すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

青春カムバック 

わたしにしてはめずらしく1週間も体の調子などで、合気道のお稽古お休みしちまった。 昨日はその1週間ぶりだったのだが、ちょっと動いただけで、クラスの後はあちこち痛めたところがまた痛い・・。

首のあたりの神経をどうかしてしまったのか首が回らず、無理やりまわすと痛かった。 それと同時に持病?の胃痛から肩こり、しばらくわずらっている腰痛。

もー、トシとしかいいようがない、この病気のオンパレード。

せっかく、打ち込めるお稽古が見つかったのに、この30代後半から始めるって無謀だったんだろうか。


今まで、人生後悔のないように生きてきたつもりだけども、生涯目標になるようなものを持てなかったのは、すこーしだけ悔いが残る。

若いときに始めてたら、また年取ってきた今頃はもっと若々しい?身体でいれたかもしれない・・。(合気道を何十年もやっておられる方なんかすごい気も身体も若い。)

もう少し早く合気道に出会ってればよかったっす。

ま、それは仕方ない。 年取ってもできるっていうことで始めた武道なわけだし、これからゆっくりと学んでいくしかない。 

そのうちもう少しうまくなったら、体が痛くないような動きができるかもしれない。


今日はだいぶ腰はマシだし、首もマシだし、手首もマシだし、あとは右肩だけ。 これがなんで右だけ痛いのか、よくわからず、最近医療系ネットサイトで調べる毎日。 すっかり、医療用語に強くなってきた。

体は痛いけど、得るものがあったか?(医療用語?)


その一週間ぶりに戻ったお稽古は、センセーも外出でJ先輩とほかの道場から来た顔見知りの黒帯お2人と私だけ。

自由技が練習できるかもっ! とわくわくして始めたはいいが、たった1週間のブランクと胃痛、腰痛、肩、首筋の痛みでしばらくしたら、また呼吸困難状態。

もーいや。

体術を少しやったら、木剣やることになり、ほっとした。 体術より武器のほうが動きの激しさが減るから、呼吸困難にはなりにくい。(情けない)

しかも、よその道場からきた黒帯お二人はどうも、体術ばかりいつも中心に練習してるらしく、組太刀のほうはあまり覚えておられないようす。 これもほっとした理由。

だって、5級の私が対等に黒帯とお稽古できるのって、練習量からいうとこれしかないし。


1時間半のクラス時間のあと、J先輩とその黒帯お二人は体術の自由技を練習していた。 見てるだけでおもしろい。

しかし、黒帯の一人はわたしよりずーっと若そうな、また小さな女性だったのだけど、まあ、体力あるある。 一人でその人よりも大柄なJ先輩ともう一人の黒帯のRさん(男性)の受身を10分くらいストレートで受けていたのに感心、感心。 (それに比べて、大柄なJ先輩、途中5分以内で疲れたとリタイヤ。 おいおい・・。)

いったいこの人(女性)いくつだろう・・・と考えていたのは私だけかもしれない。 

ああ、若いっていいなぁ・・。(わたしゃ、若いときから体力なかったけど。)


で、タイトルに戻る、と。



スポンサーサイト

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。