すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

料理の腕は食べる人がいてこそ 

今晩は、いつのまにか毎月恒例になった、ポーカーナイト。 バンドの連中が来て、夜中までビール飲みながら、ポーカーゲームにいそしむ。

あっしができることは、おつまみを作ってやることで、ポーカーには参加しない(細かいルールとか知らないから)。 

今回のメニューは、

揚げ餃子
ミニ・ミンス・ピロシキ(前回のから形変えただけ)
サルサ(前回と同じ)
チーズとオリーブ(切って爪楊枝にさしただけ)

あとは、チップスとか。

mince
パイシートを使って、ミンチのあんをつつんでみた。 まあまあ。

今日もまた夕方まで暑かったんで、その中での揚げ物やらはきつかった・・・。 しかし、ビールのおつまみって揚げ物がやっぱり合うし。 だいたいみんなよろこんで食ってくれるから作りがいがある。 


奴らがポーカーを始めてしまえば、あとはあっしはこうしてブログやってるわけで。 その前に、おととい会社の取引先、運送会社からもらった大量のアメリカン・チェリー、毎年もらうんだが今年はどうしよう・・・と考えた末に、チェリー酒を作ることにした。

ネットでレシピを探してみた。 探しているうちに、ブランデーやらウォッカ、バーボンと混ぜることがよくあるらしいが、日本の梅酒よろしく、チェリーをお酒と砂糖に数ヶ月漬け込むらしいことがわかった。

そんでもって、こういうお酒をCherry bounceというらしい。 いろんなレシピを掲示板などに紹介している人がいて、目移りしたが、一番よさそうなものを採用!

チェリー(種つき) 4カップ
ブランデー)950ml (4カップ)
砂糖 1カップ
水 2分の1カップ

注意:アメリカの1カップは250ml。

これをしっかり密封できるボトル(こっちでジャーという)に入れて、最低数ヶ月冷暗所にて保存する。 たまーに混ぜてやること。

こいつができたら、オンザロックにしてどうぞ、っていうことなんだがチェリー自体は味が全部でちまうのか、まずいので食べないほうがいいらしい。 


cherry
写りがもひとつだが、記念すべき一日目。

数ヵ月後が楽しみだ。 むふふふ。




スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。