すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

子供が親と遊ぶ時間 

なんかまじめなタイトルになっちまいましたが、同居人と出会い、その息子のチビと出会ってからとくとおもうこと。

アメリカならではの家族形態だからかもしれないけど、チビのように両親が離婚していて2つの家を週に月に何度も行き来するのがスケジュールされている場合、両親がそろってい屋根の下にいるのよりももっと親しか遊ぶ相手がいないでないかと思う。

親と遊ぶことが悪いというわけでなくて、なぜこう思ったかというと、チビが家にいる間耐えず、同居人や私におもちゃなどで遊ぼう攻撃がある。 つい私の子供時代を思い出して、こんなに親にあそんでー!とやっただろうかと。

親も少しなら相手にもできるが、半日ずーっとっていうわけにもいかない。 やらなきゃいけない家事やその他の家のこともある。 まずはエネルギーがそこまで持たない。 子供にはおもしろい遊びでも大人にしたら家の中の遊びはとくに面白いことは少ない。

子供が遊ぶっていうのは、子供なりの創造性、社会性を学ぶと昔聞いた。 なのに、親と遊んでばっかりでは、創造性は学べても社会性は学べないのである。 親が大概譲るわけだから・・・。

じゃあ、私が子供時代にはどうしたか? 弟と遊んだ。 近所の子供らがたくさんいたので遊んだ。 親戚の家にいけば、いとこと遊んだ。

チビの場合は?学校は母親と住む街の近くだが、アメリカの子供は必ずしも近所にいる子供みんなが近くの同じ学校にいくとは限らない。 スクールバスでひとつ離れた学校に行く子もいる。 うまく人種や生活レベルが混ざるようにするためと聞いたことがある。

母親の家はコンドー&アパートの集落で近所に子供はいるだろうが、以前聞いてみたがそんなに近所のこと遊ぶことはないらしい。 うちのアパートの近所にも夏場までは子供らがいたが、アパートがために、絶えず引っ越していったりして、ずーっと子供らがみあたらない。

たまに母親の兄弟の子供(いとこ)らと遊ぶことはあるらしいが毎週ではない。 


じゃあ、普通アメリカの家庭のこどもらはどう友達を見つけているのか・・? 

成長して自分であちこち動けるようになるまでは、親とやはり行動が常になりつつある。 それは、学校の帰りに一緒に友達と遊んだとか誰かさんの家に行ったとかは、セキュリティ(安全性)のために親が迎えにいったり、だれかおとなが一緒にいるべきなので、それはない。

アパートやコンドーなどの複合住宅だと、常に人が入れ替わり立ち代り入ってはでていくため、セキュリティを重視するためにゲートがあったり、ビルのメインドアにロックがあったり、ないビルだと各家庭の大人が時間をかけて隣人と仲良くならない限り、そんなに行き来はない。

それが一戸建て住宅の密集地なら、何年と長い時間住むので、隣人とも打ち解けてお互い行き来することもあるだろう。 そこで、子供も一緒に遊べる、親も安心して遊びに行かせられるのだろう。

そう考えたら、貧富の差が激しく、変人が増えている今日このごろ、おいそれと子供を近所へ遊びにも行かせられず、ますます子供は家の中にとじこもってしまうのかもしれない。

そう思ったら、はやく一戸建ての家がほしいなぁ・・とおもう私だった。 


でも、それがすぐには無理だから、おなじくらいの子供がいる同僚に聞いて見ると、同じ学校に行っている親御さんたちとうちとけたりして、親ともどもよく一緒になにか催しごとをするらしい。 

じゃあ、私も将来自分の子供ができたら、子供のいる親の友達も作っとかないといけないと思うので、今から作ってみよう・・・ということで、その同僚になんか催しがあったら、誘ってくれるように頼んだ。 

今度何かあったら、同居人とチビつれて、遊びに行こうとおもう。 きっとチビも友達ができるに違いない。



スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

これは使える 

足の痛いのが驚くほど早くなくなってしまった自分の治癒力に痛く感動した私は、早速稽古に行きましたとも。 火曜日、水曜日、木曜日と立て続けに道場に来る、道場フライ(注:フライ=蝿=いつもうろうろしている)の私が2日来なかったもんだから、土曜日に顔を出したら、奥からセンセーとLくんが飛んで出てきた。(ホント)

足を痛めてしまったのでお休みしたことを告げ、この日はちょっと手加減して参加することにした。 どうしてもこの日は参加したかったのは、センセーの久しぶりの講座だったのだ。

