すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

食ってしゃべって 

週末に道場のJ先輩と彼の奥様(って彼はパートナーと呼んでるけど)を晩御飯に招待した。

何度もこのブログに登場する日本語ぺーらぺらのJ先輩である。いろいろ同居人とも話が合いそうだったので、ご飯にご招待してみた。 

結果、おしゃべりに花が咲き、というより、ディスカッションに近かったが、女性軍がなんとなくお開きのしぐさを見せなかったら、あのまま日付変更線を越していたかもしれない。


ご飯のメニューは直前までかなり迷ったんだが、4人でつっつきやすく、量があり、手軽で無難なものとして、中華にしてみた。

①チンゲンサイときくらげの炒めものあんかけ、ジンジャーポーク添え
②白身魚から揚げ、ガーリック風味南蛮ソースがけ
③オレンジチキン

J先輩と奥さんがどれだけ食うのかさっぱりわからなかったが、結構大男のJ先輩と日本人の奥さんのこと、結構食うに違いないと量を作ったつもりだったが、

食う量は予想以上だった

同居人は食べるときと食べないときの差が激しく、まだアジア系料理は量が食べられない。 私のほうが食う量が多い。

だが、日本に留学したりして何年か住んだこともあるJ先輩、さすがにごはんも食う量が違う。

ご飯3杯も食っていた。

「いただきまーす。」と日本風に食べ始めてから、早食いの大食らいの私がまだお茶碗の半分もご飯食べてないのに、もうお茶碗のご飯なくなってた。 

いや~、ご飯4合炊いててよかった~。

ご飯がなくなったのを見て、私がよそいであげようかと手を出したのだけど、「大丈夫」とジェスチャーして、さっさと自分でご飯をよそう先輩。 なんだか、余計な気遣いもなく、おいしいとばくばく食べてくれるあのお二人に感動した。

これこそ、料理人としてつくり甲斐があるというもの。

 
おしゃべりもほとんど先輩と同居人とのディスカッション。ロック音楽の話に始まり、仕事のこと、政治のこと、歴史のこと、宗教のこと。 最後の政治と歴史と宗教の話はアメリカ人のお得意分野。 先輩や同居人もまた雑学の鬼どころか、専門分野の鬼だから、話はとぎれない。

「なんでそんなこと知ってるのよ?」

ってなこと知っている。

ここまで知ってると、笑いのネタになる。(さすがに日本酒を米からどう造るかを先輩が説明したのを聞いたときにゃ、笑ったよ。)


よほど、話が合って、味覚も合って気に入ったのか、「また晩御飯にお互い招待し合おう!」という先輩。

『ご飯作るんは女性軍なんだけどな。』

きっと先輩の奥さんもそう思ったに違いない。







テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

またしてもテスト 

うちの道場は、「パーティやるよ」と告知すると、なぜかお稽古にくる人数が増える。 パーティなしでも稽古に来いよぉ~。 そのうち、道場の七不思議とか考え付きそう。

その人数が増えた日にセンセーが爆弾落としてくれた。

「来週テスト(昇級審査)ね。」

えええ~っ

3月に6級もらったばっかりですが・・? そういえば、もう4ヶ月経っている。 そんなきっちり日にちで審査って言われると思ってなかった。 目安だと思ってた。

まだやったことない技が5級必須課目・・じゃなかった、技にあるのに、来週・・はない。 

また、クソまじめで、負けず嫌いの私はそうなると、テストまでにいつも以上に稽古にいく。 それが今月はウェディングの準備ラストスパートで週末も忙しい。

センセー、審査の日延ばしてくださ~い。

ウェディングの後にしてほしいという私のリクエストに「なにぃー、一ヶ月もー?」と渋い顔のセンセーだったが、2,3週間延ばしてもらってもウェディング日に突入してしまうので、いっそのこと後のほうが集中してお稽古できるから・・・、

