すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

友達の定義・・また? 

どうも、記事書くと長いんだわ、ワタクシ。 細かく説明入れようとしすぎて、結局回りくどいのかもねぇ。 ちょっと、前記事を短めにしてみたけど、今回もちょっとまとめてみよう。(っていいんながらいっつも長いんだよ、君。)

前にも同じタイトルで書いたような気がするが、ずいぶん前のことだと思うので、また違う出来事で書いてみる。


バツ一の友人がぱすっと、一本メールを入れてきた。

「婚約しました。」

おいおい、えらい簡潔な報告やの。 しかも、あっしらよりつきあい短いはずやが、もう結婚かぃ? そやから、こっちもぱすっと一本メール入れてやった。

今度は大丈夫かね?

ちょっときついかなと思ったが、気の強い年下のオナゴ友達なんで、ムッとしながら、あっしの言いたいことはわかるやろと送ってやった。 返事が来た。

「今度は大丈夫って言い方もどうかと思うけんど。」

その通りや。 でも、言ってやった。 あっしの友達の定義って言うのは歯の奥にモノを着せたようなしゃべり方をしない相手をいうんであって、あっしより8歳も年下のくせして、一回結婚に失敗してて、ひとつ前の彼が結婚恐怖症?の自閉的トラウマ男だった。(どんなん?) この元彼と別れるときは、ものすごい傷つけられたんである。 4年もつきあい、同棲しながら、男は逃げたんである。

それが、あんた、2年もしてないと思う。 前の彼とはまったく違うタイプと出会い、さっさと婚約やと? まだ同棲もしとらんじゃないか? いったい今彼のどれくらいわかっているんやろう? 

日本とちっと違って、アメリカではたいがい同棲から初めて、銀行の口座も共同の開いて、要するに結婚の前提同棲みたいのを長年する人が多い。 経済的に一緒に苦労して乗り越えて、結婚のケがちょっとわかるかも・・ということでやる人が多いのだ。

どうも、見るからに彼女は男を見る目がないんでないのか(懲りないだけ?)、男運がないと思ったんで、心配している意味でそんなきつい言葉を贈ってしまった。

普通友達だと、そういうことは傷つけるからとまったく言わずにいるんだろうか? 

実は、このことをメールする前に、同居人に言ってみたが、「言わなくていいぞ。」と、言われていたのに、言ってしまったのだ。 あっしは正直すぎるのだろうか。 同居人もずけずけ友達にきつい言葉を浴びせるほうだが、まぁ、それは人により、男同士ということもあるだろう。

きっと、言っても普通そんなプライベートなことは、人は耳を貸さないから、言って傷つくか、関係がまずくなるよりまし・・ということかもしれない。


実際、昔のアメリカ人ルームメイト♀もそんな感じだった。 拒食症か?というくらい痩せすぎの長年の友達がいたのだが、骨骨しているのに、毎回会うたびに、「腰の骨が形が変?」とか、自分の身体の文句を言っているのだ。 

そのルームメイトに、彼女にあんた痩せすぎて拒食症気味だから、ちゃんと食えって言わないのか?と聞いた事がある。 彼女は、首を振って「そんなこと言わない。」(いえないとは言わなかった。)と言った。

彼女らは高校のときからの長年の友達なのに、どうして腹を割って話をせんのだろう。 自分を差し置いて、新しく友達になった人♀といつも一緒にいて、ちょっと傷ついたとか言ってたのに、友達といいながら、そんなつきあいでは、まるで建前社会のようだ、とあっしは思う。

それが建前でなくて、気遣いだと言われるかもしれない。 あっしはなんでも誰でも正直に言いすぎるから友達が少ないのだろうか?(あんまり気にしてないかも) 

やっぱり、ばか正直に言わないほうが良かったんだろうか? 今彼、ほんまに大丈夫なんかぃ? って。 うまく行かなけりゃ別れりゃいいって彼女言ってたくらい、強いからなぁ。。 うまく行かなくてもいいのかも。 でも、子供にはよろしくないと思うんだが、その考え方。





テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

料理の腕は・・アジェンダ編? 

