すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

冬一番に考えること 

昨日、今日とずいぶんいきなり寒いシアトル。 今日の朝なんか、零下になってるし、まだ10月下旬なのに、どうなってるんでしょ?

結構、寒いほうが好きなので、温かいお家に帰れるのなら、気にならないほうで、むしろ、外が寒そうなときに、家でぬくぬくとコーヒーやお茶飲んで、TV見てると超幸せを感じる。 雨降ってたら、なぜか家で読書したくなるし、雪が降ってりゃ、家人とゲームするか、お菓子作りでもしたくなる。 


昨日晩は同居人といつものパイオニアスクエアのバーへ出かけてみたが、寒かったせいか、バンドがつまらんかったせいか、店は閑古鳥が鳴いていた。 ハロウィーンの前夜だっちゅうに、威勢のよかったのは、その近辺にいっぱいうろうろしている浮浪者のおいちゃんたちだった。

「つらい季節がまた来たねぇ、彼らにとっちゃ。」

ぼそっとつぶやいてみた。 

そんなことどんだけ気にしてるのかこっちが困惑するくらい、ここらで道端に座り込んでいる浮浪者たちを見ると、元気がいいのがいる。 大抵はもうこういう生活で麻痺しちゃってて、まともな感覚じゃないんだろうけど。

いつものバーのすぐ横の歩道で、毎日のようにお客を探してる?靴磨きのおっちゃんがいる。 どう見ても小遣い稼ぎ程度の商売だ。 この人も、ある部分いっちゃてるのか、横を通るあっしらがスウェードの靴を履いてようが、スニーカーを履いてようが、

「靴磨きいらんかぇ? 靴磨いたほうがいいぇ!」

と声かけてくる。(いらんって・・・)


ちょっと、2,3メートル歩けば、「小銭ない?」とほかの浮浪者が声かけてくる。 彼らの大抵は無害なんで、 「ごめんな、小銭あらへんわ。」とさらっと通り過ぎると、また次のターゲットに動いている。

中にはサービスをして、チップをもらおうという奴もいる。 

その行きつけのバーではいつもバンド演奏があるのだが、古い町並みで古い造りの建物を改造したバーなので、ステージまで楽器を運ぶのに、裏口とか運び込みに便利な通路がない。 

客が出入りする同じドアから客や店員を交わしながら、またバーのまん前に楽器を積んだ車を駐車できないと、はるばる100メールも先から運ばないといけないこともある。

そこで、浮浪者のおじちゃんたち登場。バンドのメンバーが自ら楽器を運び始めると、運ぶのを手伝ってやろうといつも声をかけてくる黒人のおじちゃんがいる。 大抵は大事な楽器なので、手伝ってもらおうという人も少ないが、半数くらいは、あきらかに浮浪者のおじちゃんに、分雇いの仕事をやる意味で、運ぶのを手伝わせている人もいる。


以前、こんなのもあった。 あっしと同居人がまだ明るい時間に、同じような地区で、路上駐車を探していたら、どこからともなく来たおいちゃんが、ここへ留めろと指差している。 

別に指示されなくてもいくらでも自分で探せるのだが、たまたまそこしかなかったので、そこに留めることにした。 したら、おいちゃん、手を出すのだ。 サービスしたからお小遣いがほしいのだ。


サービスしてお金を稼ごうという気持ちがあるのなら、ミッションやシェルターの手助け借りて、身なりをきれいにして、仕事をなんとかゲットできそうなもんだが・・、多分、毎日仕事場で同じことを繰り替えす忍耐力がないんだろう。

昔、うちのばあちゃんかが言ってたっけ。 

「こじきは3日やるとやめられない。」

そうなのかなぁ、、、。 こんな寒い季節に温かいベッドで寝られなくて、分刻みのお小遣い稼ぎして、なんてあっしなら嫌だけど。 毎日きちっと仕事行って、家のことして、自分だけでなく他人にも責任を持つことが嫌になったら、道端で寝るのが良くなるのかな。 

今、定職持ってるあっしでも明日はどうなるんだろう・・と生きているのに、彼らにはそんな不安て、いずこ?って見える。(ここまでくるともう、怖いもんなしとか?)  

多分、中途半端にホームレスとか、単に貧乏なほうが不安だらけなのかもなぁ。(うちのことか?)

今思い出した。 やかましいデニーズの隣のアパートに一人暮らししてたころ、駐車場に見かけるようになった、若そうな夫婦と赤ん坊が乗った車。 いつも同じところに止まっていて、たまにエンジンをまわしていた。 寒い空気に白い排気ガスがそろそろと出ていたのを今でも覚えている。 

住んでるところの家賃が払えなくて、追い出されたのか、どうも車暮らしらしい。 アパートの駐車場だったので、そこにずっとおられることは少し迷惑でもあったが、同時に哀れでもあった。 

たまにその家族のことを思い出すことがある。 なんとか立て直したかねぇ・・。 うちは貧乏でも暖かい家と食べ物があっていいやね。 お互い、懐はたいてプレゼントも買ってあげたりできる。 いいやね。

最近文章暗いぞ~、おい。

スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。