と、いうことで理由を聞いたセンセーは承知してくれた。 ほかにも同時にテストの人が3,4人ほどいたのだが、1人を除いて1ヶ月延びた。

ほっ。

ですわ。 やるなら、なるべく完璧に近づけたいからねぇ。


その、除かれた一人だが、この人は最初私と同じ日に6級を受けるはずだったのだが、どっかをいためたとかでお稽古にも顔を見せなくなり、ずるずると家の改築で忙しいとかで、お稽古の日が少なくなり、やっと顔を見せ始めたかと思うとまた、審査になると、顔を見せなくなり・・と数回繰り返したことがある。

今までこういうことする人がいなかったのか、センセーは最初疑わしく思わなかったのだが、こう何回も審査ごとにいなくなると、おかしいと思い始めたらしい。 

しかし、今回はもう

にげられませんよ。

彼だけは審査日延期とはなりませなんだ。


しかし、前回の審査で彼とともに「審査ねっ」といわれた年配の男性も審査日直前になって、「家の改築が・・」と言って数ヶ月のお稽古お休み宣言をしてしまった。

なんで、逃げるときの口実がいつも家の改築なんだ?


審査への準備ができてないなら、センセーに話すればいいのに、先輩捕まえてお稽古頼めばいいのに。 技がどうもしっくりできないから、先輩にお稽古つけてもらえばいいのに。

そうやってる人って、6級以上の人しかいないんだが、なんでだろう。
私は無級のころから、やってたけどなぁ。 

ま、級とか関係なくのんびり合気道やりたいのかもしれない。 目標かかげてまっしぐらの私とは違うのかも。

その私も、6級取った後、ちょっと寄り道もいいかなぁ、とのんびりお稽古だけ来ていたツケが回ってきた。 5級の技でやったことないのがある。

ああ、やぱい。




テーマ: 合気道

ジャンル: スポーツ

△page top

夏休みの宿題は最初に 

昔から私はそんな奴だった。 人より頭の回転が鈍かったせいか、お勉強するにしても、人一倍時間がかかる。 だが、いいところは、クソまじめでできないにしても、自分なりに努力する奴だった。

だから、夏休みの宿題は、頭のいい人たちのように休みの終わり間際になって、ささっとやってしまうことができないとわかっていたので、いつも休みの最初に始めて、休みの半分がすぎるころまでには終わっていた。

大人になって、仕事を始めてもそのクセは抜けなかった。 仕事だけでなく、日常生活でも。 まじめとせっかちな性格がたたって?、いつも

思い立ったら吉日

周りにいる人には迷惑この上ない。 

はやくしてっっ!

とせかすのである。


今回のウェディング準備でも、これについてはわざと最初ゆっくり始めた。 ことがことだけにあせりたくなかったし、あんまり前から始めて、懲りすぎたことをしたくなかったからだ。

だが、一旦始めてしまえば、周囲をせかす、せかす。 一番の犠牲者は同居人のママであった。

この注文したものはいつ届く?いつ会場を見に行ける?いつ会場のマネジャーと打ち合わせできる?この料金にはどこまで入っているの?これはもっていけるの?これはいくらかかるの?

年明けにストレスで倒れたママを再度病院に送り込むような攻撃である。


なんで、こんなに私はせっかちなんだろうとも思うんだが、同時にどうして人はこんなにのんびりしてるんだろう・・とも思う。

会場のこと、会場でオーダーできる食べ物と飲み物のことは、一番いくらかかるか、何ができるのか知りたいものだと思うのだが、会場となったとあるメンバーシップで運営されているロッジなので、会員である同居人の義父とママとできれば一緒に打ち合わせしたい。 が、なかなかつっつかないと、会場を見に行くことにならなかったし、もう1ヶ月を切ったというのに、まだマネジャーさんと打ち合わせもできてないのだ。