前記事で「料理の腕は食べてくれる人がいてこそ・・」という序章的なタイトルをつけたわりに、内容に沿ってない記事になってしもた。 たまにぼーっと、記事を書いてるとこんなことになるんだ。


パーティで「ホストの女性が料理を一手に引き受けて、もてなすというのはめずらしいのでは?」というKiasuさんのコメントをいただいたが、その通りなのだ。 アメリカの貧乏、金持ちパーティでホストの女性が料理をしてそれを出すというのはめずらしい。 

貧乏なら、チップスとかデリとかで買って来たものをポンッとテーブルにおける食べ物があるくらいで、あとは酒。 金持ちならま、ケータリングでも頼むかな。 ホストが客をほおっておいて、料理や片付けにいそしむのは、社交という形でもてなしをしていないから。 

でも、あっしは週末のポーカーナイトのような小さなパーティにも満たない友達の集まりなら、喜んでおつまみをつくる。 ちょっと日本的かもしれない。

それはあっしが料理が好きだから・・が第一の理由。 あとは、前にも書いたようにアメリカのパーティがチップスとかカット・ベジタブルとかでおもしろくもなんともないから。

その料理の腕を揮えるときには、揮わせてもらいたい・・が理由。

やっぱり、料理が好きなものにとって、腕をふるって、喜んでもらって、ついでにおいしいと言ってもらえればすごくうれしい。 うれしいと、やっぱりまた作りたいと思うから、腕も上がるというもの。

これは、料理人にとっては当然のこと。 

しかし、料理の腕はほめられてあがると思っていない人がいるということを最近聞いてしまった。 この話を同僚にしていたときである。

同僚が以前、訪米した客の付き添いに取引先を回っていたときのこと。 突然、同僚は旦那にいつも料理するのか、と質問されたらしい。 長い道中の車中での会話らしい。 その会話で、お客がこういったらしい。

「うちの家内もやりますが、まずかったら、私はまったく手をつけませんよ。 うちの子供たちもです。 それくらい、してやらないと、なまけて腕があがりませんから。」

これを聞いた同僚はおったまげたらしいが、それを聞いたあっしもおったまげた。 ひぇぇ、すごい亭主関白。

そういう態度はさすが会社の社長らしい?と思ったが、奥様だって会社を手伝ってるのに・・。 でも、この考えかたは同僚もあっしも同様に、腕を上げて欲しいなら、ほめるべきだと・・・。

それでもってまずかったなら、できるだけ食べて、あとはここがまずかったという感想を言ってあげる。 まずいなら、自分が食べてもまずいのは判るんだから、そんな食べないなんて、心を傷つけるだけでないか。

日本の女性は特に料理に愛情を注ぎ込むと思う。 心をこめて料理をする。 あっしだってそうだ。 こんなアメリカナイズしている男オンナのあっしだが、そうだぞ。 

最初のころ、あまり食べ物を大切にしないアメリカ人らしく、よく残してきた同居人。そのときには、真剣に伝えたことがある。 

何でたまに残すのか?
まずいのか?
おなかがすいてなかった?
なら、まだ食べられるのに、帰ってきて冷蔵庫に入れるとかしたらまた食べられるでないか?
愛情をこめているのに、なんでそんなことするのか?

うんねん・・・。

最後の言葉が効いたのか、食べられなかったときんはちゃんと持って帰ってきて冷蔵庫にいれるようになった同居人。 あれから、ずいぶん成長?したよ。


どうだろう。やっぱり、料理はへたくそにできたときでも、ちょっとでも作ってくれたことに感謝して、ちょっとくらいは食べて欲しいなと思うんだけど。(よほど、塩が多くて食べられたもんじゃないとか、極端な例を除いて) だって、今日の料理はもう一つだった・・と思いながらも、自分が食べられるんだから、吐き出すほどまずくはない。

また、食わず嫌いはやめてほしいなとも思う。 一回くらい食べて口に合わないなら判るけど、一回も食べないで、嫌って言われるのもなんかさみしい。 生のタコ食えっていってるんじゃないんだから。

 

