すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

国別・年寄り比べ 

ビアンカさんの記事「快適さの追求」を読んで、あっしがふとよく思う、アメリカと日本のお年寄りについて思い出した。

アメリカに来てからしばらくして、ふとある日気がついた。

なんでアメリカ人のばあちゃん、じいちゃんは背中がまがっとらんのだろう?

日本のじいちゃん、ばあちゃんは全部がとは言わないが、かなりの数で背中が曲がっている。 かなり歩くのもつらそう。

そのすぐ思いつく原因として、

日本人は床、畳上に正座するので、腰が後ろに落ちやすい。それを前に戻すように座るので、背中が丸くなりやすく、年を取ってそのまま筋肉が固まってしまう?

だと思うが、しかし、よーく考えてみると、背中が丸くない年寄りも数少ないがいるわけで、身近ではあっしのばあちゃんがいる。 うちのばあちゃんはお肉たっぷりついていて貫禄ある体形をしているので、多少曲がっていても解らないかもしれない。(ばあちゃん、すまん。)

でも、それにしても結構しゃんとしていると思う。 長いこと習っていた日本舞踊のせいだろうか? それとも80過ぎても、旅行行ったり、息子夫婦や友達と出かけたり、かなりアクティブなばあちゃんなので、知らず知らずのうちに柔軟体操してることになってるんだろうか?


それと打って変わって、アメリカ人のじいちゃん、ばあちゃんで背中の曲がった人はほとんどと言っていいほどみない。 在米13年で、見たのってほんまに、数数えるのに両手いるか?っていうくらい。

これは、やっぱり床に座ることがなくて、椅子やソファに座って、上半身が前かがみになることがあんまりないからじゃないか・・ということがよく言われるが、他に背筋力が日本人よりある、とか理由があるのかな?


両国の年寄りの話しをしついで、ほかに気がついたことも書いておくと、

その2日本人の年寄りの口臭が結構ひどかったりするが、アメリカ人の年寄りで口臭のある人はほとんど少ない。
その3日本人はもう早いと60代後半でかなり耳が遠かったりするが、アメリカ人は80過ぎても結構、耳が聞こえる人が多い。
おいおい、これでは日本人の年寄りの悪いとこばっかりやないの。 なんかいいことないの? 

これらは全部あっしの経験値からである。 

口臭については、いろんなじいちゃん、ばあちゃんにお会いしたが、もちろん、年を取って体から放つ年寄りの臭いというものはある。 だが、口臭は近づいてもほとんど感じなかった。 帰って、汗っかきで新陳代謝が激しい若者の口臭のほうがあったりなんかする。

あと、この口臭って、緑茶のせいもあるんじゃないかと思う。 同居人が某日系大手会社のシアトル支店に勤めていたとき、客や従業員、上司が日本人だったから、比べる余裕もいっぱいあった。 その経験で、

「なんで、日本人は年を取っている奴に限って、口臭がひどいんだ? 俺はタバコを長年吸ってるし、歯医者だってそんなしょっちゅう行くわけじゃないが、それにしてもあんなに口臭ないぞ。」

その口臭がひどい人(若い男性も入ってる)ほど、よく緑茶を飲んでいたのを見た・・・というのだが、それは最近まであっしは疑ってかかっていた。 

でも、ある日、すごく変な話だが、ずーっと事務所であっしはコーヒーばっかり飲んでいた。 2,3杯もコーヒー飲めば、トイレで自分のオ○ッコの臭いまでがコーヒーなのだ。(汚い話で申し訳ない。)

それで、あるとき、あまりコーヒーを飲みすぎて、疲れていると、心臓の調子があまりよくないことが多く、カフェインは多いと思いながらもなぜか緑茶のほうが落ち着くので、今度は緑茶ばっかり立て続けに飲んだ日々があった。 すると、オ○ッコが濃い干し草のような臭いなのだ。 

まさに、日本の公衆トイレの臭い。 うげげげっ、と思った。 日本の公衆トイレはアメリカのよりなんでまたこんな臭いのだろうと思っていたが、そういうトリックがあろうとは・・・。 換気が悪いのだろうと思っていた。(それもあるだろうけど)

話が久々にごっつうそれたが、緑茶も口臭の一役買っているかもしれない。 この緑茶が酸化防止にいいと、飲み始めたアメリカ人女性も多いことなのに、そんな落とし穴があろうとは思うまい。(←もう決め付けている。)


耳についても、日本人のあっしもご他聞にもれず、しゃべるときはアメリカ人のように腹からパワフルに声を出さないので、アメリカ人によく、「ソフトにしゃべるわね」といわれるのだが、お年寄りについつい、気が回らず大きな声で話ししなくても、ちゃんと聞こえている。

同居人の去年亡くなったばあちゃんも84歳くらいだったが、あっしのぼそぼそ声でちゃんと聞こえていたし・・。


これらの疑問についてだけは、分析魔のあっしもコレというセオリーが見出せないでいる。 やっぱ、科学的根拠が書かれた記事とかを探すしかないな。 


ひとつぜんぜんこの記事のテーマと関係ないんだが、アメリカでマクド(マクドナルドの関西呼称だ)に年寄りを見かけたときは、なんだか違和感を感じたのはあっしだけだろうか? 日本の年寄りはそんなもん食わんしさ




スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。