すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ウェディングはコミカルに・馬子にも衣装の巻 

前記事の「ウェディングはコミカル」シリーズはぜんぜんコミカルじゃなかった。 やはり謳ったからにはコミカルにいかねば・・・。

ということで、今度は同居人の衣装のこと。


同居人という人間は仕事も肉体労働系、趣味も肉体労働系(ロックドラム、キャンプ、TVゲーム←?)。 そんな奴の普段の服装は

Tシャツとジーンズ。

どこへいくのにもTシャツとジーンズ。 クリスマスに両親にもらった服はかろうじて長袖ニット。 でも、カジュアル。

事務職系の面接受けるのにボタンのシャツとスラックス買ってみた。でも、ネクタイはなし。 締め方知らないから。

まだ暑いからネクタイ無しでもいいじゃん。で、そのときは済んだ。でも、どうしてもネクタイ必要だったらどーする?

「以前もらった黒のネクタイあるもん。」

おまいは面接に葬式ネクタイしていくつもりか?


今回、結婚式につき、本人は当初、ローン屋である親友のアルマーニのスーツをもらって(太って着れなくなったから)、手直しして着るつもりだった。 スーツをその親友の家に見に行った。

「このスーツはオレが一度目の結婚式で着た奴なんだよねー。」 ←現在2度目の結婚中。

そんな不吉なスーツ着れるかっ?


で、結局近くのメンズスーツ屋に行って見たところ、タキシードでもレンタルするか・・と考えていた同居人だが、私がゴージャスなドレスを購入したことで、ちょっとさりげなく見栄えがする服で、一度きりでなくて、次も着れる様なスーツが欲しくなったらしく、奮発する ことにした。

店であれこれスーツやシャツを着させてもらって、棒のようにつったっている同居人。 ボタンくらい留めなさいよ・・、と言いかけて思わずぼやいてしまった。

ひょっとしてボタンのあるシャツをあんまり着ないから留め方知らないとか?


世話してくれたのは、過剰に愛想のいい店員のおっちゃんだったが、なかなかスタイルのいい濃いグレースーツを持ってきてくれた。 

「変なもの勧めるとこいつが生涯ついて回っていくぞ。」と私を妖怪呼ばわりするようなコメントをそのおっちゃんに浴びせかけたからであろうか。

私のドレスにあうよなサテン布地のさりげなくラインが入っている白いネクタイを白いシャツとともにスーツに合わせてくれた。あれもこれも靴や靴下まで勧められそうになったが、それはあると同居人はうまく拒否。 

「ネクタイは黒いのがすでにあるんだけど。」

だから、結婚式にだれが葬式ネクタイをするねんっ!?

半分マジにおっちゃんに言いそうになったので、あわてて留めた。

結婚式に黒いネクタイしてたら、はったおすぞ。


このスーツの仕立て直しもこの店で無事に済んで、今はクローゼットで出番を待っている。 


スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

ウェディングはコミカルに・衣装手直しの巻 

最近、だるい。 道場に行くのもけったるくなるくらいだるいです。 で、昨日道場行くのをさぼった。(知ってる人なら『え~ッ?!』という声が上がりそう。)


って、いっても昨日はドレスのサイズ直し、手直しをしてもらっていた女性のところへドレスを取りに行ったので、そのまま道場へ行っていては遅れてしまうのは避けられなかった。

・・・・という口実でお休み。


そのドレスのサイズ直しだが、前記事のドレスの巻で書いたかもしれないが、私のサイズはアメリカサイズで”0(ゼロ)”であった。(日本なら、6か7とかだったような・・・)

だから、手直しっていうほどの余裕はない。 だけど、さすが手足のながい欧米人用に作ってある。 ドレスのすそが微妙に長い。 でも、

ドレスって引きずるもんじゃないんですか?

陳腐な質問? そのドレスは腰からまっすぐすとんと下に落ちて、テール(尻尾)があるタイプのドレス。 前が床すれすれがいいとしても、後ろはどうせ引きずるんである。

手直しがいるの?と思ったんだが、面倒くさい、金かかるの嫌だ・・というロマンチックもかけらもない私の文句に同居人ママとお姉ちゃんは口そろえて言う。

「直してもらいなさい。ウェディングドレスは、花嫁の体系にぴったりくるものよ。」

あー、やれやれ。またやることが・・・と罰当たりなことを考えながら、ドレスを購入した店に紹介された仕立て直しを内職されている女性のところへもっていった。

あのー、あんまり直すところないんですが・・。

ほんと、すそを4、5センチつめて、ストラップを少し短くしてってなくらい。 ただ、すそに部分レースが縦に入ってて、周りにビーズがついていたので、面倒なすそ直しになりそうなことくらいだろうか。

あんまり大した仕立て直しでもないからか、女性がテールを引きずらないように、また手でいつも持ってなくてもいいように、お尻の下辺りで引っ掛けられるようにうまくカムフラージュしたフックを付けてみる?と提案してくれた。

お安い仕立て直しになりそうだったので、お願いすることにした。

それが昨日できあがったので、取りに行って試着してみたのだ。人のよさそうなその女性はいろんな花嫁のドレスを仕立て直しという仕事をして、楽しそうである。 自分のことのように、うれしそうな顔をしている。

仕立て作業をしている小さな部屋には今まで仕立て直しをしたお客さんからと思われる写真がボードに貼ってあった。

あまりににこやかなその女性の顔と気軽な会話でつい言ってみた。

「式で写真を撮ったら、送りますよ。」

喜んで住所を教えてくれた。

いい写真が撮れるといいんだけど。


あ、仕立て直し代は、破格のお値段でした。。。(ありがたや・・)


△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。