すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

評判は世界に 

痛めた右手首がまだ治らんのです。利き手だから使うんで仕方ないが、医者がつけろというので、ちょっと大げさなサポーターをつけてみた。 親指上から手首下まで15センチ以上もあるゴツイモノ。 


まるで、『ヘル・ボーイ』のようです。↓
hellboy
笑うな


車探しをしていたときのこと。 

車のメーカーや車種まで先に決めて、それをキーワードにグーグり(Google)っていたら、シアトル近郊のディーラーのレビューがでてきた。 

出だしがなにやらおもしろそうな雲行きになりそうだったので、全部開いて見たら、レビュー専門サイトのyelp.comだった。

結構このレビューでよーく登校している常連もいるらしい、各都市のレストランやバー、遊園地までいろんな場所のレビューをいろんな人が書いている。 

で、そのディーラーのレビューとして、ディーラーに車の見積もりに行った人の経験談。

*****
何がどんな価格で欲しいか決めていた投稿者は、前もってディーラーに電話して、その特別パッケージの価格をもらえると確認してから、店に出向いた。

だが、待っていたのはまったくお門違いの価格とパッケージばかり。営業マンや店員に散々時間かけられて、思った価格がもらえないなら帰る、としびれをきらした投稿者は、店をすたすた出て行て、自分の車に向かった。

すると、店のマネジャーが走って追っかけて来る出ないか。 そして、投稿者をひたすらまだ引きとめようとするので、彼が希望の内容でだしてもらえないなら、いらない、と答えると、そのマネジャーは興奮し始めた。 自分達の時間を無駄にしてくれたなどと暴言吐きまくり、横柄な態度で、あげくのはてには、投稿者がでていかないように、出口のあたりに店の車を止めて彼がでていくのをブロックする始末。

意志とは反して、ディーラーの人質となった・・・。

*****

警察に電話したのかどうか、どうやってそのディーラーを出たのかはっきりと文章からはわからないような締めくくり方をしていたので、どこまでこの話がほんとうかしらないが、もし、本当だったすごい話だ。 もし、作り話だったら、なんとヒマな人だろう・・。 

店もこんなサイトで評判も落としかねないな・・・。

ま、でもちょっとこの話で楽しませてもらったわぃ。

スポンサーサイト

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。