すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

さりげなく怖い 

先日、2週間ばかし体に貼り付けていたハート・オブ・キング(前記事参照)を返しに心臓外科へ行って来た。

うっとおしかったけど、とうとう終わったわ。 ほんでもって、うまいこと少しだけ、症状を録音できた。 これで何か原因、治療方法がわかればいいなぁと返しに行ったとき、心音をダウンロードした看護士のおばさんがテープのような長ーい心音チャートをひっつかんであっしのところにやってきた。 ひとこと、

「あなたのこの心音はアブノーマル(普通じゃない)です。」


昔、中学、高校と「あぶのーまる」という同人誌やってたんだが、看護士のおばさんのひとことを聞いて、その同人誌を一番に思い出したあっしはずれてるだろうか。 帰国子女の仲間がいて、彼女がその雑誌のタイトルつけたんだよねぇ・・・。

即、たまたまその専門の先生が時間取れて、1時間後に会えるというので、仕事をもう少し遅刻して待つことにした。 


その間に待合室で、雑誌をぱらぱらと見ていた。 ひとつ手に取ったのがハイテク機器の専門雑誌らしい、WIREDという雑誌。 

通常、あっしはまったく興味がないことはないが、ハイテク機器雑誌などまず見もしない。 けど、この表紙にある「MY SPACE買いました」みたいな見出しに目が行ったからである。

アメリカだけでなく結構世界で人気なこのネットワークサイト、ブログよりも登録者数が上待っているらしい。 音楽や画像までアップできるというので、日本語ブログだけで忙しい?あっしだが、一応作ってみた。あんまり活用はしていない。

さて、そのMySpaceがとある投資家に買収されたらしいのだ。 へぇ~~。 で、その雑誌のページをめくり原因になったその記事については、それは終わってしまったのだが、実際もっと「へぇ~」値が高かったのは、ネット詐欺の記事。

ネット詐欺に合う人口が増えているが、アメリカでひっかかりやすかった詐欺という統計がでていた。 一番多かったのがこれがびっくり、

エチオピアかどこかアフリカの国からのダイレクトEメール

このメールはあっしも受け取ったことがある。 差出人は明らかにアフリカじゃないらしい。(IPアドレスを確認したりして。) 内容は、軍事国家のアフリカの国で、不安定な政権下で財産を差し押さえされてしまった、反逆側の裕福な家族の息子が、アメリカからの金銭的な助けを求めるもの。 これこれの住所に小切手などを送れとある。

こんな子供だましの手紙にいったい誰がだまされるのか・・とあっしは、メールを受け取って思ったもんだが、実際だまされて小切手送った人がおった・・とローカルニュースで知ったときにゃ、たまげた。 「まじっすかぁ?」と取引先のKくんのような反応をしてしまったものだ。 

そのあっしにしたら子供だましな詐欺に引っかかった割合が実はこの統計で一番多かったのだ。

へぇ~というか、ええ~っ? よ。


アメリカ人は以外と人を信じやすいのか、お人よしなのか・・・、とうか弱い立場の人に弱い人が多いというのは言えると思う。 ニュースで天災があった、どっかの家族が火事で焼け出されて無一文になったとか、不幸な話があると、即、山のように反応と寄付がでる。 

この辺のアメリカ人の人への情けというのはすばらしいもんがある。 日本だったら、他人事だろう。(顔が見えない相手には特に他人事だろうな)
 
しかし、そんなんでだまされるから、そういう詐欺も後を絶たないというか・・。 


そんなことを考えていると、やっとお呼び出しがきた。 始めて会う心臓外科医?の先生は、名前を見ても顔を見てもインド系の人だった。 先生の眠そうな目(たぶん生まれつき)を見ながらお話していると、あんまり自分の症状への怖さは感じない。こんな症状をかれこれ15年以上は引きずっておるからねぇ。いまさらっていうか。

