すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

同居人の誕生日プレゼント 

めずらしく一週間以内にまた更新です。

来週末は同居人の誕生日。 なんですが、来週はまたいろいろとやることがあるので、今週のうちに同居人の誕生日プレゼントをゲットすることにしました。 

「何がほしいん?」

一応聞いてみました。 しょっちゅうころころと気が変わる奴なんで、念のため。

「タトゥ入れたい。」

え?

別にやくざみたいだから、嫌だっていう意味ではなし。 出会う前からすでに中くらいの大きさとはいえ、3つすでにタトゥ持ってる奴なので、またほしいと前からぶつぶつ言っていた事だし、驚きはないけれど、タトゥというのはとにかく、高い。

ものすごい時間と労力とアートセンスが必要だから、高いのもわかるけど、しかし、高い。(何回でも言っちゃる。)

そうっすねぇ、直径10センチくらいのタトゥで、カラーがいろいろ入ってたら、それでもう200ドルは軽く超えるらしい。

同居人のほしいというリクエストにもちろん、私は予算をつけましたよ。

「150ドルくらいまで」 (タトゥ入れたことある人にはケチって言われそう。)

かなり、チープなタトゥになるかもしれないけど、同居人いわく、タトゥは色が入ったり、図案が凝ってくると一日では済まないので、大概は何日おいて、また続きをやるらしいのです。

でも、同居人の入れたいのは息子チビの名前のイニシャルを3文字(名前、ミドルネーム、苗字)だけらしく、色も黒だけなので、そんなにかからないだろう・・ということで、タトゥショップに出かけました。

お天気もよくて、タトゥにもってこい(?)。

タトゥを入れるところをチビにも見せたいというので、3人で出かけたのだけど、地道に作業する間、タトゥを入れる人、入れられる人はじーっと座って作業してなきゃいけない。 見てる私らは最初はいいけど、あとは退屈でないかと、本もって行きました。 

でも、決めたお店がダウンタウンだったので、退屈してきたら、チビつれて近所をうろうろ。 
幸いにおもちゃ屋がすぐ近くにあって、そこで時間つぶしてると、あっと言う間に同居人のタトゥも終わった様子。 

結局作業は1時間程度でした。 

で、これがそう。↓

tatoo


彫った後、ちょっと出血もするので、ラップをかぶせてテープでとめてくれます。 
また、感染とかしないように、薬を2,3日分くれました。  

よく、好き好んでそんな痛いことするねぇ、、、と言いながら、帰途に尽きました。

私の針治療なんて、一瞬だし、医療だし、これでよくなるかも、、と思えば、痛さも我慢できるもんですが、タトゥなんて、皮膚が薄いところや骨に近いところは、ジジジジ・・・・と機械で彫ってたら、かなり痛いらしいんですわ。 それを何時間とかですよ。

かなり凝ったタトゥとか大きなものをいれるときは、平気で8時間とかかかるらしいんです。

そんな痛いのもやですが、値段が高いのが私にはもっと痛いかも。












スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

針行ってきた 

最近東洋医学がずいぶんアメリカでも浸透してきたと思う。
こんなに針治療師や指圧師がいるとはリサーチしてみてびっくり。

かれこれ悩んでいる腰痛治療に主治医、フィジカルセラピー、整形外科医、カイロプラクターなどなど試してきたが効果があまりでないので、とうとう針をやってみることにしました。

これも一回では結果がでないらしいので、今日行ったところで、

ちょっと眠い。

ぐらいの感想しかでませんが、これも針のひとつの効果だそうな。(そなの?)

日本ではこういうものにお目にかかる機会がなかったので、比べられませんが、アメリカだと針や指圧は針学校や指圧学校で資格が取れれば、治療ができるらしいので、別に医者の資格は要らないらしい。

で、それだとただ治療してもらって、症状に向いてれば効果がでるだろうし、というばくちを打つようなもの。 また、私の場合原因が不明確なので、私針が効くか、マッサージが効くのか解らないので、は調べましたよ。 医者の資格をできればもってて、針とマッサージする先生。 でもって、保険が効く先生。

なんと、シアトル市内で一人しかいませんでした。

ちょっと遠いけど、もう背に腹は変えられない。 
朝から走りました、もちろん、車で。

診察と治療でなんと2時間もかけてくれました。
針とマッサージの先生なのに、ずいぶんと主治医のような対応で、事細かく私の健康状態と受けた治療について質問されました。

