すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

疲れました 

昨日手抜きの予告をブログ記事にしましたけど、ひとつだけかき忘れたことをやっぱりやり忘れましたねぇ。 書かないと覚えてられなくなったのがなんだかむなしい・・・。 前は書いたほうが安心感からか忘れてしまってましたけど。

朝起きてすぐやることは車の保険会社に電話して、同居人の車の窓ガラスにできた欠けを直すための修理店を紹介してもらうこと。 このガラスがチップしてしまった場合は、保険会社にいうと、保険代に影響なく修理できるんです ガラスのチップは石が飛んできてできた場合、本人には過失がないと見られるようです。

ほんでもって、が電話したのですが・・・、なぜかこういう問い合わせや予約やら、事務的なことっていつも私がやるんです。 一応同居人は生まれながらアメリカで、アメリカで育っている英語が母国語の白人なんだから、奴がしゃべってくれればいいのに、なぜかなんです。

一応私は英語を毎日職場でも家でも使ってはいますが、それを母国語として育った人間にはかないません。 しかも、同居人はボキャブラリーも豊富で口げんかは強いほうといえるくらい口達者なのに、なぜかいつもこういうことは。 

なんで?

確かに交渉事は得意なほうですが、今回別に文句つけるために保険会社に電話してるんじゃないのに・・・。


ま、なんとか修理店を紹介してもらって保険のほうをアレンジしましたが、修理店が以前土曜日開いていたと思ったけど、なんとアポのみ。 最近操業時間を減らしている会社が多いので、ひょっとしてこれもそうなのかな・・? 


起きたとき体中が痛くてたまりませんでしたけど、今週はセンセーが手術をして道場に来れないので、いつのまにか上級者になってしまった私もできるだけ道場に行っておかないと、ほかの人が来たときに先輩一人じゃたいへんだから・・と今日も行くことにしました。 でも、いったらLくんだけだったんですよね、でも、見学者がありまして、行っといてよかったです。

そしたら、ずいぶん顔を見なかったメンバーがひょこっとやってきました。 

「武器バッグ取りに来ました。」

え?ってな感じの私とLくんでしたが、どうも仕事が忙しすぎて、最近ちっとも稽古できなかったようです。 彼は世界的に有名なソフトウェア会社(すぐばれるか・・)に勤めてるんですが、その会社でも大量の解雇があったために、残った従業員に残業が課されてしまった・・・とのことです。

「しばらくは、ちょっと来れそうもないので、一旦引き取りにきました。」

なんだか、ちょっと悲しいです。 不景気の波があちこちに影響してますよ。


稽古のあと、私の車のオイル交換のために修理屋さんへ直行。 いつも忙しそうなのに、なんだか私が店に入ったら、オーナーとテックのおじさん二人でオフィスでだべっているのであります。 

なんだか・・・ここも不景気?

いやですねぇ、、暗いったら。 前向きに明るく振舞わないと悪い気が蔓延しそう。 でも、毎日解雇の字を見ないことがないくらい、暗いニュースが多い今日このごろ。 仕事があるだけでも感謝しないとね・・って、みんなでしみじみ話してます。


あ、暗い暗い。 なんか明るいことないか?

スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。