すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

突然ですが・・続 

また書くといっておきながら、ほったらかしだった合気道のお稽古風景について、せっかく前記事で触れたので、また感じたことを書いておこうかな。

以前の記事で、いろいろコメントいただいたように、日本人以外、うちの場合はアメリカ人が教える、アメリカでの合気道なのに、礼儀やら稽古のルールやらはほんまに日本的。 

かなりアメリカナイズしたあっしにしたら、ちょっと逆にぎこちなくなって、おたおたすることも多しなのだ。

たとえば、3回目のお稽古で、先生があっしに「礼儀について」書かれた紙の内容は読んだかどうか聞いてきた。 「はいっ。」と元気よく答えたものの、ここで、一応まだ日本人が残っているあっしはぴぴんっと来た。

やばい、なんか礼儀の反することをしたに違いない。

ぴんぽーん。

家に帰って、もう一度紙をよーく読んでみた。 はずかしながら、2つくらい礼儀に反することをやっていたことに気がつき、赤面してしまった。 その内容というのが、

①稽古中にうまく技ができないことの言い訳をしない。 (ぎくっ)
②稽古に遅れた場合は、畳の外で自分一人で準備体操をし、先生の「入っても良い」という指示を待つこと。 (ぎく、ぎくっ)

これらの2つ。 思いっきり思い当たった。 読んだつもりがちっとも頭に入ってなかったのだ。 

あまりにはずかしかったので、次の稽古で先生にお詫びしようかと思ったが、それもまたいいわけになりそうだったので、それよりちゃんと態度に表そうとただ、実行することにした。

②は遅れなければいい。 ①は特に情けなかった。 できないことはできないのだから、「昨日できたのにぃ」とか、後悔し、言い訳するより、上級者や先生に質問するなりして、上達することを心がけよ。 ・・ということなのだ。


そういう教えのクラスだからか、ほかの上級者の生徒の態度がなんといいことか、超初心者のあっしに根気強く、何度も何度も技を見せて、受けて、相手をしてくれる。 畳の外でもさりげなく、親切だ。


また、先生や上級者の挨拶の仕方にもいたーく感心してしまった。 まあ、稽古の一部といえば、一部なのだが、正座をして手をついてお辞儀の仕方を見ていて、なんと、うまいお辞儀なんだろうと。

変な言い回しだが、日本でもこんなお辞儀なんて、あっしの両親の世代くらいまでしか見てなかったような気がする。 背筋をのばし、上半身をゆっくり前に倒して、たたみに近づけすぎないようにする。


なんだか、日本人である自分がこんなお辞儀もできてないので、ちょっと小さなショックを覚えてしまった・・。

日本人のいいところを残せるように、アメリカ人のいいところを新しく学び・・が目標だったのだが、ちょっと違っている自分の態度。 見直そう。

テーマ: 格闘技

ジャンル: スポーツ

△page top

元気ないティーン 

人気運って信じます? そういうものがあるのかどうか、実際分からないけど、どこかで聞いた事ある。 

閑古鳥がないていたレストランに入ったら、10分もしないうちに、次から次へとほかの客が入ってきた・・・というもの。 ただ昼時、晩御飯時だったのかもしれないけども、時間的に昼にしてずれてる時間に入っても、あっしが入る店はなぜかあとで活気がでる。

今日はその話ではない。 (またかい)


最近合気道を始めたことは書いた。 稽古に行っているクラスで、あっしが入ったときは、小さな道場でも十分スペースが取れるくらいの人数しか来ていなかった。 それが、あっしが通いだしてから、数週間して突然人数が増え、隣の人とぶちあたるんでないかというくらい、たたみが狭く感じるようになった。

急に増えたのは、両親と十代くらいの男の子と女の子の4人家族が一挙に加わったのだ。 すぐにやめるんでないか?というくらい、やる気のなさそうな子供たち(14,5歳の男の子と12,3歳の女の子)が特にあっしをそんな気持ちにさせたのだが、意外や意外、もう3回目来てらっしゃる。

女の子は白人の子らしからず、声も小さく、かなりシャイな子だが、あっしと目が合えば、挨拶はしてくれる。 なぜか早く着いたあっしの練習を見て、同じことをしている。 (あっしも超初心者なのになー。)

その子の兄貴かと思う男の子は、その女の子より、もっとシャイで、元気のなさそうな感じだ。 正座をちゃんとするのだが、背中が曲がって、目もうつろ気味で、かなり自信なさそう。 だいじょうぶかぁ?と長島さんのように背中をたたいてあげたくなるような様子だ。

この子らを見てると、きっと両親が学校でいじめられているのでないか、もしくは自信をつけさせるために、家族総出で習いに来たのではないかと思う。


日本のいじめに関わらず、アメリカのいじめっ子(というにはあまりにも残虐な子もいるけども)もかなり激しいので、結構それがきっかけで武道をやり始める子供も多い。


でも、この子達に限らず、道を車で走っていて、十代の子供らの登下校を見ていても、なんだかやる気がなさそうな表情と歩き方が目に付く。 自分の十代のころを思い出してみた。 あっしもこんな元気がなかったんだろうか? 

