すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

権利の自由ってたまにうざい 

またまたRYOさんの記事、インドネシアの新法制定「何度も法律?」 を見て、思い出したことがあるのでTBだす。

新法をあれこれ作るらしいインドネシアみたいだけども、戦後の法律がなっかなか動かない日本よりいいんでない?とも思いながら、作ってみたはいいけど、イマイチ制定が中途半端でってのも困りますな。


アメリカは国の法律以外に、州ごとに、郡ごとに、市ごと法律があって(法律というか規則みたいなもんだけど)、このローカルになればなるほど、住民が法律を立てることや市政に参加できる・・・というのは以前にもちらっと書いた。(モノレールや、禁煙法についてね)

そういう法律でさえ、一般市民が参加できて法律作ったりできるんだから、いかにアメリカってのは発言の自由や権利が認められてるのだろうと感じることがある。

小さなコミュニティで起こった小さな出来事や事件で、住民が住みやすい街を作ろうと立ち上がる。 こうするべきでない、ああするべきだと声が集まって、グループとなり、団体がどんどん大きくなって、問題解決することも多々ある。

でも、この小さな声が大きくなるときに、多かれ少なかれ、

やりすぎでないの?

と思うようなリアクションも多い。 それは大抵、宗教心の濃い保守的な人たちだったりする。 子供が多いコミュニティだったら、過保護な親が「え?ここまで?」というくらいの運動を起こしたりする。 

それが、子供や未成年者をターゲットにした性犯罪者だと、子供を守ろうとする親の行動や団結力も解るンだけど、一般的に悪い影響だから・・と、シアトル近辺でつい最近、ストリップ・バーがある地域から追い出された、もしくは移転に大反対運動に発展したことがある。

確かにあんまり近所にストリップ・バーは来て欲しくないけど、あまり満たされない世の中の男性、もしくは、学歴やまともな職歴のない女性がお金を稼ぎたい場で発散する?ことが必要で、うっぷんが溜まってそれが結局、性犯罪になるならそういうのも必要なんじゃないかな。

そういう場が他の犯罪(薬や暴力など)の巣になるというので反対するというより、子供の目にせくしーな(アキツさん風表現)女性がうろうろ・・は毒とか?

ともかく、アメリカの親の運動は法律や規則まで作ってしまうくらいすごい勢いだということ。


それで、思い出したのが、まだクリントン政権だったころ、へヴィメタルという音楽が邪悪な歌詞で子供に悪影響を与えると、ある事件をきっかけにへヴィメタルのCDの市場流通を制限しようという動きが出たことがあった。

ある事件というのは、へヴィメタルの大御所、オジー・オズボーンの自殺を歌った曲を聴いて、当時十代だったファンが自殺してしまったというもの。 同じようなことが、これまたへヴィメタルの老舗バンド、ジューダス・プリーストの曲でもあったと思う。 

これって、メタルヘッドのあっしとしては、バンドの熱烈ファンがあまりの入れ込みにちょっと鬱気味になって、バンドのメンバーが死んじゃったから、自分も自殺した・・・・という域に似てるような気がする。 自分の意思がないように思うんだけど。 

ま、このことは今回話しのネタじゃないので、置いといてっと。 


その事件で、当時副大統領アル・ゴア氏の奥方、ティッパー・ゴア女史が作ったルールがまたたくまに施行されてしまった。 

それは、へヴィメタルやその他ロックで、暴力的、性的な言葉を含む曲のCDは必ず、"PARENTAL ADVISORY-EXPLICIT LYRICS(保護者顧問-赤裸々な歌詞?)"というロゴを貼り付けるというもの。

これをつけることで、未成年者が親に、 「これ、買ってぇ~。」とせがんだときに、バンドのことを知らない親はパッケージを開けずに、子供に適した曲かどうかを判断して買うかどうか決められるという・・・ってそうなのかな。 

これが施行されたときは、かなりバンドやファンのほうからの反論があったけど、今はもうへヴィメタルバンドのCDジャケットの一部のようになっていて、誰も気にしてないと思う。 あれば、逆にファンは「おお、過激な歌詞なんだな、クゥ(cool)!」と言って買うかもしれない。


