すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

バケーション前に 

今朝、高速で無理やり大型トラックに前に入られ、もう少しであたりそうになった。 

追い越し車線を走っていたので、その車線に入ろうと方向指示器を出していたトラックを斜め前に見てたんだけど、ワシントン州は大型トラックは追い越し車線を走っちゃいかんのですよ。  スピードでないし、大きいしで容易に車線を行き来できないから、交通の妨げになるからだと思う。

しかし、トラックはブリティッシュコロンビア州プレートでしたわ。 やっぱり、B・コロンビアンは運転が荒い。 (バンクーバーで何回恐ろしい思いをしたか)

だから、マジで入ってこられるとは思わず、入らないように前の車と間つめてたのに、もう無理やり・・・。 トラックのしっぽで私の車の先を払われそうになった。 ムカッときたんで、音ならして、さらに携帯カメラでライセンスプレート撮ってやった。 

走行車線に移って、抜かすときにペンで自分の手におもむろにライセンスプレート番号書きとめてやったんだけど、運転手見てたかな。 リポートされるとちょっとおとなしく走ってくれりゃいいけど・・。

かなり前に似たような感じの入り込みをほかの人の車で見たことあったけど、あれはもっとひどい入り込みだったんで、またプレート番号を書きとめていたら、運転手が見たのか、私の走っているずいぶん後ろに下がっていってしまったっけ。 カバたれ。


閑話休題。(あってます?)

隔週恒例の針治療とマッサージ行ってきました。 

腰痛と背中上部の痛みの治療にまだ奮闘しとるのですが、もう最近はあれこれ試しつくして、結局緩和のための針とマッサージ、それにビタミンやら食事療法、家でヨガポーズやストレッチ体操などですごす毎日。

なんか、痛みとつきあう・・なんて記事やらよく見ますが、ほんとそうなんだと思う。 誰からも、「腰痛は治らんねぇー。」と絶望的な言葉をかけられるんで、もう長い目で見るしかない。

で、この針とマッサージは、私が散々シアトル近辺で探した唯一医者のライセンスを持っている人。 マッサージだけとかカイロプラクティックだけとかで医者のライセンス持ってるひと、もしくはただ針だけ、マッサージだけのライセンスを持っている人はいっぱいいますが、それで医者(メディカル)ライセンス持ってる人はなかなかおらんのです。

しかも、このドクター、若いのに(私よりおそらく1つくらい年下)ナチュロパシーというビタミン、ミネラルなどの学科でもライセンス持っていて、さらに簡単なカイロプラクティックもやってくれます。

なんと便利なドクター

料金が別でなくて、場所も一箇所で済むのがうれしい。

まだ若いからやる気も満々だしで、私の悪いところを一生懸命診てくれるし、考えてくれるのがうれしい。 そこそこの大きさのクリニックに行ってたときは、主治医もスポーツ外科医もなんだか適当だったし・・。

トシが近いせいか、まるで治療中は友達みたいにおしゃべりしてるんですわ。

今日はカイロプラクティックな調整もやってもらって、気分は爽快・・・っていうかやってもらった後数時間はだるいんですが、夕方にはだいぶ気分はいい。 でも、これが2,3日くらいしか持たないのが悲しい。 

そのうち治ることを目標に、今度はベッドを腰痛にやさしいものに買えられたらなぁ。 なにがやさしいんでしょうかねぇ・・・。 テンプピューディックとかなんとかっていうのはえらく高そうだし。


ま、いいや。



スポンサーサイト

△page top

にわかエコ人間 

とうとうシアトルでもエコが本格的になってきた(らしい)。 来年の一月からスーパーでナイロン袋を一枚いくらか取られるらしい。 お持ち帰りの弁当屋なんかもナイロン袋やスチロール系の入れ物がいちいち市からお金取られるらしい。

確かにあのナイロン袋がたまるとだんだんうっとおしくなるし、道端にふわふわと飛んでると、

ええぃ、誰がほったらかしたんや。
注※ほおっておいたの意

と舌打ちしたくなる。

でも、日ごろからそれなりに会計節約している人にすると、スーパーの袋はゴミ袋にちゃんと使っているので、それがなくなると、

ゴミ袋を別に買わないといけない。 
     ↓
ゴミ袋の需要が増える。
     ↓
ゴミ袋の生産が増える。
     ↓
ゴミ袋の原材料の需要も増える。

全然、エコになってないんじゃ?