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

料理の腕は食べる人がいてこそ 

今晩は、いつのまにか毎月恒例になった、ポーカーナイト。 バンドの連中が来て、夜中までビール飲みながら、ポーカーゲームにいそしむ。

あっしができることは、おつまみを作ってやることで、ポーカーには参加しない(細かいルールとか知らないから)。 

今回のメニューは、

揚げ餃子
ミニ・ミンス・ピロシキ(前回のから形変えただけ)
サルサ(前回と同じ)
チーズとオリーブ(切って爪楊枝にさしただけ)

あとは、チップスとか。

mince
パイシートを使って、ミンチのあんをつつんでみた。 まあまあ。

今日もまた夕方まで暑かったんで、その中での揚げ物やらはきつかった・・・。 しかし、ビールのおつまみって揚げ物がやっぱり合うし。 だいたいみんなよろこんで食ってくれるから作りがいがある。 


奴らがポーカーを始めてしまえば、あとはあっしはこうしてブログやってるわけで。 その前に、おととい会社の取引先、運送会社からもらった大量のアメリカン・チェリー、毎年もらうんだが今年はどうしよう・・・と考えた末に、チェリー酒を作ることにした。

ネットでレシピを探してみた。 探しているうちに、ブランデーやらウォッカ、バーボンと混ぜることがよくあるらしいが、日本の梅酒よろしく、チェリーをお酒と砂糖に数ヶ月漬け込むらしいことがわかった。

そんでもって、こういうお酒をCherry bounceというらしい。 いろんなレシピを掲示板などに紹介している人がいて、目移りしたが、一番よさそうなものを採用!

チェリー(種つき) 4カップ
ブランデー)950ml (4カップ)
砂糖 1カップ
水 2分の1カップ

注意:アメリカの1カップは250ml。

これをしっかり密封できるボトル(こっちでジャーという)に入れて、最低数ヶ月冷暗所にて保存する。 たまーに混ぜてやること。

こいつができたら、オンザロックにしてどうぞ、っていうことなんだがチェリー自体は味が全部でちまうのか、まずいので食べないほうがいいらしい。 


cherry
写りがもひとつだが、記念すべき一日目。

数ヵ月後が楽しみだ。 むふふふ。




テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

国別・年寄り比べ 

ビアンカさんの記事「快適さの追求」を読んで、あっしがふとよく思う、アメリカと日本のお年寄りについて思い出した。

アメリカに来てからしばらくして、ふとある日気がついた。

なんでアメリカ人のばあちゃん、じいちゃんは背中がまがっとらんのだろう?

日本のじいちゃん、ばあちゃんは全部がとは言わないが、かなりの数で背中が曲がっている。 かなり歩くのもつらそう。

そのすぐ思いつく原因として、

日本人は床、畳上に正座するので、腰が後ろに落ちやすい。それを前に戻すように座るので、背中が丸くなりやすく、年を取ってそのまま筋肉が固まってしまう?

だと思うが、しかし、よーく考えてみると、背中が丸くない年寄りも数少ないがいるわけで、身近ではあっしのばあちゃんがいる。 うちのばあちゃんはお肉たっぷりついていて貫禄ある体形をしているので、多少曲がっていても解らないかもしれない。(ばあちゃん、すまん。)

でも、それにしても結構しゃんとしていると思う。 長いこと習っていた日本舞踊のせいだろうか? それとも80過ぎても、旅行行ったり、息子夫婦や友達と出かけたり、かなりアクティブなばあちゃんなので、知らず知らずのうちに柔軟体操してることになってるんだろうか?


それと打って変わって、アメリカ人のじいちゃん、ばあちゃんで背中の曲がった人はほとんどと言っていいほどみない。 在米13年で、見たのってほんまに、数数えるのに両手いるか?っていうくらい。

これは、やっぱり床に座ることがなくて、椅子やソファに座って、上半身が前かがみになることがあんまりないからじゃないか・・ということがよく言われるが、他に背筋力が日本人よりある、とか理由があるのかな?


