すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

アメリカ中古車事情 

駐車するたびに、車がまっすぐ停められない私は、やっぱり根性が歪んどるんでしょうか?


まだ車探し続行しております。 

ネットである程度、中古車(モチ)を探し目をつけているので、保険会社からの小切手が届き次第、中古車ディーラーに走るつもりだ。

この中古車探しにもってこいなのが、アメリカ全土の個人経営ディーラー、もしくは各メーカーの特約店ディーラーが広告を載せるAutoTrader。検索機能も充実してて、探しやすい。 

これだけでは、車が事故車だとか、過去に何人の所有者があったとか、怖い事情がわからないので、ほぼ必ず記載されている車のVIN番号(フレーム番号ともいいますかね)で、バックグラウンドをチェック。 そのバックグラウンドチェックには、CARFAX, Autocheckなどというネットで、一定の料金を支払うと、即データがでる。 私は即2か月分の期間をAutocheckにて購入、料金25ドルほど。

しかし、これですべてがわかるわけでない。 マイナーな故障などは、自分で直したり、小さな修理屋で直されると、このデータにどれだけ反映されるのかはよく解らない。

ディーラーで変な車をつかまされてもなんなので、アジア人の女性としてぼられやすい対象の私だけでは心配と、強面?の同居人とその友人で元レクサスのディーラー営業部長であるAくんをつれていくつもりだ。


一応今のところ、2つの車で2つのディーラーに目をつけた。 週末に見に行く予定だが、それまで売れてしまわないことを祈る。 それより、見る車が買ったら、即大きな故障ってのは勘弁してほしい・・。

車といえば、うちの同居人が19歳のときにキャッシュで買ったフォードのピックアップトラック。 寿命でもう故障多し。 先日の水タンクの故障で、いいかげん嫌気が差したオーナー本人だったが、運良く、両親が管理していた、一昨年なくなったおばあちゃんの愛車を引き継ぐことになった。 

81年のホンダ・アコードで、かなり古いのだが、同居人の義父が受け継いでから完璧にメカニカル、外装ともにぴっかぴかに保ってあるので、状態はいい。 

おばあちゃんが存命のときでも、一時期一緒に住んでいた同居人は、よくこの車を乗り回していたらしい。 今じゃいいヴィンテージ・カーだ。

大きめの同居人に小さなハッチバックのアコードがなんともかわいいんだが、同居人はもうあのぼろぼろトラックを乗らなくていいと上機嫌だ。 

しばらくは快調に走ってくれるかな。


それより、自分の車よ・・・ね。 








スポンサーサイト

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。