確かに日本では顔をうつぶせ気味に歩いていたが、さっさと歩き、そんなだーらだーらと靴の底を引きずって歩いていなかった・・と思う。 クラブやら同人誌やら、バイトなどいろんなことをやっていたので、もうちっと生き生きとした顔をしてたと思うんだけども。

最近では、子供の社会も競争、競争で忙しいだろうから、疲れているのかな。。。。


その家族の男の子は、顔は自信がなさそうだが、先生に武器のクラス時間について積極的に聞いて、うなずいていたので、きっと心の中はやる気があるのかな。 そのまま、がんばって続けて、見た目にも生き生きしたティーンになってほしいな、と思う。



テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

潔癖症は損をする 

いきなり重そうなタイトルでもーしわけない。 

今、朝のお勤め中(お経をあげることじゃないよ、母)に読んでる本にあった内容で考えたこと。 

その本の一項にあること、

「やらなくてはいけないことに自分を押しつぶされないこと。」

ということ。

著者が奥さんとともに家の中の掃除、整理をしていたが、整理をしたそばから、また散らかったり、汚れていき、整理が進むどころか、逆に元の汚い状態に戻っていっていることに気づいた。 

そこで、普通の人なら、キィーとイライラして髪の毛が逆立ち状態になるところだが、奥さんはおなかをかかえて笑い出したのである。

彼女にしたら、やってもやってもまた汚くなっていく状態をよその人が見ることがあったら、 「なぁにやってんのかしら?」と、まるでマンガの中の出来事のように見えただろうと思うと、おかしくてたまらなくなったらしい。

部屋をきれいに保つこと、掃除することはいいことだが、それがうまく保てなくて、すぐ汚れても不満を感じたり、イライラすることはない。小さな子どもがいれば、またおもちゃで散らかり、友達もくれば靴を脱ぎ忘れて家の中が泥だらけになる。 

自分達もほこりだらけのところを掃除してでてくれば、ほこりが身体についてきて、カーペットが汚れてしまった。 掃除してもいずれまた掃除しなくてはならない。 毎回きちっとすることはない、それよりも、同じところをぐるぐる回ってるのがおかしくて、とユーモアを持って笑い飛ばしたほうが健康的であり、家の中の雰囲気が和らぐというもの。


コレを読んで、うーん、じゃあ、あっしが部屋が汚くなってイライラしてしまうのはどうしてだろう・・・。と逆に考えることになった。

汚れるから? よーく考えると、汚れるといらいらするのもひとつの理由だろうけど、大半は汚れるとまた掃除しなくてはならないという自分の中でもマインドセットがあるからじゃないか? 

また、他の家人が汚してくれると、そやつらは別に汚れてもいいと思って、すぐに掃除しない。 なんで、あたしが掃除せにゃならんのよ? と自分で勝手に考えて、腹が立つ。 誰もあんたが掃除をしろと言っていないのに。 

自分の標準で、掃除をしてきれいに保たないといけないと、心に設定をしてしまっているからだと思う。 


別に、健康に害を与えるくらいの汚さでなければ、多少の汚いのくらいかまわない。 また、きれいにしたいし、自分がやるからいいのだと思うなら、他の家人が汚くしても腹を立てることもない。 

人生、掃除が生きがいじゃない、もうほんの一部。 たぶん2%くらい? そんなことでイライラしていては、あとの98%にも影響しかねない。 ああ、もったいない。

ちょっと、見方を変えてみよう。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

結婚前にすること 

先週末、友人のバチュラレー(Bachlorette)パーティに行った。 日本ではあんまりなじみがないが、アメリカでは結婚前の女性が友人が中心になって、ハメ外し?パーティを家やレストランで開くというもの。

ちなみに、結婚前の男性のパーティはバチュラー・パーティですな。

この結婚前のパーティというのは、もともとどういう形で始まったのかは定かでないが、現在あるもので見ると、あまりここでは書けないくらい、性的なジョークを楽しむ。

例えば、よくLover's Packageという大人のお店のチェーン店があちこちにあるのだが、そこで結婚する女性のために、友人はソレ関係のジョーク商品やら、アクセサリーグッズなどをプレゼントにする。


この日の友人のパーティでも彼女の友人の一人のカップルは、マッサージオイルやら、ローション、性的言葉を書いたキャンディ、男性の○○をかたどったヘアクリップなどプレゼントにしていた。

あっしは、そういうお決まりのプレゼントがおもしろくなかったので(絶対買ってくる人がいると思ったし)、男性が行ってみたい女性のためのお店ナンバーワン?ヴィクトリア・シークレットで、超せくしーな下着を購入して差し上げました。

しかし、やはりその場を一番爆笑で盛り上げたのは、またその友人カップルがシアトルで有名?なとあるベーカリーで買ってきた、男性の○○をかたどったケーキではないでしょーか。(写真をお見せできないのが残念・・え?見せてもいい?)

