すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ダートレース観戦とRVキャンプ・その1 

ワシントン州の片田舎にダートカーレース見に行ってきました。 ついでに同居人の両親のRV(リクリエーショナル・ヴィークル)でキャンプもしてきました。

テント張って・・・というキャンプでなく、RVパークに場所を借りて停めて・・というキャンプなので、パークのクラブハウスにトイレはあるわ、シャワーはあるわ、朝ごはんに晩御飯が安く食えるわ・・で、あまり汚くならないキャンプでした。

rv
これが義両親のRV。 運転席の上に寝るだけのスペースがあって、そこで同居人と寝袋で寝ました。

rv2
RV入り口入って右側の運転席。 手前に椅子。 左手にテーブルとベンチ。 上のカーテン奥が寝たところ。

chibi
テーブルとベンチでポーズするチビ。 後ろは冷蔵庫とキャビネット。

rv3
冷蔵庫の奥はシャワー、でもほとんど使わない。 車に保管できる水の量にも制限があるし、シャワーしたくなるほど長いキャンプに行くことがほとんどないから・・。 

その奥が両親のベッドルーム。 シャワーの通路はさんで左側がトイレ、洗面。 撮るの忘れた。

rv4
冷蔵庫の通路はさんで左側にキッチン。 流しとキャビネット、クッキングストーブにオーブン、電子レンジ。 

rv5
テーブルとベンチにてくつろぐチビと義母。 このテーブルをはずして、ベンチのクッションはずして、またはめて・・・とすると、チビのベッドになる。

rv6
RVの外のピクニックテーブルで晩御飯。 ホットドッグ、煮豆、ポテトチップスで簡単に・・。 前回野菜とフルーツに飢えたので、今回私はミックスフルーツ持って行きました。 

私のふとーい二の腕をご披露しまっせ。 若いころニーハン(250CC自動二輪)に乗って腕を太らし、仲間(特に♂ども)にコケにされ、アメリカに来て合気道やり始めたら、また太くなってきた・・・。 でも、アメリカ人女性の腕のほうが太いので、私なんか小さく見えて、見えて。 (まじ)


写真が多くなって、重そうなので、続きはまた次回に・・・。


もー、また熱帯夜で眠れるかなぁ。 ああ、日付が変わってしまった。 寝なければ・・・。 

では、おやすみ。



スポンサーサイト

テーマ: キャンプ

ジャンル: 旅行

△page top

ユニオン(組合)のこと 

暑いですよ、シアトル。 軽井沢並のすずしい夏が売り物(?)のシアトルなのに、まるでカリフォルニアのよう・・・。 

ここ数日ずーっと華氏90度前後で、明日なんぞ、100度までいくんでは?と、お天気予報士がいつもはない注目を浴びております。 シアトルの天候はころころ変わるので予報士泣かせで、日ごろはあんまり市民から信用されてません・・。


さて、また仕事ネタなんですが、今日はうちの商品を海上で輸送するコンテナを持ち込むはずだった港がお休みらしいです。 いきなり2日前になって、船会社から連絡があるんで、「またかい・・。」とため息。

しかし、その理由がですね、

はりー・ぶりっじ さんという人の誕生日だから・・。

誰?

その港のおえらいさんとかでしょうか? ・・・・サイトを検索してみました。 

・・・ヒットしません。


仮に港のおえらいさんだとしても、たかだか誕生日で何百と一日に船やコンテナが出入りする港を閉める?


以前も似たようなことがありました。 そのときは、「ナントカさんが亡くなった。」ということで閉めてました。 そのナントカさんっていうのが別におえらいさんでもなく、ユニオン(組合)の人だったらしいのです。 

日本の港もそうですが、組合は強いです。 シアトルの企業で組合が強くて有名なのは、ボー○ング社ですが、港も負けてはおりません。 日本だと春闘が近づいてくると関連会社が緊張しますね。 こちらは年末が決算ですので、それくらいになると緊張感が高まってくるように思います。

しかし、それは賃金や福利厚生の交渉だったりするので、組合とは関わったことがない私としては理解がしがたいけど、ま、そういうもんなんだと思ったりするもんですが、今回のように組合の人が(おそらく)誕生日だから・・・で、もし港を閉めて、お客様の貨物を受け付けないというのは・・、そんなことがあってもいいもんか? 


この疑問を輸送業界で働いている米国人代表、同居人殿に聞いてみました。 

「たぶん、その亡くなったって人は勤務中に事故かなんかで亡くなったんだろうて。」

あー、そういうことですか。 組合が強いと仕事中に亡くなったその日が休日になるんですね・・。 でも、じゃ誕生日って?

「その勤務中に亡くなった人の誕生日なんじゃないの?」

へぇ・・・。 


港の仕事も結構、危険ですが、これよりもっと危険な仕事の会社だと、しょっちゅう休日があるんでしょうか? (組合がある会社だったらですね。)


へぇ~とボタンを百回くらい押したような気分になりました。





テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

タグ: 海外での仕事 

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。