックしました。
アメリカナイズ(オーストラリアナイズ)の意味を履き違えないようにしないと、誰からも相手にされない中途半端な人間になってしまいます。見習うべきこととそうでないことをクリアにしておきたいものです。

URL | 脳天気 #lA3BLie6

2006/12/05 02:08 * 編集 *

脳天気さん

どこの国にでも、学び間違えてる人がいるもんですね。
私は訓練のたまもの?か、日本から来た人に、「在米歴そこそこあるのに、えらく日本人的なところがあるえね。」とよく言われます。 やっぱり、どう転んでも日本人ですから、いいところは残しときたいですよね。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/12/05 12:53 * 編集 *

だいぶ前の記事ですが、すごい共感してます。私は日本在住で最近アメリカ在住の古い友人を彼の家族含め2ヶ月程家に泊めました。アメリカらしさをフルに掲げる彼らに翻弄されながらの日々でしたが、彼らのそういった振る舞いが必要以上なものだったのは、アメリカでのフラストレーションが原因のような気がしました。又、自分が日本人なんだなーっと言うことを気付かされました。この記事読んで彼らのこと、すこし理解できましたよ。良かったありがとう。

URL | bb #-

2007/06/08 07:21 * 編集 *

bbさん

さかのぼって読んでいただいてどうもありがとう~。しかし、友人とは言えその家族まで2ヶ月も泊めてあげるなんて、なんと奇特な(笑)。 そういう人たちというのは同種アメリカ人からも煙たがられますよ、でも。 でも、bbさんが楽しいひとときを過ごせたなら、それも別にいいでしょうけどね。 これは別にアメリカ人的でもないかもしれない。 また、気が向いたらお越しください。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2007/06/08 11:26 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/139-1baf33a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

気にならなくなったこと

裸足で家の外に出ること。穴の開いたTシャツを着ること。蟻の死骸が浮かぶコーヒーを飲むこと。約束を破られること。約束を破ること。鼠を見ること。ネコや犬の死体を見ること。辛いもの食べて下痢すること。乞食に金銭を恵むこと。冷たいご飯を食べること...

必至にいろいろと考える

2006/12/04 12:52

約束の時間について

前回「オーストラリアで気にならなくなったこと」を書きましたが、その中の「約束の時間」についてもう少し。「約束の時間に遅れること」について気にならなくなったと書きましたが、それは時と場合と相手、それから遅れる時間の程度によります。プライベートとビジ....

シドニー生活...今日も脳天気の オーストラリア

2006/12/05 18:53

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。