すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

突然ですが・・ 

合気道始めました。

日本の代表的な武道をアメリカで習い始める、というのも奇妙かもしれない。 そう、あっしは武道の経験はほとんどない。 数年前に週末だけ、「運動」プラス「ちょっとお稽古事をしたかった」という理由で、空手エクササイズみたいなクラスに通っていたことはあった。

しかし、時間的もろもろの理由でまともに稽古事ができなかったのだが、引越しをしたことで仕事場が近くなり、仕事帰りに楽に通えることになった。

で、合気道はなんでか?

もともと子どものころからの憧れや、武道を見たりするもの大好きだったのだが、実際きっとやってみれば、あっしはむいていると思っていた。 でも、実際空手、テコンドー、柔道、中国拳法などいろんな道場がシアトル近辺にあるが、もう30代後半にしてもゆっくりと学べるものがよかった。 また、合気道は自己防御にもなり、精神統一と自己管理にもいい。 

とにかく、仕事と家の往復ではストレスが溜まりすぎるので、他に打ち込めるものが欲しかった・・というのが本音。

行ってみてちょっと緊張したのが、やはり空手道場とは違って、合気道を好む人たちの性質も違うのだろうか、かなり落ち着いている。 まるで、日本で道場を訪問するような気分になった。 先生は白人だし、生徒も白人ばっかりの道場である。 そんな気分にアメリカでなるとは思わなかった。


長年白人が大多数の社会にいて、マイノリティ(少数派民族)として、その中で何でもやっていくことに慣れてしまい、白人その他アメリカ人と同じように振舞う癖がついているあっし。 道場を後にして、なんだか日本人があえてアメリカの道場に初心者で来たことに、「おや?」と少々不思議がられていたような気がする。

日本人が日本の武道を習いに来て、超初心者とは思わなかったのかな。でも、誰一人として、「日本人?」とは聞かなかったのは、誰が見てもあっしは日本人だからか。(しゃべれば日本語なまりがあるし、見てくれも日本人だし。)

でも、一旦練習を始めれば、ただの初心者となんら変わりない対応で、あっしが感じたことは、気のせいというか、驚きのオの字もなかったらしい。 


まだ2回しか行ってないが、皆さんいい感じの人たちだし、先生も別に堅苦しい人でもない。(ぴしっと教えながらも結構お茶目)しかし、日本の武道の礼儀までちゃんと実行しているのが驚いた。 アメリカの武道道場にある、「誰でも気軽にはじめましょ」が、アメリカ風に「堅苦しくなくカジュアルに」道場に入る前と後まで振舞うのでない。 先生や他の練習生にお互い敬意を払い、あいさつをし、自分の身の回りや道場も常にきれいに保つ。

日本の良い文化や習慣をアメリカ人から学びなおすとは思わなかったというのがこの2日で感じたことだった。


これからどんな発見があるのかちょっと楽しみ。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« 非典型的、典型的
病院行ってきた »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

そういえば・・・

私も興味あります!合気道。
以前、見学に行ったことがありました。
NZでも柔道や空手、合気道が習える所がありますが
やはり挨拶の言葉や技の名前、掛け声などは日本語のままで
師匠や先輩をたてたり道場や用具をきれいに丁寧に扱うところなどは
日本のそれのまま。
なんか変な感じですが、かと言って気持ち悪さはなく、
むしろいい気分でした。(^^*)
始めてみようかと思った年に発作を伴う病気になってしまって
そんな事も今の今まで忘れていました。

これからどんな発見や再確認があるのか、私も楽しみ~!

