すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

死に平和 

Toshi@タイさんの「いじめと家族」の記事で、TBするといいながら、あまりに長くなりそうだったので、しばらくどうTBするか考えてしまった。(それでなくてもあっしの文はたらたら長いのに)

是非、そちらの記事での皆さんの意見なども読んでほしいが、いじめの対象になった経験者のあっしの立場としては、周囲の反応や対策、行動よりも、いじめにあう本人の意思や行動を考えてしまう。

いじめは、いじめる周囲が悪いのか、本人の社会適応能力のなさが悪いのか。これは場合によると思うが、いじめられる本人が身体障害者じゃない、毛色の違う外国人でない、ライフスタイルの違うゲイでない・・・というのでないのであれば、本人次第でいじめを撲滅することも可能でないかとも思う。

あっしは、中学2年くらいのときにクラスの男子ほぼ全員から、変な女子としてからかわれ、笑われた。 五体満足に生まれているし、日本だから外国人でもないし、ゲイでもない。 ただ、ちょっと正確的に一風変わっているからというだけでいじめになった。

つらかったよ、その学年の一年間。 学校へ行くのがつらかったけど、でも一度も登校拒否しなかった。 部活だけが唯一の楽しみだった。 学校へ行けたのは、「学校へ行かなくちゃいけない。」というくそまじめな性格と、唯一楽しめた部活という逃げ場にも値する場所のおかげだろうと思う。


今、いじめにあっている子供たちは、逃げ場がないのでないかと思う。 せめて、楽しく過ごせる一人の友達、部活動、話を聞いてくれる家族がいれば、行き着くところがなくて、死を選ぶこともなかったんじゃないかな。 

あっしの場合、いじめられたのはクラスメートと、一部のほかのクラスの男子だけだったから、いっぱい支えになるところはあった。 部活動以外では、漫画書きの友達がいて、同人誌なんてやってた。

親や先生が特にやってくれたことというのは解決にはならなかったが、小さな発見にはなった。 一度だけ先生がホームルームで私のこととは特定せず、話し合いの場を持ってくれた。 

「なぜいじめをするのか?」

男子の口から出る言葉に興味があり、耳を澄ませていた。 

「みんながやるから。」

あっしにしたら、すごく意外な回答だった。 へ?そんなもんなの?あっしの性格のすごく嫌なところがあるんでないの? 確かに協調性がないと散々通信簿に書かれたあっしは、一匹狼的な自己中人間ではあった。 でも、ハートがなかったわけでない。 友達だっていた。

ほかにも回答があったかもしれない。 でも、いじめるほうはそんなもんなんだろう、社会に適応できない人間、いわゆる、友達がこれやろう!といったら、やろう!と強調できる人間でない。やりたくなくても、やってもいいやぐらいの妥協ができる人間でないのは、輪から外れてもらいたいのかもしれない。

いじめられても、いじめたことないから、その辺の心境は分からない。 
アメリカのいじめを考えると、かなり暴力力が増えるが、対象者は似たような感じ。 前述のような人たちが多い。 そして、時には暴力を振るわれ、、そして暴力を振り替えす。 

適合しないといけない会が悪い!理解してくれない社会が悪い!

米国コロラド州、コロンバイン高校の事件は、そんな結果だった。


やっぱ、長いので続き・・・

△page top

« 死に平和・続
スーパーでの葛藤 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

悲しい事件

映画にもなりましたっけ、この事件。
最近カナダでも学校が襲撃されたり、アメリカでもありましたよね。
いじめっていじめた方は忘れていても、いじめられた方は一生忘れられないのでしょうね。それにしても最近の日本のいじめは陰湿です。ここシンガポールでも日本人学校のいじめは深刻な問題だそうです。以前、日・英ハーフの子がいじめにあって親が騒いで教育相まで動かし大事になったというのを聞きました。いやな世の中です。。。

URL | Madam Y #6Js9SYKA

2006/10/26 17:40 * 編集 *

よく、「いじめられるほうにも悪いところが.....」などと言いますが、それは問題のすり替えだと私は思っています。確かに、いじめられやすい性格というのはあるでしょう。でも、どんな理由があったとしても、「故意に人を傷つける行為をする」というのは、人間として間違ったことです。それを子どもに認識させなければならないと思います。

いじめる方はそれほど悪意がないとか、いじめる方にも心理的な問題があるとか、そういうのはまた別の問題で、いじめることが正当化される世の中になって欲しくないです。

URL | ビアンカ #JeDKLqWY

2006/10/27 03:01 * 編集 *

記事暗かったですねぇ・・

★Madam Yさん
そういえば、そうですね。 いじめってどこにでもあるんですね。 人種差別は古くからの問題ですが、今でこそ私は国際意識から人を見かけやバックグランドで差別しないように心がけてますが、偏見というものはやはり考えることがあります。 でも、心底嫌ったり、傷つけたりはしないですね。 そうしたい人の心境というのはいかがなるもんでしょうか。

★現代の人間は、何かコントロールしたいものがほしいのでしょうか。 理由はなんであってもいいのか・・。 押さえつけられる社会だから押さえつけ返す? 昔よりは保守的差はなくなっていても、社会的プレッシャーは多くなっているのでしょうか。 偏見は多少持っても、傷つけたい人の意思がわからないですね。。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/10/27 10:55 * 編集 *

こんにちは。。。

あのー、、、実は私もいじめにあっているんデス。。。
私の場合、悪口などもあるんですが、そんなの序の口で、もっと②ひどいことされてんです・・・例えば制服をやぶかれたり、トイレにさそわれてトイレで暴力をされたり、机の中に虫なんかいれられたりされてるんです・・・。
それで先生に言ったんですけど、なんにもしてくれなくって。。。でも、私はいまがんばってそれに立ち向かっています!なので、がんばってください!

URL | まそっぷ #-

2006/11/25 07:14 * 編集 *

まそっぷさん

私の経験はもうかれこれ24年も前のことなんですが(笑)、そのとき頑張ったから、今の私がいるとも思ってます。 まだ、まそっぷさんは乗り越えてる途中みたいですね。 逃げないで、でも無理しすぎないで、安心できる場所を見つけて、苦しいときを乗り越えてくださいね。 きっと、将来その努力が別のところで生きますよ。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/11/25 16:18 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/126-01f60199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。