すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

シアトルは今日も雨だった 

とうとうやってきましたぜ、シアトルの典型的天気。 雨、雨、雨・・・。

シアトルの雨にもいろいろあって、小雨、きつねの嫁入り、ところどころ雨か雲、大雨、大雨風とよりどりみどり。 さすが海と高い山脈の間に挟まれているだけある。 

先週末の大雨では、近辺で洪水が起こりまくり、うちのアパートの敷地内でも先月からの紅葉した落ち葉が片付けられず、人々のゴミも手伝って、排水溝をつまらせ、ミニ洪水。 山間や川沿いにある住宅の居住人は2、3メートル高の洪水で、緊急非難という有様。

昨日は仕事で商品の仕入れと検品に行かねばならず、会社のジープで出かけたが、なんでもない公道のあちこちに大水溜りだらけ。 そこを抜けねばならず、さならがスプラッシュマウンテン状態。 

こんな洪水になるんだから、せめて落ち葉の掃除くらい市や郡のメンテナンス部門がさっさと掃除すればいいものを、掃除しているのはほんの一部。 

しかもこんな大雨が来ると分かっていた先週の初めのうちに行動とれば、落ち葉の掃除もしやすかったのに、今は道に雨でくっついて、ブローワー(風で吹き飛ばす掃除機の反対のような機械)ではとれやしない。

市も郡もお金がないんだか、それで洪水や家屋の浸水がもっとひどくなったら、困るのは住民なんだけどねぇ。

大体シアトルって雨やら洪水が多いわりには、アメリカ特有の住宅建築で、日本のように、床を40センチ前後上げて、プラットフォームを作ることがほとんどない。 あるとしたら、水辺の家か地面が傾斜していたり、平らでないところの家くらい。

うちのアパートもミニ洪水で、いつ家の中に水が入ってくるか・・とひやひやだが、一応少し地面より上げてあるようで、海辺といえど、丘陵地の上なので、その辺は大丈夫らしい。


昨日のシーホークスのゲームは大雨の中、オークランド・レイダースとの対戦。 すべって転ぶ、ボールをつかみそこねるが多発。 

ウェルカム・トゥ・シアトル

結局勝ったから、シアトライト(シアトル人)は気にしない。 雨でも元気。


昔、夜な夜なでかけたバーの外で中に入るのに、列ができて小雨に濡れて寒いことがあった。 列の誰かが叫んだ。

「早くしろよ~。濡れるじゃんか~。」

すかさず店員

「シアトルに住んでるんだ。 Get Over it(あきらめろ)」

列の全員がうなずいた。 ごもっとも。


余談ですが、このGet Over Itという言葉が妙に好きなあっし。 ジョークにもなる。 上で単に「あきらめろ」と訳したが、日本語のGive In(妥協する)というより、「乗り越えて理解する」意味あいが多く、これを他人から「乗り越えてあきらめろ。」といわれると妙におもろい。

あっしも良く使います。

同居人「今日の晩御飯のお肉これだけぇ?」
あっし「Get over it」



スポンサーサイト

テーマ: アメリカ合衆国

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。