何度もママをせっついて、私のせっかちさを謝りながら、理由をつげる。

I don't want to wait until the last minute. (最後の1分まで待ちたくないのです。)

最後までほったらかしにしておいて、もしトラブルや思いがけないことが起きて思ったようにことが進まないと、よけいにイライラするし、後悔するに決まっている。 ああ、もっと早く準備しておけばよかった・・と。

でも、きっと、そんな後悔って、人は持ってないのかもしれない。 うまくいかなかったら、いかなかったでいいか、という気楽なところがあって、その状況に十分満足する。

わたしは実の親にでさえ、「完璧主義入ってきたねぇ。」と言われる。 そうかな、抜けてるところいっぱいあるけど。


ストレスためないようにするけど、、、でも、7月の中旬に出した招待状。 いまだ半数以上の人からのR.S.V.Pが返って来ない。 

一応、「ぎりぎりまで待つ」人のために、連絡締切日を書いておいた。 あと2週間もない。


いいのか?夏休みの宿題をぎりぎりでやっちゃう人。返事だすの忘れてもいいのか? 返事出さずに突然、会場に現れたりせんよね?

こっちとしては出席人数を早く知りたいのだがなぁ。食べ物オーダーの関係で。 もし、今来ているのが出席の数字だったら、かなり悲しいなぁ、お~い。



テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

侍ドラマ 

昨日の仕事帰りにふと自分の手首の内側に目がいって愕然とした。

てっ手首に濃い毛が生えているっ

ああ、これって合気道バカ伝道入り? (参照→33番) わたしゃ男か?


最近その合気道のせいか、昔から好きだった時代劇がさらに最近見たくなってしかたない。 おもえば合気道は運命の出会いだったのかもしれない。(いうだけはタダ)

その思いが高じてか、道場の先輩で日本語ペーらぺらのJ先輩(Jから始まる名前の人多いなぁ)が、なんと16枚のDVDからなる大河ドラマ「新撰組!」を貸してくれたのである。

「日本語だけで、英語の字幕ないから、同居人さん見れないけどねー。」

いや、同居人のことはどうでもいい。(うそ) 同居人がいないときにでも見るさっ、と週末に奴がいない時間に2エピソード、さらっと見てしまった。

前から幕末のあたりに興味あったが、おもしろいっすねぇ。 なかなか、香取くん(名前あってたっけ?)の近藤勇が板についてますよ。 たしか近藤勇ってもっといかいつい顔立ちしてたはずだが・・・・とつっこみいれながら。

次の日おもしろいのでまたもう2エピソード見ちゃった。 その日は同居人が二日酔いでリビングのソファーでぐーすか、うんうん昼寝してしているときだった。

途中で起きた同居人。 オールジャパニーズの時代劇ドラマを見て、「何がどうなってるのかわからんじゃないか。」と文句を言う。 これは私のためのものなのだ、だまって画像だけ見てろ。 と、こころでつぶやきながら、多少説明してやる。(全部はやらない)

しかし、あの時代をビデオみながら英語で説明って難しいですわ。 だって、政治や習慣や何もかもが今と違い、さらに同居人にとっては文化も違うわけで・・。

桜田門外の変のシーンがあったのだが、何でたくさんの侍が乱闘しているのか・・? 水戸藩がですね・・、あ、藩ってなんていおう。と、どもっているうちに

シーン終了。

あの時代の名前や言葉を現代日本語に直すのもすぐにぴんっとこないのに、英語なんてもっと来ない。

結局、ひとつのDVDが終わるまで、奴はほとんど画面を見ていただけ。 


ああ、NHKさん、今度大河ドラマをDVDで販売するときに、英語の字幕もつけてくれんでしょうか? 私の仕事が楽になります。

世界中の侍フリーク(オタク)に、きっとDVD売れますよ。




追伸:タイトルと内容がマッチしていなかったことに気づき、一日経って変えました。 タイトル書いてから、ほかの事してたのがいかんですな。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。