すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

天災もイベント・その後 

またひとつ、滅多に経験できないことをひとつ経験してしまった、しかもシアトルで。

やっと、電気もどりましたよ~。

在シアトルもうすぐ14年で、こんなながーい停電初めてっす。 木曜日の夜にぱすんと電気様がどっかにいってしまわれて、金曜日はなんとか出勤したシアトル人の一人だった私。 

皮肉にも会社の近辺1キロ範囲内だけ電気があった・・・というのは、いつもなら家に就業後すぐ帰りたい病が、もうちっと職場にいてもいいかな・・と思わせるくらい、その日の夜はまた寒かった。

雪がちらつくかもね。

シアトルの当てにならない天気予報士はのたまっていた。


前回のブログ記事は職場から、こっそり昼休みを利用して更新したのだよ。 運悪いのかいいのか、その日、金曜日の夜になっても復旧の見込みはなく、一日中聴いていたラジオでも言っていた。

3~5日くらいは電気がもどらないかもね。


毎年停電ってシアトル近郊のどこかであったんだけど、私が住むのはいつも街中であったので、そんなに強風、大雨の影響というのは受けなかったし、受けても即、電気供給会社が復旧するくらい、難しい郊外ではなかった。

それが、こんかいなんとシアトル近郊で被害を受けたのが3分の2の世帯やビジネスビルというから、復旧も数時間で済まなかった。 どうやら、供給元のダウンしてしまったからということだった。


金曜日だというのに、暖房もTVも電灯もない、すべて電気で稼動するお湯タンク、クッキングストーブ(ガスのアパートや家もあるけど)も使えないので、お鍋料理用のカセットコンロで簡単な料理しかできないので、電気があるちょっと遠くのスーパーまで2日分くらいのインスタントなどを買いに行く。

真っ暗の部屋でいっぱいろうそくつけて、カップヌードル食べた私ら。 なんかひもじかったねぇ。 

powerout
ひさしぶりにまんが描いてみた。


「電気代払わなかったからねぇ、ははは。」 同居人がかますジョークもむなしい。 チビにはこの状況ではジョークとは思えなかったのも無理はない。

「僕のママもきっと電気代払ってなかったんだ・・。」 (母親のところも停電だった。)


近所は真っ暗で、澄み切った冷たい空気の夜、街の光がないから星空がまたきれいだった。(まだ2日目はちょっと余裕ある。)


たまたま同居人の両親のところへ次の日の土曜日は夕飯に招待されていたが、どうしてるんか電話してみたら、なんと両親のところのほうがもっと郊外なのに、停電は半日程度で済んだらしい。 電気があるという。

夕飯のおじゃまの予定だったが、

もう朝からおじゃま。へ変更。


停電って数時間や一日程度起こっても結構平気なもんだが、今回数日間停電してみて、発見したことがあった。 数日、冬場に停電すると、部屋は冷蔵庫化するということ。 収納庫やあらゆるものがすっかり冷え切ってしまった。

もう、いつ復旧するかわからんというTVやラジオの話しなので、一晩泊まる準備までして、スキーに行く格好をしたご近所さんを尻目にそそくさ家を出た。

チビは祖父母のところで行けるとおおはしゃぎ。(うちも同居人もうれしかった。)その夜、お泊りして今日、日曜日の朝までゆっくりさせてもらいました。 シャワーも浴びれたし。 


朝、アパートへ電話してみると、電気で動く電話機がちゃんと留守電も流れるでないか。 ああ、電気戻ってます。


帰ってから、近くのスーパーへ少しだけ買出しに行く。 冷蔵庫中の一部はまだいけたけど、牛乳はくさってたしで、買いに行くけど、やはり停電していたスーパーから腐りやすく、即代わりのものが出せるような、卵、ハム、ソーセージ類、乳製品は店員がさっさと棚から商品をおろしていたので、多くを買うのはやめた。

あったかいってなんて幸せなのか・・・・としみじみ感じた3日間だった。。






スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。