すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

侍ドラマ 

昨日の仕事帰りにふと自分の手首の内側に目がいって愕然とした。

てっ手首に濃い毛が生えているっ

ああ、これって合気道バカ伝道入り? (参照→33番) わたしゃ男か?


最近その合気道のせいか、昔から好きだった時代劇がさらに最近見たくなってしかたない。 おもえば合気道は運命の出会いだったのかもしれない。(いうだけはタダ)

その思いが高じてか、道場の先輩で日本語ペーらぺらのJ先輩(Jから始まる名前の人多いなぁ)が、なんと16枚のDVDからなる大河ドラマ「新撰組!」を貸してくれたのである。

「日本語だけで、英語の字幕ないから、同居人さん見れないけどねー。」

いや、同居人のことはどうでもいい。(うそ) 同居人がいないときにでも見るさっ、と週末に奴がいない時間に2エピソード、さらっと見てしまった。

前から幕末のあたりに興味あったが、おもしろいっすねぇ。 なかなか、香取くん(名前あってたっけ?)の近藤勇が板についてますよ。 たしか近藤勇ってもっといかいつい顔立ちしてたはずだが・・・・とつっこみいれながら。

次の日おもしろいのでまたもう2エピソード見ちゃった。 その日は同居人が二日酔いでリビングのソファーでぐーすか、うんうん昼寝してしているときだった。

途中で起きた同居人。 オールジャパニーズの時代劇ドラマを見て、「何がどうなってるのかわからんじゃないか。」と文句を言う。 これは私のためのものなのだ、だまって画像だけ見てろ。 と、こころでつぶやきながら、多少説明してやる。(全部はやらない)

しかし、あの時代をビデオみながら英語で説明って難しいですわ。 だって、政治や習慣や何もかもが今と違い、さらに同居人にとっては文化も違うわけで・・。

桜田門外の変のシーンがあったのだが、何でたくさんの侍が乱闘しているのか・・? 水戸藩がですね・・、あ、藩ってなんていおう。と、どもっているうちに

シーン終了。

あの時代の名前や言葉を現代日本語に直すのもすぐにぴんっとこないのに、英語なんてもっと来ない。

結局、ひとつのDVDが終わるまで、奴はほとんど画面を見ていただけ。 


ああ、NHKさん、今度大河ドラマをDVDで販売するときに、英語の字幕もつけてくれんでしょうか? 私の仕事が楽になります。

世界中の侍フリーク(オタク)に、きっとDVD売れますよ。




追伸:タイトルと内容がマッチしていなかったことに気づき、一日経って変えました。 タイトル書いてから、ほかの事してたのがいかんですな。

スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。