すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

テコンドーに見える 

また合気道セミナー行ってきました。 今回はなんとセミナー料金・・

タダ

タダってすてきな響き・・・。 せこいな


うちのセンセーが昔一緒にコロラドのI先生の道場で一緒にお稽古していたこともある人がずーっと地元の大学の場所を借りて、大学生中心に教えてたのが、ようやく自前?の道場をオープンできたとかで、はるばるカナダの国境近くの町まで行ってきました。

うちの道場からは、センセー以外に私とJ先輩だけだったんですが、今回行った道場がこじんまりしてたんで、結構人でうまりました。

今回の開店?に伴って、その道場の先生が故意にしている師範をはるばる東海岸から招待してられました。 その師範が仏教のお坊さんで、そのお払い行事もかねてました。

合気道の開祖は、伊勢のとある神社で演武を奉納したくらいで、どちらかというと神道とふかーいつながりがあるので、今回仏教のお払いで、「へぇー。」と感心?してみてました。 ついでに私自身もお払いしてもらえたかしら?(せこい)

その師範は開祖が存命のときにも日本の本部で稽古していた日本人の方だったんですが、結構英語はおじょうずでした。 しかも、説明の仕方だけでなくて、話がおもしろいったら。

このおもしろさってのは合気道オタクでないとなかなか通じないので細かいことは書きませんが(ほんと)、合気道あまり関係なく、師範の楽しさがわかる一件が・・。


その新しい道場は小さな町とはいえ、ダウンタウンの一角にあり、建物に大きなガラス窓があり、歩行者がすぐ中をのぞけるくらい舗道のすぐよこに面してます。 セミナー中にも歩行者がよく興味深げにのぞいて行ってました。(と思う)

全員畳に座って師範のデモンストレーションを見ていたとき、窓ガラスの外で子供が通りかかる声が聞こえました。

「あ!これテコンドーだよ! チャイニーズがやってる!」

私たち全員、爆笑。 

師範は受けの人を投げ飛ばし、子供らが おお~っと歓声を上げたら、サムズアップ(親指を立てる)。

ジョークがわかる師範でよかった。


3時間半ほどの短いセミナーでしたが、おもしろかった。 
師範には最後に挨拶して(もちろん日本語で)、楽しかったことを伝えました。

日本人がこうやって海外で稽古していると、師範ぐらいの人になるとうれしいみたいです。
にこにこと微笑んで、肩たたかれました。

こうやってよその道場へお稽古しにいくと、合気道を通していろんな人と出会って、共通の話題をもてておもしろい。 うちのセンセーが今度セミナーをこの道場でするかもしれないから、また来る機会があるかな。 また、来よう。


スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。