すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

プロジェクト大好き 

最近同居人の両親が引っ越した。 前の家はあっしらが南に引っ越したことで近くなったし、両親が家に来易くなったねぇ、と話していたのに、今度両親がもっと南に引っ越してしまった。 

別にあっしらから逃げてるわけでない。(逃げてたりして) いろいろ個人的な理由があったのだが、で、どうしてさらに遠い南かというと、ママのお兄さんがその辺に住んでるから・・という単純な理由。

で、今日まだ片付いていないのだが、チビが昨日から一晩遊びに行っていたので、引き取りにいって、アメリカ人お得意の家のツアーをしていただいた。 前の家はまったく新築だったので、きれいなもんだったが、今度はちょっと古めを買ったのと、前の持ち主があまり家の手入れをしてなかったらしく、かなり最初は汚かったらしい。 

だが、カーペットを張替え、壁を少し塗り、家電を全部入れ替えているところでかなりましになった。 この辺几帳面な同居人の義父がせっせと作業している。

庭もまったく手入れされておらず、芝生は穴空きや枯れてたり、木のレイアウトも適当、雑草やら枯葉は手付かず。

いやぁ、プロジェクトいっぱいありますなぁ~。

と、あっしは人事ながら、気が遠くなりそうな量の仕事量に大変そう、と同情しながらも、なんかあっしができることないかなぁとDIY好きの血が騒いでいた。

普通、アメリカで家を売るときには、そんなに汚いまんまでは価値が上がらないので、汚く使っていても売る前にはすこしずつリモデル(日本ではリフォームって言うのよね)するもの。 家を売ることで、通常は儲けがあり、効果的な投資にもなりえるからだ。

それが前の持ち主というのは、家を手放すのは個人的なことで仕方なくだったらしく、最低は直しとかないと・・という水周りなども不動産屋(実は同居人の御姉ちゃんの旦那の弟)がママたちを連れて案内しているときになってもほったらかしだったとか。


で、ママとお義父さんがもう方端から直さないといけないはめになった。 ま、そんなDIYが好きそうなお義父さんだから、ぜんぜん作業してても嫌そうに見えないところがいい。 

あっしも持ち家があったら、そんなことにせっせと精を出してみたいので、庭の手入れにしても手伝いたいとオファーしといた。 同居人だって大工なんだから、十分手伝えるし。 ま、自分のプロジェクトをさっさと終えて、ママとお義父さんところへ手伝いに行こう。(←かなり楽しみ)

自分のプロジェクト? 先日たんすを塗装直し終えたけど、今度サイドテーブルと椅子に取り掛かっておりまする。 シアトルの夏しかこんな外での作業できんからねぇ、温かいうちにやっとかないと。 

dad
もちっと、君もプロジェクトを積極的に進めてくれ。 やってるって? あっしがやりださないとちっともやらんではないかね。 (今晩のスパゲッティを作るというので実行中の同居人と看板掲げるチビ)


スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。