針を打ってもらったのは質問されてから一時間くらい経ったあと。
それでもって、処方?というか、渡された薬はサプリメントのボトル2本。

3000円くらいしましたけど、もう高いとか節約してる場合じゃないので買いました。

これで効いてくれればいいんですけども。

あと、腰痛にヨガがいいとも聞いたので、DVDでも買って家でやってみようかと。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

お疲れ気味 

調子が悪いときに、悪いことが重なるもんです。 よくそんな日をこっちでは、

"Today is not my day"(今日は私の日じゃないや。)

なって言い方しますが、昨日は散々で、今日はその余韻が残っておりました。

最近朝が早いことで、朝に弱い私は昼すぎでもうくたくた。 昨日は仕事でかるいチョンボから始まり、今朝にはかなり大きくなっていることに気づきました。 しかも、昨日は道場で後半ぼろぼろで、シンプルな動きがどうしても覚えられず、センセーは怒ってるし。。 

帰ってきて、泣き枕でふて寝しました。

何事も疲れていてはベストの状態で望めないということをつくづく実感。 最近の早起きと週4回の合気道、そのほかでなにやら忙しく、昨日は頭があまり働いてなかったようです。 

今日はお稽古もさぼり、家でこのブログを書いてます。 

ちょっと、しばらくゆっくりお休みしようと思います。 ストレス発散のために始めた合気道も、逆にためてたら意味ないっすね。

反省。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

最初の母の日 

昨日、初めて「母の日おめでとう」カードいただきました。 同居人の息子、チビがちゃんとカードを用意していたようです。

日曜日の朝、いつも私たちより早く起きてTVゲームやってるんですが、まだぐーぐー寝ている私たちの部屋のドアあたりで、がさがさいってるので、敏感な私はなんとなく目を覚まして、「また私らがまだ寝てるのかさぐってるのかな」と思ったら、どうもそのカードの入った封筒をドアの下から部屋へ差し込んでいたようです。 ドアの下のカーペットに転がってました。

土曜日に、チビから「初めての母の日だねー」と、小生意気なことを言われて、「ああ、母と思ってくれてるのか。」と改めて感じましたが、ほんとうに祝ってくれるとは思いませんでした。

日曜日の午後は、同居人と彼の両親の家に、ちょっとしたプレゼントとカードを届けにいきました。 同居人ママからもなぜかプレゼントいただきました。 「チビのママでいてくれてありがとう。」という言葉とともに。

まだ実感わきませんけど、そのうち自分の子供が生まれたらもっとわくんでしょうかね。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

昨日の出来事 

なかなか更新をするモーチベーションが持てない、すまいるであります。 ようやく、今日夜になって、余裕がでました。 

なんだか、ここ数週間ぴりぴりと緊張した空気が自分の周りに取り巻いているような気がするんです。 余裕がない証拠ですな。 小さなことにイライラしたり、そんな自分にまたうんざりしたり。 ほっとする瞬間がほしい今日このごろ。

昨日のことなんですが、会社の仕事で出かけていたときのことです。

倉庫や工場が並ぶ一画の道で、対向車線の道の真ん中で止まっている大型トレーラーがいました。 よくトレーラーが配送に倉庫の敷地に入るために許可待ちして、道の真ん中に止まってることがあるんで、とくに妙だなとも思わなかったんですが、そのトレーラーが止まってる先の路上を何かが横切っているのに目がいきました。

ん?毛皮??

風も吹いてないのに、毛皮が路上を這うわけがないのに・・・と、よーく見たら、

なんと、アヒルのお母さん率いる6,7羽ほどの子あひるでした!

いや~、お母さんの後をちょこちょこと超早足で続いて走っている子アヒルたちの姿がまた滑稽で、かわいいやらで、おもわず、爆笑してしまいました。

そのトレーラーの運転手はあのたかーい運転席からよく気がついたもんです。 アヒルの横断に気がついてどでかいトレーラーを止めて、道を渡りきるまで待っていた様子。

私も目が悪いわりに、気がついてよかったです。

親子が渡りきったら、トレーラーも私もそろそろと車を進めたのですが、お互いすれ違ったときに、トレーラーを運転するおじさんも爆笑してて、私のほうを同意を得るように見てました。 思わず私はおじさんにサムズ・アップ。

ちょっと心がなごみました。

その日なんかいいことあるんでないか・・・と思いながら、その後運転してました。 会社に戻ったら、またちょっとイライラモードになったんですが、その晩、道場に行って、ちょっといいニュースがあり、家に帰ったら、なんと懸賞に応募したCDが当たってました。

やっぱり、心にゆとりと前向きさって必要なんだなと、しみじみ感じた一日でした。




△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。