すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

やっと終わったしクリスマス 

いや~、終わりましたなクリスマス。 ついでにいうと、雪もだいぶ溶けました。 

クリスマスって楽しかったの子供のときと、アメリカに来てからの独身のときだけだったかも・・・。

結婚してから、何かと経済的にも出入りが激しくなると、もうクリスマスプレゼントを買うのもおっくう・・。 家族が増えたぶん買う分も多い。 ほとんど日本のお歳暮のようにお義理が多いのにね。

この人にも・・、この家にも・・、子供別々に買った方がいいかな・・、なんて考えて、今年もプレゼント購入額は予算を大幅オーバー。 使いすぎると、もう打ちひしがれる私であります。 毎年クリスマス負債で苦しむ人がいるのがよーくわかるような気がする。 買うのもキリないですから・・。

時間かけて安くてもセンスのいいものなんて探してる時間ないしねぇ、、ああ、独身のころはそんな時間あって、ショッピングに時間かけてるときがとても楽しかった・・。 (あ、ちょっと危ない発言か)

クリスマスプレゼントは子供だけにしよう!

って叫びたいですねぇ。


ところで、うちのチビは9歳ですが、サンタさんをやっぱりまだ信じていております。 自分はいったいいくつまで信じてただろう・・、と思い出そうとするんですが、覚えてないですなぁ。 たぶん10歳超えたころからだったかもしれない。

これって日本とアメリカじゃ、 「サンタってひょっとしてウソちゃうん?」と気がつく年齢は違うんでしょうか? だって、日本ではもともとそういう風習はなかったし、大体煙突から入って、暖炉から進入するといわれているサンタが日本の住宅でまだ暖炉が一般的でないのに、どうやってプレゼント持ってきてくれるか・・・?

日本の子供はサンタに関して、もっと早く現実的になったんではないか? と思うのです。 

アメリカだって暖炉のない家ありまっせ。 うちのアパートなんかありません。 だけど、子供が「サンタはどうやってうちにプレゼント持ってきてくれるの?」 と聞かれた日にゃ、どう答えるか?

幸いにも私はまだ聞かれたことありません。 たぶん空から投げたら、サンタの魔法で家に引きこまれていくとでも思っているのでしょう。 

うちのチビは頭のいい子ですが、それについては聞いてきたことないと思います。 空飛ぶくらいだから、サンタは魔法を使うのだと思っているかもしれません。 それより、チビはクリスマス前にどこにサンタがいるかのほうが気になっていたようです。  

こちらのサイトでしきりに居場所をチェックしていたとか。

ノーラッドのサンタ追跡

これ有名なんで、知っている人いっぱいいると思いますが、ご丁寧に毎年クリスマス前になるとどこにサンタがいるか教えてくれるんですね。 しかも3Dで。

で、今年チビが気がついた「プレゼントが本物サンタから来たか、偽者サンタから来たか見分ける方法。」というのを聞きました。 そこらへんはまだ子供なんですがね。

「偽者サンタから来たプレゼントは店で買ったからバーコードがついている。」

だそうです。 

なんか現代っ子ですねぇ。


・・・ってあきれながら、必死にバーコードを商品からはがしていた同居人と私でありました。 

サンタからのプレゼントだけ違うラッピング紙にして、「サンタより」という字まで筆跡変えたのですが、踊らされてますな、私。


スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。