その名も

「短刀取り講座・その1」

まだ5級の私にしたら、短刀取りはまだまだ手に届かない技だけども、やったことのないものは当然やりたい。 だいぶ上級者クラスでも少しずつついていけるようになってきたので、思い切って参加することにした。

自分の技の向上だけでなくて、短刀取り(Knife-taking)はナイフで攻撃されたときに刺されないように相手を倒しつつ、ナイフを奪う・・・というものなので、うってつけの護身術。 習いたいっ、それだけですよ。


たぶん参加する人はそんなに多くなかったけど、その参加者の中で私が一番ランク低くてへたくそだった。 いや~、でも楽しかった。 へたくそでも、それなりに道場に顔を出してるからか、遠慮なしのセンセーからの愛のムチ?のゲキが飛ぶ飛ぶ。

「すまいるぅ~っ!手刀だ!手刀!」

はいぃぃ~~っ!

普通、お稽古中はだまってお稽古が原則なんだが、私はついつい、元気な声を出してしまう。 しかもハイっって日本語で。 

いや、あと思い起こせば、ぼろぼろな動きしてたな~。 なんか私ばっかりセンセーに注意されてたよーな。。 センセーが誰かが変な動きをしていたら、当人にそれを言うんでなくて、全員にその注意点をあげながら、正しい動きをデモしてみせる。

で、当人に畳の反対側から大声で名指しで言うことはほとんどない。 それによってはずかしいのか、気にしてちゃんとした動きができない人もいるからかもしれない。 でも、なんでわたしには遠くからゲキが飛ぶんだろうか。

私は気にしないから?

いや、ほんとにわたしは気にしない。 へたくそで、上級者とやってたら、もうしわけない・・・と言ってしまう初心者がいるんだが、そんなこと私はあんまり思ったことない。 少しはあるけど、それより、上級者をとっ捕まえて、

稽古つけてください。

とへーきで言う。

たぶんセンセーはわかってるんだろうな。 すまいるは懲りない奴だと。

私も遠まわしより、面と向かって言ってもらいたいタイプなので、うれしい。 


この日は覚えている限り、これだけやった。 以降合気道愛好家用ですが・・・

・胸突き三教
・胸突き小手返し
・正面打ち入り身
・胸突き呼吸投げ
・胸突き入り身(3,4種類のバリエーション)

攻撃するほうを受けと呼び、この短刀を持って突きや打ちおろしにくる受けを技で対抗するのを投げとうちの道場では呼ぶ。 

この受けが突きにくる短刀で、わたしゃ何度、刺されたことか・・・。

20回くらい死んでますな。

しかも、センセーに2回くらい注意されたのが、

「刃があるほうをつかんだらいかん。」

そう、短刀の背でなくて、あたしゃ刃のあるほうを手の腹に堂々とおしつけ、短刀を取っておったのです。 あほですねー。 手も切ってますねー。


この日はその1だったのだけど、来週もその2がある。 できたら行きたいなぁ・・・。
どう?旦那様?


 



テーマ: 合気道

ジャンル: スポーツ

△page top

師走ですな 

いや~。 すっかりお騒がせした足首の怪我、かるーい捻挫で終わりました。 一度手首を怪我してるんで、かなりあせったんだけども、辛抱強く冷やしたのと、あとはサポーターつけてなるべく足首を使わないようにしたのがよかったのか、一日過ぎるごとに痛みも腫れも飛んでいき、もうすっかりオッケー。 

土曜日にはどうしても行きたかった、道場での「短刀取り講座」に行っちゃいました。 2、3日お稽古休んだだけで済んでよかった。 でも捻挫はくせになるらしいので、気をつけて歩いとります。

さて、もう師走。 アメリカの師走はクリスマス前と後が勝負。 もち、ショッピングですわ。 日本のお歳暮がごとく、クリスマスプレゼントは慣習化されとるので、もうショッピングモールは人でごったがえし。 私らはだいたい12月に入ったら、行動を起こすことにしている。

でないと、最後までショッピングをほったらかしにしている人と商品の取り合いは避けたいので、仕事の帰りでも商品を探し、あちこちうろうろ・・・。

なんとか80%くらい終えました。

もー、このお義理のプレゼント止めんかねぇ。 私もプレゼントいらないから、あげるのもなしってできないもんかしら。 せめてギフトカードにするとか・・・。 それだったら、なんと簡単なんしょ。

時間をかけたくないのと、今年はさらに予算がきついので、同居人と私のお互いのプレゼントはメインひとつくらいをお互いほしいものをしっかりと伝え、あとは二人共同でほしいものを承諾の上買う。 これで無駄に余計なものを買わなくて済む。