症状は先生いわく、ABブロックというらしい。 

H&Rブロック**なら知ってますが。
**納税申告の書類作成から申告までサポートしてくれるフランチャイズ。

在米経験のある人しかわからんようなジョークを自分の頭のなかでかましながら、そーですか、と相槌を打つあっし。 これから何かしてなおるのかだろうか。 これからいろいろテストして模索していくらしい。


心臓外科病院を後にして、スタバによってコーヒー買っていったあっしは楽天的なのかツワモノのどちらかもしれない。

この楽天さか、ついくだらない病院ジョークを思い出した。

ひさしぶりに病院にやってきたとある患者に対して看護婦が一言、「あんまり姿見ないから、具合でも悪いのかと思ったわ~。」



なんで思い出したのかわからん。

どこがさりげなく怖い話なんだか・・な。


テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« シアトルは今日も雨だった
冬一番に考えること »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

私の場合南アフリカだったかな?からよくメールが来ました。

内容は財産を差し押さえられていて、それを引き出すのに協力して欲しいなどと言うもの.......

全く無視はしているものの、やはり気にはなりますよね。

お互い引っかからないように気をつけましょう。

URL | 香港太郎 #-

2006/11/04 19:35 * 編集 *

香港太郎さん

先日もまた会社のメールに入ってたんですが、あまりの長文に読むのもめんどいので、無視です。 こういう外国人には効かないということを向こうは気づいているでしょうか。 

URL | すまいる #-

2006/11/05 16:19 * 編集 *

そういう、

そういった詐欺に騙される人たちって、先進国の平和な人に多いのでしょうかね、日本も含めて。バリ島だったら、「あんたよりアタシのほうが助けてもらいたいよ!!!」ってな感じで、間違いなくそんなメール、無視されるでしょう。

とにかく、体にはお気を付けて。アブノーマルで思い出しましたよ。僕、高校1年のときに丸坊主にしたことがあるんですが、そのとき、僕のあだ名は『マルガリータ』でした(関係ないよね??)。

ちなみに、MY SPACEの日本進出、決まりましたね。

URL | RYO #-

2006/11/05 19:24 * 編集 *

RYOさん

実際、ワタクシがその「あたしのほうが助けてもらいたいわよ。」なので、ぜんぜんそういうものにはひっかかりません。 アメ人は貧乏でも気にしないのか、貧乏でもお金を上げたりする人がいるんでこれもまたびっくりなんですけどね。

マルガリータといえば、カクテル・・。どうして坊主頭から・・・? お?MySpace日本進出なんですか?あのMixiでしたっけ? ちらっとサイトみてみたことあるけど、ああ、my spaceみたいなもんか・・とすぐexitしちゃいましたけど。 このMySpaceって結構未成年の性的虐待とかあってちょこちょこ問題なんですよね。 こんどこれについて書いてみよ

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/11/06 12:27 * 編集 *

インターナショナル?!

私もこのメールもらったことがある!!
この前テレビでこの事件関係なのか失踪してしまった人がいると言うのを見ましたが、シンガポール国内だけではなかったのですね。

お大事に!!!

URL | Madam Y #-

2006/11/06 17:34 * 編集 *

随分前の話ですが、「臓器移植が必要な子供の手術費を」と題したメールがきたことがあります。怪しかったので無視しましたが、タイトルがタイトルだけに、ちょっとねーって感じでしたね。

URL | Kiasu #-

2006/11/06 23:20 * 編集 *

まいど

★Madam Yさん
え?失踪? 詐欺にひっかかったのがはずかしかったとか?

★Kiasuさん
同情をあおるというのは昔から多いですね。昨今メールになっただけで。 子供が病気で・・・なんて、あっしはどっかの救済協会からそんなメール来たって信じませんけど。 ほんまにあんたら、お金を恵まれない子供や病気の人たちに送ってるんかい?って。 

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/11/07 10:04 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/131-1a1b7e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。