そのゴミ袋も結局、ふつーの材料でできたものを私たちのような貧乏人なんかが買うと、結局石油系資源の需要もおんなじでないの? と、思うのは貧乏人の考えだろうか。

それなら、とエコなゴミ袋が出てるらしいと地元の日本人情報誌にあったので、ネットでどこに売ってるか探してみた。 結構地元のチェーンスーパーに売ってるとある。

・・・・3箇所行ってみたが、売ってるのかどうか、見当たらない。

ネットで探してみた。

トウモロコシでできた25袋入った箱は、$5.95くらいする。

たっかーーーーい。

市役所からごみ種類別に袋を買わないといけない日本在住の方々には申し訳ないが、ゴミ袋なんて、ほとんど買ったことがない私には高いとしか言えない。 ふつーの材料のゴミ袋なら30-40袋入って$3.29とかですよ。

そんなぶつぶつ言いながら、スーパーに行けば、昔ながらのペーパー袋や持参のエコバッグを持ち歩いている人がえらく目立つようになってきた。 これも市の「ナイロン袋の金取るで」政策のたまもの?

それで、私もちょっと自分の袋を持ってスーパーに行ってみた。 母が何か荷物を日本から送ってくれたときについてきた軽いトートバッグである。

なんと、スーパーのバスケットにいっぱい入っていた食料品がすっぽり入った。 

いつも、アメリカじゃスーパーのレジで会計が済んだらその場で、キャッシャーさんか、横にアルバイトの若い子が着いたりして、買ったものを袋にさっさと詰めてくれる。 そのとき、へたくそな詰め方をする人はまだ入るのに、これでもかというくらい袋をいくつにも分けて詰めてくれる。 店から出るころには4つも5つも袋を抱えることになる。

それが、私が持っていったバッグに重いものを下にして・・・と全部入るように考えて作業することになるので、なんと詰め方もいい加減差がなくなった。

しかも、私のバッグはストラップがちょっと長めで肩にかけられて、両手が空く。

おおおおおお~。

エコバッグも悪くない。

と、思った私はそこから、エコにはまる・・・んでなくて、自然食品やそれを扱うスーパーにはまってしまった。 以前は高いと避けていた店である。 そこへちょっと足を向けて、それぞれのスーパーの名前が入ったエコバッグを買うことにもはまってしまった。

ごみ袋を買うことをしぶったくせに、買い物袋に金を出す自分がちょっと情けないが、買ってみて結構ご満悦だったりなんかもする。

助かったのはエコバッグが1ドル、それ以下の格安だということ。

eco
自然食品スーパー代表2件から買ったエコバッグ。 
あと、まだそういう店が2件くらいあるんだが、買おうかどうしようか迷っている。。。

日本でももうホールフーズのエコバッグは売っている。。。これってコレクターズアイテム?




テーマ: エコロジーライフ

ジャンル: ライフ

△page top

日常の七不思議・その1 

うちの会社の事務所に同じ階の3つ手前にある保険屋さんのお客さんがよく迷い込んでくる。 それも結構な数。 たぶん一ヶ月に1,2回は少なくとも。

今日もひとりヒスパニック系の男性が「スペイン語しゃべる?」(っておそらくスペイン語で言ったと思う)って事務所に入ってきた。

その保険屋さんによくヒスパニック系の人が来てるようなんで、「保険屋探してるんでしょ?エレベーターの前ですよ。」と(英語で)教えてあげたら、「サンキュー」と出て行ったのだが、思えばつい先週末も一人黒人の女性が入ってきたっけ。 

なんで、入り口のドアに会社名が書いてあるのに、うちに来るのか・・・?

なんで、エレベーターや階段からほかの事務所が3つくらいあるのに、長い廊下の終わりにあるうちの事務所に迷い込んでくるのか?

不思議で仕方がない。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。