なんと合理的な年。

でも、なんかそれもきつかったら、共同でほしいものだけ買っとけばいいじゃん。 
と横浜弁?かましながら、思うのであります。


アメリカには、ギフトレシートなるものがあり、買った人がそのレシートをつけて贈り物をすると、もらった人は気に食わなかったり、ほかの人からのとダブったりしたら、返品できる・・というシステムがある。 でも、それも一品、一品レシートを店からもらえたら、プレゼントにつけられるが、つけられないときは、、、。

気に食わん買ったら、eBayで売ってくれ。

もしくは、誰かのクリスマスプレゼントに使ってくれ。
 
マジな話こういうのもあるかもしれない。 冗談ではあるけど、めぐりめぐってプレゼントが最初に購入した人のところに戻ってきた・・・というTVコマーシャルがあるくらい。

今週はなんとかフィニッシュせねば・・・・。


あ、そうそう。 最近やたら凝ってるブログがあります。

それは、

そのまんま東・宮崎県知事のブログ

まるで知事の気さくで一生懸命な人柄がうかがわれるようなブログですぞ。 宮崎県の経済効果は結構なもんでしょうな。




テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

天罰? 

またですよ。 また、怪我したみたい。もーいや。

昨日のお稽古は初心者クラスなのに、まったく初心者がおらず、先輩方と中級技を練習した。 

やったぁ~と飛び受身をなんどかやってみたら、どうも一度着地がまずかったときがあり、足首をまた変な風にたたみに打ち付けたんだな。 その瞬間、痛いっと思ったんだけど、すぐ立てたし、あとは普通に稽古してその後の道場掃除も難なくこなし、家に帰っても普通に歩き・・・

しかし、4時間後の11時過ぎになって妙に足首が痛んできた・・。寝る間際にはもうえらく痛くて、足を下にしていると血が下がってまた痛い。

アイスノン乗せて、同居人が使ってた足のサポーターつけてみるが、ベッドに入っても痛くて寝られない。 3度くらい起きて、キッチン横のカーペットに寝転んでアイスノンをジッとあてて、痛み止めの薬を飲む。

薬が効いてきたら、眠気がでてきたのでベッドにまた入ることにしたが、しばらくはどの位置で寝ても痛い、痛い。 まいった。

いつの間にか寝たのか、朝にはずきんずきんという痛みはほぼなくなっていた。 小さな腫れも引いていた。

よかったぁ~。

地面に足をつけて一応びっこひきながら歩ける。 サポーターつけて会社に行った。 これだったら、2,3日安静にしてたら普通に歩けるかな。

しかし、お稽古はお休みか・・・。 ああーーーーー。 悲しい。


親不孝の天罰かしら・・。





テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

初雪でした 

もう師走。早いもんですな。

かなり久しぶりにシアトルきっての日系スーパーに同居人、チビともに行ってみた。 もう正月のものが売ってある。 

餅はぜったいまた買わねばなるまい。 年越しそばは去年食べ損ねたが、たぶんこちらじゃカウントダウンで年越しを祝うので、どっか出かけてて友人たちとバーで乾杯するだろうから、買わなかった。

が、年明けの餅は絶対食べたい。子供のころからの好物なんである。

だが、買うのはちょっと早いので、今日買うのは止めた。 でも、日本酒は買ってしまった。 一番でかい一升瓶がなんと中瓶と同じ値段? んー、いつもそんなに金を使わないので、ちょっと余裕がでてホリデーだから、と買ってしまった。 同居人に3日で飲み干されないように気をつけねば。(すごい酒豪なのよ。)

チビが大人のショッピングに退屈しては・・と、今日は多めに見てお菓子を買ってあげた。 しかし、日本のお菓子というのはいろんな種類があるもんだ。 子供を魅了するためにおまけやらがやたらついている。

アメリカだったらシリアルくらいじゃないか?おまけつきというのは。

そんなで、買い物終えて、店を出ることには天気予報どおり、雪混じりの風がふぶいていた。

初雪だ。

雪が降って喜ぶのは犬と子供だけでない。 大人もなんとなくうれしいもんだ。 チビは大喜びで犬のようにはしゃいでいる。

家にさっさと帰らねば・・・。 帰ってきてから、すこーしだけ積もった。 薄化粧の外の景色を窓から眺めて、お茶を飲みながら、暖かく過ごす。 帰宅途中に街角で見かけたホームレスのおっさんが寒そうに突っ立ているを気の毒に思ったことを思い出した。

温かい家があるだけ幸せだな。 



テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。