URL | ちっち #yTEP.biM

2006/10/05 01:56 * 編集 *

きっと、

そういうものなのかもしれませんね、(日本人である)自分探しって。

やっぱり、外から見るのって、いろいろと肯定的な効果がありますよね。我が家の長男も空手教室に通っていますが、順番で他の人が練習しているときは、ぼうっとしたり、しゃべっていないで、その人の練習をしっかりと見て勉強しろとか、少なくとも学校では教えてくれないことを教えてくれていて、長男もすんなりと受け入れているのです。

ちなみ、長男の道場では、『先輩』という日本語が何故か『しんぺぇい』になってます……。

そうそう、僕は長男に合気道やらせたかったんですよね。でも、7歳じゃどこも駄目でした。

URL | RYO #-

2006/10/05 17:47 * 編集 *

実はウチのボウズもシンガポールで合気道をはじめたんですよ。 きっかけは武道から心身ともに鍛えて欲しいというバカ親の願望から。本当に師範もお弟子さんたちも日本的な教え方をされるのが気にいりましたね。靴を脱ぎそろえなかったりする子供にはちゃんと注意して次回から同じことをしないように説く。素晴らしいじゃ、あーりませんか? 

あと合気道のいいところは攻撃的な武道ではないところ。アホの子供がテコンドウで鼻息荒く、蹴りの練習をしているのを見て、父子で笑っております。

URL | Kiasu #-

2006/10/06 00:09 * 編集 *

昨日で3回目、体が・・

★ちっちさん
華やかな空手とちがって、海外でまだなじみのない合気道ですが、日本でも同じですね。 存在は知っていても実際あまり見たことが無い。 比較的新しい武道ですが、侍のような立ち振る舞い、稽古前後のけじめがほんと古きよき日本の文化見えて、すっかり魅了されました。 またリポートしますよ~。

★RYOさん
人の振り見て・・じゃないけど、客観的に見ることでずいぶん発見があり、学べるものですね。 7歳でだめですか?こちらにはキッズクラスもありまして、6歳からOKです。

★Kiasuさん
おお、息子さんもですね。 三十代の手習いより、ずっと早いでしょうねぇ。 ほんと、海外にいて日本の文化の一部を垣間見ながら、親しむにはいいですよ。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/10/06 11:28 * 編集 *

合気道、いいですねー。
私も時間があったら何か日本の文化に関連することを習いたいと思っています。日本人なのに、そこらのオーストラリア人より日本のことを知らなかったりするもんで。
日本画とか生け花なんかを考えていましたが、合気道も実用的でいいですね。護身術が即実戦に役立ちそうな近頃のシドニーの治安の事情もあることだし...。

URL | 脳天気 #-

2006/10/07 01:48 * 編集 *

お久しぶりです。
合気道! あたしもストレス溜まっているので何か習いたいですが、まあ当分無理かな、と。
でも子どもが4歳になったら空手を習わせる予定なんです。そこの道場は「心」を鍛えることを主にしているので、ただのアトラクション目的とは違うようです(先生も日本人)。
まだ先ですが……遠いな……。

URL | アキツ #SkpZqjko

2006/10/07 13:57 * 編集 *

おおっ!

合気道ですか?

いいですね~。

実は私も何か武道をしたかったのですが、空手は恐そうだし、柔道は寝技が臭そうだしって事で合気道を狙ってた事があったんです。

でも結局ビビリなんで何にもしなかったんですが......お恥ずかしい。

URL | 香港太郎 #-

2006/10/08 04:15 * 編集 *

そうそう

★脳天気さん
そーなんですよ。日本人なのに、アメリカ人より自国のこと知らなかったりして・・。略式茶道やお花なんて伯母や母にちらっと教えてもらったことがありますが、全部ちょっとだけなんです。 戦中から戦後の日本人が一番学校で習わない歴史なんか同居人のほうがよく知ってるんですよ・・。

★アキツさん
おひさです。 4歳からもう空手道場は受け入れてるんですか。うちのチビは同居人直伝?のミリタリー戦法と合気道で、技をつけることによって、自分に自信をもたせ、bullyなんかにいじめられないようにと考えているようです。 

★香港太郎さん
合気道は護身術もそうですが、やぱり「気」でもって精神統一し、self-disciplineですかね。 そういう意味合いで習えば、怖いこともないかな・・とあっしも考えたわけです。 空手みたいなちょっとプレッシャーというか殺伐とした感じはないですね。 

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/10/08 09:42 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/118-cb6af2d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。