両国の年寄りの話しをしついで、ほかに気がついたことも書いておくと、

その2日本人の年寄りの口臭が結構ひどかったりするが、アメリカ人の年寄りで口臭のある人はほとんど少ない。
その3日本人はもう早いと60代後半でかなり耳が遠かったりするが、アメリカ人は80過ぎても結構、耳が聞こえる人が多い。
おいおい、これでは日本人の年寄りの悪いとこばっかりやないの。 なんかいいことないの? 

これらは全部あっしの経験値からである。 

口臭については、いろんなじいちゃん、ばあちゃんにお会いしたが、もちろん、年を取って体から放つ年寄りの臭いというものはある。 だが、口臭は近づいてもほとんど感じなかった。 帰って、汗っかきで新陳代謝が激しい若者の口臭のほうがあったりなんかする。

あと、この口臭って、緑茶のせいもあるんじゃないかと思う。 同居人が某日系大手会社のシアトル支店に勤めていたとき、客や従業員、上司が日本人だったから、比べる余裕もいっぱいあった。 その経験で、

「なんで、日本人は年を取っている奴に限って、口臭がひどいんだ? 俺はタバコを長年吸ってるし、歯医者だってそんなしょっちゅう行くわけじゃないが、それにしてもあんなに口臭ないぞ。」

その口臭がひどい人(若い男性も入ってる)ほど、よく緑茶を飲んでいたのを見た・・・というのだが、それは最近まであっしは疑ってかかっていた。 

でも、ある日、すごく変な話だが、ずーっと事務所であっしはコーヒーばっかり飲んでいた。 2,3杯もコーヒー飲めば、トイレで自分のオ○ッコの臭いまでがコーヒーなのだ。(汚い話で申し訳ない。)

それで、あるとき、あまりコーヒーを飲みすぎて、疲れていると、心臓の調子があまりよくないことが多く、カフェインは多いと思いながらもなぜか緑茶のほうが落ち着くので、今度は緑茶ばっかり立て続けに飲んだ日々があった。 すると、オ○ッコが濃い干し草のような臭いなのだ。 

まさに、日本の公衆トイレの臭い。 うげげげっ、と思った。 日本の公衆トイレはアメリカのよりなんでまたこんな臭いのだろうと思っていたが、そういうトリックがあろうとは・・・。 換気が悪いのだろうと思っていた。(それもあるだろうけど)

話が久々にごっつうそれたが、緑茶も口臭の一役買っているかもしれない。 この緑茶が酸化防止にいいと、飲み始めたアメリカ人女性も多いことなのに、そんな落とし穴があろうとは思うまい。(←もう決め付けている。)


耳についても、日本人のあっしもご他聞にもれず、しゃべるときはアメリカ人のように腹からパワフルに声を出さないので、アメリカ人によく、「ソフトにしゃべるわね」といわれるのだが、お年寄りについつい、気が回らず大きな声で話ししなくても、ちゃんと聞こえている。

同居人の去年亡くなったばあちゃんも84歳くらいだったが、あっしのぼそぼそ声でちゃんと聞こえていたし・・。


これらの疑問についてだけは、分析魔のあっしもコレというセオリーが見出せないでいる。 やっぱ、科学的根拠が書かれた記事とかを探すしかないな。 


ひとつぜんぜんこの記事のテーマと関係ないんだが、アメリカでマクド(マクドナルドの関西呼称だ)に年寄りを見かけたときは、なんだか違和感を感じたのはあっしだけだろうか? 日本の年寄りはそんなもん食わんしさ




テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

食に関する創造力 

晩御飯食べ過ぎて、胸焼け気味っす。 週末に、東海岸から進出してきたという韓国系のスーパーがシアトル郊外にできて、かなりでかい店内には日本のものも多いというので、行ってきたのだ。 で、やっすぅ~と目移りしながら買ったスライスの霜降り牛肉、えのき茸、讃岐うどんと野菜で焼きうどんを作った。 くぅ~、胃袋にキタ。


本題はそれでなくって、週末に天気が良かったんで、引っ越してから初めて近所のファーマーズマーケットに行って見た。 ことのほか小さくてがっかり、その代わり、すぐ隣でクラシックカー・ショーをしてたんで、それをぶーらぶらと見て、お昼に○ッド・○ビンでサンドイッチを食べた。

