すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

なまけものUSA 

毎日毎日いったいどっから来るのかというくらいジャンクメール多いっすね(eメールじゃスパムメールっていうか)。 プロバイダー契約のメールアドレスにはスパムメールを分けるソフトを入れてるが、まったく拒否は難しい。 

そんなスパムメールについて、以前、バイアグラとか、その他わけのわからない薬の広告やら宣伝などが多いと書いたことがあったが、その中でもつい昨日目を引いてしまった広告メールがあった。 

"No Study Needed!"(勉強必要なし!)

オンライン学校でディプロマ(卒業証書)取得できるというものだった・・・・。

いや~、アメリカに来て、いろんな「すぐできます、簡単にできます広告」を山ほど見たけど、学校で証書を取得するのに、勉強しなくってもいいよ~って勧誘は初めてみた。


アメリカで人間の心理?をついた勧誘広告というのも、過去、現在といろいろあった。

電子レンジでチンするだけの朝ごはん。
飲むだけで痩せて、筋肉がつく錠剤。
ふきかけるだけでこすらなくても汚れが取れるスプレー剤
(あ、これは日本でもあるか)


アメリカ人と日本人が共通して手を抜きたがるところもあるんだが、ちょっと違うこともある。 違うところといえば、ダイエット(食事療法)やエクササイズの方法だろうか。 

飲むだけで痩せるだけなら、日本でも見たような気がするが、飲むだけで筋肉つくってのはもう、なまけものの骨頂のような気がする。 一体なんのために、エクササイズするのかって根本が間違っとるんじゃないの?

「料理が共働きで大変だから、料理をしてもどうもセンスがなくおいしいものができないから、お湯入れるだけ、チンするだけのインスタントにしたい。」という手抜きとは次元が違うような気がする。


結果でなくて、過程が大切なものっていうのは、手を抜いちゃいかんのだよ。

その勉強しなくて学位が取れるってのは、学位を取ることが大切なんでなくて、勉強する過程が大事じゃないのか?


世のアメリカ人たちよ、なまけものだと思われていること多しだぞ。

 
スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。