そのベーカリーはそんなものを作っているベーカリーで有名で、その名も、エッキゾチック・ベーカリー

ぜんぶ、マジパンとかフロストで作ってあるので全部食えるのだが、あんまりその・・部分は食べたくないですな。(食欲減退すると思う。)


そんな性的ジョークが大好きなアメリカ人が考えそうなパーティだが、傍目でゲラゲラ笑っている分には、まったくおもしろい。 これにうまく乗り切れないと、アメリカ人とのジョーク交換はできないんではないかというくらい。(そうか?)

こんなパーティに参加する機会画あったら、思いっきり一緒に載ってあげていただきたい。


ちなみに、このパチュラレー・パーティ、男性のためのバチュラー・パーティともに、自宅でやるときは、エキゾチック・ダンサーをオーダーしてストリップさながらのダンスを楽しんでしまう人がいるようす。 

これはよほどお互い理解のあるカップルでないとやらないほうがよろしい、とご忠告申し上げる。 へたにハメを外しすぎて、こっそりこんなダンサーをオーダーして、その場で婚約解消と相成ったカップルもいるのである。

なんでもハメ外しはほどほどに・・。






テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

歯の矯正は投資 

昨日の晩、食事中に下唇の内側を思いっきり噛んだ。血が出た。 今日の昼、弁当中にまた同じところを噛んだ。 昨日の今日だったので、倍痛かった。 また血が出た。(歯槽膿漏歯磨き粉のCMのようだが)

あっしの歯並びは子供のころの「指舐め」が長すぎたのがたたり、がたがたで、下あごまでゆがんでいる。そのため、下あごの左側の歯がちょっと前に飛び出している。 そのため、昔から下唇の内側を噛み、出血、直ったところが盛り上がり、内側につきでているので、またある日噛み、出血・・・の繰り返し。

上あごの右側の歯は、八重歯とはかわいく表現できないほど、完全に孤立して前にでている。 夏の乾いた日など、笑ったときに唇がひっかかって、くっついてしまうくらい。


日本にいたときは、そんなに苦とも思わなかった歯並び。 こんなに噛んだときや、写真を撮ったら、すべて左の口尻が上がっているのを見たときに嫌になったくらい。

それが歯並び、口臭は過敏なくらいに人が気にするアメリカでは、致命傷といっていい。(ちょっと誇張気味) 八重歯はドラキュラのよう、とイメージは悪い。 歯ががたがた、黄色っぽいのは、そのままではある職種の面接行こうものなら、落とされても仕方ない要素のひとつ。(客商売とかね)

だから、アメリカの家庭で、子供はこぞって歯の矯正をする。 将来の美しいスマイルのために、直しやすい子供時代にしっかり矯正する。


とくに、白人の子供は歯が生えてくると、なぜか歯と歯の間にすべて隙間ができる。 アジア人、とくに日本人はその逆で、歯と歯の間の隙間が狭すぎて、歯が前後にゆがんでしまう。 黒人は全体的に綺麗な人が多いんでないかとも思うが、なぜか上の歯のどまんなかにかなりな隙ができている人が多い。

なんでなんだろう。 日本人はあごのつくりがどうしても小さいので、歯が所狭しと並んでしまうらしい。 アメリカ人はその逆? 

生まれたときから、ずっと綺麗な歯並びに越したことはないが、歯が全部すきっぱになってしまうより、ぎちぎちに並んだほうがまだ見てくれマシだろうか。


ともかく、あっしのこの歯を直したい・・と思うのだが、歯科治療はまた高い。 保険は大抵50-60%くらいしかカバーしないことが多いので、これも投資のひとつになる。

しかもあっしの歯だけでなく、あごからしてゆがんでいるので、そこも矯正したら、おそらく車一台は軽く買えてしまうくらいのお金が飛ぶ。 ローンだって用意されているくらい。 (ローンは車か家だけにしたい。)


いつかTVのニュースでこんな変なインタビューかアンケートがあった。

「宝くじ当たったら何に使いますか?」

女性の一人が答えた。

「歯を治したいです。」

TVに向かって、大きくうなずいたあっしだった。 


あ、ついでにその宝くじで、目も治したい、髪の毛も・・・。 きりがない。



テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。