そのバーガーチェーン店(あっしはあんまりこういうところに食べに入らないんだが、同居人たちにあわせたのだ。)で、サンドイッチやバーガーを頼むと、フライが付いてきて、そのフライをディップ(浸ける)するのに、アメリカの典型的なケチャップのほかに、BBQソースとなんと、ランチ・ドレッシングが選べるという。

BBQソースならなんとなくわかるんだが、ランチ・ドレッシングをディップするのか? タルタルソートとマヨネーズの合いの子みたいなドレッシングにポテトをつけて食うのだぞ。 

同居人がそれを選んだ。 つくづく、味覚の鈍い奴だと思っていたが、ここまでとは・・・。

だいたい、アメリカのジャンク・フードというのは、どうしてこうなんでもかんでもソースっぽいものにディップするのだろう。

きわめつけ、TVのCMで見た。ピザ屋のコマーシャルで、ピザのクラスト部分が最後に余ったら、ディップしよう・・・というトマトソース。 あきらかに、クラスト部分のパン生地が余ったから、それを細長く切って焼いて、パンにしましたというのが付いてきたりする。 それに、ピザのトマトソースが余ったのでつけちゃおう、とソースがついてくる。

考え付くメニューが乏しいよ、おい。 


メニューのと乏しさといえば、メキシカン・タコスのファーストフード・チェーンの食べ物にも、あらゆるメキシカンフードをただ単にトルティーヤのまき方を変えただけというものある。 カリカリ、トルティーヤにタコ肉とチーズ、レタスを挟んだタコスをさらにソフト・トルティーヤを巻いて、鉄板で押し焼きにしたから、ドライブ・スルーで食べやすいですよっという、単純な発想のタコもある。(何でも巻いたらいいんとちゃうでぇ!)


アメリカの食事というのは、つくづく入植時代、西部開拓時代の食べ物を除いて、ほとんど他国の食べ物のつくり回し料理が多い。 (まあ、ハンバーガーだって全部が全部西部時代の人間が作ったんでないと思うけど。) そのメキシカンに始まり、イタリアン・パスタも作り変えて、マック&チーズなんて、栄養の「え」の字も考えてないような子供の食いモノや、イタリアではないらしい、アルフレッドというチーズがベースのソースを絡めただけのパスタもある。(ないとイタリア人が言っていたけど、また間違い情報聞かされてたりして。)

近年では、アジアン・テイストも入ってきて、わけのわからない日本料理っぽい、タイっぽい、ベトナムっぽい料理がわんさか。 

アメリカのスーパーでパックの寿司もよく見るようになったけど、米粒つぶれて餅のようになっている巻き寿司みたら、買う気失せまっせ。


なんでもディップし、つくり回し料理がはびこっている食文化のアメリカで、これだけは染まり切るまいと必死に自作・伝統的料理を作り続けるあっし。 やっぱり、ディップや作りまわし料理ばっかりじゃおもしろくないと思うんだが、それは食文化が豊かな国から来たあっしだからそう思うんだろうか。

アメリカのパーティに行けば、必ずと言っていいほど、山ほど生野菜をカットしたものに、またディップ用のランチドレッシングが中央に置いてある皿がある。この生野菜に、カリフラワ、ブロッコリ、ニンジン、セロリが主で、最初、いくら野菜好きのあっしも手を出さなかったな。

あとは、買って来たサルサにまたトルティーヤチップス、ポテトチップス。 こんなのつまみたいともあんまり思わず、たまーに、マカロニサラダがあれば、胸をなでおろし、それだけ皿に取ったなぁ。


今週の土曜日はまた、同居人のバンド仲間が来て、ポーカーをやるらしい。 なんのつまみを作ろうと今からメニューと作るプランを立てている。 手間かかるけど、TPOにあわせたちょっと変わったメニューがあったほうが、食べるのも楽しいと思うんだけどな。 でも、あまり食べることに固執してないアメリカ人も多いから、その辺こだわらないのかねぇ。 


ああ、それはつまらない。




テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。