すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

またしてもテスト 

うちの道場は、「パーティやるよ」と告知すると、なぜかお稽古にくる人数が増える。 パーティなしでも稽古に来いよぉ~。 そのうち、道場の七不思議とか考え付きそう。

その人数が増えた日にセンセーが爆弾落としてくれた。

「来週テスト(昇級審査)ね。」

えええ~っ

3月に6級もらったばっかりですが・・? そういえば、もう4ヶ月経っている。 そんなきっちり日にちで審査って言われると思ってなかった。 目安だと思ってた。

まだやったことない技が5級必須課目・・じゃなかった、技にあるのに、来週・・はない。 

また、クソまじめで、負けず嫌いの私はそうなると、テストまでにいつも以上に稽古にいく。 それが今月はウェディングの準備ラストスパートで週末も忙しい。

センセー、審査の日延ばしてくださ~い。

ウェディングの後にしてほしいという私のリクエストに「なにぃー、一ヶ月もー?」と渋い顔のセンセーだったが、2,3週間延ばしてもらってもウェディング日に突入してしまうので、いっそのこと後のほうが集中してお稽古できるから・・・、

と、いうことで理由を聞いたセンセーは承知してくれた。 ほかにも同時にテストの人が3,4人ほどいたのだが、1人を除いて1ヶ月延びた。

ほっ。

ですわ。 やるなら、なるべく完璧に近づけたいからねぇ。


その、除かれた一人だが、この人は最初私と同じ日に6級を受けるはずだったのだが、どっかをいためたとかでお稽古にも顔を見せなくなり、ずるずると家の改築で忙しいとかで、お稽古の日が少なくなり、やっと顔を見せ始めたかと思うとまた、審査になると、顔を見せなくなり・・と数回繰り返したことがある。

今までこういうことする人がいなかったのか、センセーは最初疑わしく思わなかったのだが、こう何回も審査ごとにいなくなると、おかしいと思い始めたらしい。 

しかし、今回はもう

にげられませんよ。

彼だけは審査日延期とはなりませなんだ。


しかし、前回の審査で彼とともに「審査ねっ」といわれた年配の男性も審査日直前になって、「家の改築が・・」と言って数ヶ月のお稽古お休み宣言をしてしまった。

なんで、逃げるときの口実がいつも家の改築なんだ?


審査への準備ができてないなら、センセーに話すればいいのに、先輩捕まえてお稽古頼めばいいのに。 技がどうもしっくりできないから、先輩にお稽古つけてもらえばいいのに。

そうやってる人って、6級以上の人しかいないんだが、なんでだろう。
私は無級のころから、やってたけどなぁ。 

ま、級とか関係なくのんびり合気道やりたいのかもしれない。 目標かかげてまっしぐらの私とは違うのかも。

その私も、6級取った後、ちょっと寄り道もいいかなぁ、とのんびりお稽古だけ来ていたツケが回ってきた。 5級の技でやったことないのがある。

ああ、やぱい。




スポンサーサイト

テーマ: 合気道

ジャンル: スポーツ

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。