すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

肩書きが大事 

また、えらいさぼっちゃった。忙しいというより、なんだか書くために考えがまとまらないとか、書く気になれないとかあるんだな。 

テレビでフットボール見ながら、これ打ってるんだが、まだプリシーズンなのに、前シーズンはシアトル・シーホークスがかなり頑張ったもんで、ついつい力んでしまって、ちゃんと落ちが付くのか自分でも心配。


ええと、本題だが、アメリカ人は、職業プロ意識が強い国民だと思う。 それが高額な職業だと特にそうなんだけども、そんなでもない職業でもそうだと感じる。

日本では従来、会社の名前が大事であって、個人の職業でない。 個人の肩書きが、せいぜい役職の営業部長とか企画課長とかだった。 だから、「職業は?」と聞かれて、大抵の人が「○○商事で勤めています。」だった。 最近はだいぶ変わってきてるようだけど、バブルの全盛期に日本で働いていたあっしの経験はそうだった。

アメリカへ来て、学校を卒業する直前から就職活動を初めて感じたのは、職業は会社の名前でなく、職種で探す。 メーカーに勤めたいかじゃなくて、メーカーの中の経理部門なのか、エンジニアなのかで選ぶ。自分がいったい、なんの分野のスペシャリスト(専門家)なのかを意識するからだ。 

あっしは、日本で大手メーカーの輸出部門に勤務し、貿易実務を専門としてきた。 だから、新聞の求人広告を見るときは、Export Agent(輸出処理係り?)。 しかし、この職種で探すとえらく少ないんだなー、なぜか。 専門的職種とは捉えられていないのかも。

これが、経理担当(Accountant)とか、営業マン(Sales Representative)とかなると多い、多い。 よりどりみどりの求人。 

しかも、その経理の中でもまたさらに細かく専門性を追求されてか、職種が、入金係り(A/R=Account Receivable)やら、クレジット管理?(Credit Manager)やら、いろいろ。 


しまいにゃ、なんでこんなに細かく肩書きいるのさ?といいたくなるくらい一体なんの担当なのかわからなくなってくるのもある。


TVでニュースを見ていたら、リポーターが事故をリポートしていた。

「サウス・サウンド・チーフの○○がリポートしました。」

シアトルはピュージェット湾にそって縦に長いので、湾(サウンド)北沿岸をノース・サウンド、南沿岸をサウスサウンドという。 そのリポーターは南沿岸地域の担当者なだけなのだ。

「シニア・ポリティカル・リポーター」ってのもあった。 シニアだから、経験つんでいる人ってのはわかるが、その下になるジュニアって、さすがに肩書きにつけないな。(経験ないって言ってるようなものか。)


んー、そういえば、うちの同居人が前勤めてた、大手日系運送会社で昇進したとき、ただの倉庫輸出部門管理担当から、もらった肩書きが

「シニア・カスタマーサービス・コーディネーター」

だったな。 

なにそれ?

あっしの反応は冷たいもんだった。 本人は初めて肩書きがついたんで、ちょっとうれしそうだった。 おゼゼがあがるならいいんでないかね?


さて、セカンド・クォーター過ぎたシーホークス、オークランド・レイダースに、20-7でリードしております。 今日のクォーターバックのセネカ・ウォレスくんあぶなっかしいけど、頑張ってます。 シニア?クォーターバックのマット・ハッセルベックを見習って立派に成長してね。 (←無理やり落ちをつけるあっし)

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

« 収納場所の使い道
プロジェクト大好き »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

タイトル

欧米文化では大事なようですね。バリ島でもそういうところあります。僕はそういうのどうでもいいので、あってもいいしなくてもいいのですが、もしたくさん作るなら、序列が分かりやすいものにして欲しいと思っています。誰が上司で誰が部下だか素人には分からないものばかり……。

ちなみに、公式な文書に名前を書くときって、必ず大学卒業時の学士名などを入れるのがバリ島です。

URL | RYO #-

2006/08/31 20:50 * 編集 *

分業制

アメリカの分業制ってすごいですよね。物凄く細かい。本当にそんなポジションあるのかなって思うほど。アメリカほどオールマイティーなんて言葉が似合わない国もないのではないかと思うぐらいです。もともとアメフトだって、攻撃と守備はそれぞれ専門の選手だし、パントキック専門もいるぐらいだからやっぱり細かいですよね。ランニングバックがパスしてもいいじゃない?意外といい作戦かも???

URL | Kiasu #-

2006/09/01 07:55 * 編集 *

きりがない

★RYOさん
上下が分からないから、無理やり日本の役職に当てはめてみたりしたもんです。 チーフは主任ですか、ダイレクターとかマネジャーは難しいですね、かならずしも課長や部長じゃないし。 

アメリカでも学士つけますね、やたら。 Ph.DとかMBAとかわかりますけど、CSAってなんなん?C.P.Aはアカウンタントだし。

★Kiasuさん
専門家であることがいいことなんでしょうね。大学でもほんとかなり専門的に学ぶから、その道には長けていてもほかのことはさーっぱりという人が多いです。 だから、常識にかけるとか日本人留学生は馬鹿にしてましたけど、何でもやの日本人とどっちがいいんでしょうね。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/09/01 11:33 * 編集 *

いまだに日本のサラリーマンは会社名、その会社での肩書きがFirst Priorityだと思います。

実際今私が契約して働いている会社内でも変に勘違いした転勤者の多い事多い事。

「一体あんたは誰のために働いてんの?」
「あなたの幸せってなに?」

って聞きたいほど全てが「会社の為に」です。

ですので周りの方からは「○○会社のXXです」としか覚えてもらえない。
(自分の名前だけで覚えてもらえない)

ある意味日本人はかわいそうなところもあるのかも知れないですね。

URL | 香港太郎 #-

2006/09/01 19:57 * 編集 *

香港太郎さん

思えば、日本で働いていたころ、外語学校を卒業したことで、「語学ができる」という条件だった、輸出部の求人に応募して採用されたとき、あっしは専門職で職を探し、得たわけです。 それは中途採用というものでした。

でも新卒採用といわれる人たちは会社の名前で求人数の枠内で採用されて、各部署へ配属されるので、会社で選んでるわけですね。 そうなると、やっぱり、xx社の○○ですと言ってしまうんでしょうね。 

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/09/01 20:28 * 編集 *

そういえば

日本のサラリーマンが社章をつけて通勤しているのを見かけますが、あれっていったい何のためなのでしょう。あれがなきゃオフィスに入れないわけではなさそうですし。

URL | Madam Y #-

2006/09/04 19:41 * 編集 *

Madam Yさん

社章・・。まだつけている会社ってあるんですね。そんな存在さえ忘れてました。そういえば、校章は高校生のときかつけてましたけど。

URL | すまいる #TwO4yE0Y

2006/09/04 20:50 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://smilekhfc2.blog54.fc2.com/tb.php/112-22d647b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。