すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

男の法律と楽しみ 

最近すっかり社会ネタに染まってしまい、タイトルと違う方向ばかりに進みそうなんで、元に戻してみようと思う。(もともと、アメリカという国や国民のことはなんでも書くつもりだったんだだけども、偏りすぎは意図するところでない。)


さて、最近テレビでよく流れているミラーというビールのCMで、こんなのがある。

有名どころの男(WWEレスラー、バート・レイノルズ、オスカー・デ・ラ・ホーヤやらむさいのばっかり)を10人弱ほど集め、テーブル囲んで、最近のビールは軟弱だと議論する。

WWEレスラー(名前知らん):「最近のビールにはフルーツ風味が入っている!けしからん!」
全員「そーだ、そーだ。」
バート・レイノルズ「ビールにライム飾って、ミニパラソルあしらえて、『ビア・カラーダ』(ピニャ・カラーダのもじり)ってのもあるくらいだからな。」 
オフロード・バイカー(名前知らん):「ほんと??」
(バートににらまれる。)
WWEレスラー:「ビールにフルーツいれるな!フルーツ化するな!」「マン・ロー(Man Law=男の法律)?」
全員「マン・ロー!」(乾杯)

NFLフットボールのスポンサーだけに、というか、フットボールには、ビール、BBQか宅配ピザ、カウチ(ソファ)にはかかせないため、かならずこのCMをやっている。 

前述3点とフットボールが大好きな同居人もこのCMはお気に入りだ。NFLがある日曜日はテレビにかじりついている。


そんな同居人に、先日あっしの取引先からいただいた、シアトル・シーホークスVSセントルイス・ラムズのホーム(地元)でのゲームチケットを2枚を友達と行って来いと、渡してやった。

自分の親友ともいえる男友達(バンド仲間のAくん)と、スタジアムで観戦できると、大喜び。 当日大雨の中、あっしは二人をスタジアム近辺まで車で送ってやった。

あっしが自分が行かずに、同居人と奴の男友達にチケットをやってしまったのは、大雨になるのはわかっていたので、家でぬくぬくとテレビ観戦しているほうがよかったのもある。 が、やっぱりフットボールは男同士、ぎゃーぎゃー騒ぎながら、ああだこうだとゲームのことを議論しあいながら観戦するほうが楽しいだろうと思ったからだ。


ミラー・ビールのCMじゃないが、女には分からない男の法則や楽しみというものがあって、女が余分に介入すると、いくら彼女を愛している男でもいわゆる楽しさが半減しちまうことがある。

・・・とあっしは少なくとも思っている。 なんというか、男らしい男(もしくはムサイ男)であるためには、男同士のつきあいが必要ってこともあるんでないかと。 もちろん、彼女や奥さんほっといてばっかりでもいかんし、逆に外で女遊びではまったく本末転倒。 

女にはそういう理解が男に対して必要なんでないかと思う。 もちろん、あっしだってあんまり同居人が外でばっかり好きなことして(女遊び以外)、ちっとも家にいなけりゃ、制することもある。 逆に、じゃあとあっしが外にでて好きなことやっちゃると半日から一日帰ってこないこともできる。

バランスかね。


大雨の中、4時間後に終わった試合をテレビで見届けたあっしは、即座やつらを迎えに家を出発。 スタジアム近辺で二人を拾ったのだが、かなり接戦の試合で最後に勝ち、しかも主力選手が怪我でお休み中、なんとか今年もスーパーボール・・・と願っているシアトルファンばっかりだったこともあり、スタジアムはえらい盛り上がりようで、二人も車に乗ってもまだ興奮気味だった。 

「叫びすぎて、声がレイ・チャールズみたいだぞ。♪あい、し~ざ、ぶるぅ~♪」  おい、レイ・チャールズじゃないだろよ? 
(30代以降の方、サントリーのCM思いだしてちょうだい。)

と歌う?同居人とAくん。 あまりに楽しかったのか、二人とも家に帰ってくるまで、ずーっとそんなお調子。

「Aが、お前にハグしたいらしいぞ。 ほっぺにキスくらいはいいが、舌はやめとけ。」 (想像したくない。)


そんなうれしそうな二人を見てると、やっぱチケットやってよかったと今度はあっしのほうが次の日までニマニマしちゃっていた。 「男の法律」はどこまで理解し、許してあげられるか分からんけども、なんとか、「成人した少年達」であることを認めてやるというのが女の立場なんだろな。 

んー、でも「女の法律」なんだかは、よくわからない。

 





スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。