しかし、そんなルールをつくりまっせ。とゴア女史が発言してからの施行が結構早かったのを覚えている。 あらゆるCDにあのロゴがついたっけ。 

でも、効果的だったかっつうと・・・、前述のとおり、インドネシアの法律とは違いますが、論争を招いただけで、あまりCDの売れ行きに影響したという話は聞いておりやせん。 それよか、ナップスターの無料で曲をダウンロード・・のほうが効いたと思うな。 


なんか、TB先と話がこじつけっぽい気が・・・。いやこじつけですな。

スポンサーサイト

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

夏場の食事と家電のお話 

今日もまた暑いっす。 昨日の記事で華氏から摂氏への計算が間違ってたけど、80度は約26度だそうな。 今日はなんと華氏90度(33度)ですよ、これはこの日のワシントン州の記録だそうな。 ああ、今晩も熱帯夜だろうか・・・。

さすがに暑いので、火を使った料理をあんまりしたくない。 けど、おなかは空いたので、暑さが引くまでと、シリアル食べてみた。 ん~、こんな朝ごはんじゃね。

同居人も家にまだごろごろしてるし、暑いしでそうそう食欲がわかないらしく、なんか冷たいものがいい・・と言うので、アメリカ人が冷たいものってなんぞや?と考えた。 結局本人曰く、

シュリンプ(小エビ)のサラダ

なんと、控えめなことか(笑いそうになったわ)。 いっつもでかい牛肉ステーキをがつがつ、ベイクドポテトをがつがつ食う奴が。

あっしも冷凍していたご飯をチンして、サラダに使った食材の残りと、ミンチ肉の甘辛煮で超あり合わせ。 もう、これ以上の火は使いたくない・・。

できれば熱帯夜はそーめんと行きたかったが、買いに行くのも嫌だったので、仕方ない。 あっしは暑いと毎日そーめんでもいいくらい、暑いものを食べたくない。 これで、そーめんサラダのように、ごま油とそーめんつゆ、わさびかしょうがの擂ったの、きざみねぎ、甘辛しいたけで食べると最高。(明日は買いに行こうかなぁ。)


昨日はとうとう我慢できなくなった同居人が、新しい扇風機を買った。 今まであったのがイケアのアンティークっぽいスタイルで、帰国する日本人から買ったのがあった。 だが、こいつの電気配線がイカレているのか、3段階の強弱をあわせても、いつのまにか全部、<strong>強になってしまうという、超自然現象もんの上に「やってますっ」というくらいうるさいものなので、 「静かです」と箱に書いてあった、縦長型のを買って見た。

静かっていうか、普通だと思うんだけど、まあ、イケアのより静かだわ。 日本の扇風機ってもっと静かだと思うけど、アメリカの電化製品って何かしら、音の強弱は後回しだ。 

掃除機もこれでもかっというくらいうるさいし、「静かです。」と歌ってるものは、日本の安物みたいなくらいのうるささはある。 また馬鹿でかいつくりで、絨毯に広いエリアがたくさんあればいいけど、でも家具の足元、ベッドの下とか、まず先が入らない。 日本の掃除機みたいに先が取れて、さっと長いノズルで細かいところまでゴミを吸えるのに。 

こっちの掃除機って、ホースが付いてる奴もあるけど、先のノズルをいちいち取り付けないといけない。 うちの掃除機は同居人のものだったんで、そのノズルをどっかやってしまって無い。(奴はそれが多すぎるのよ) たぶんアメリカ人は大まかにゴミが吸えればいいんだ、きっと。 

いつか、ドイツ製の強力な吸引力で、細かい場所のゴミ吸えて、そこそこ静かな掃除機が欲しいもんだ。 使ったことないが、ドイツ製って吸引力がすごくて、実はごっついうるさいとか・・・。

日本人は吸引力より、やっぱり、音といかにダニやら虫も吸い取り、殺虫するかってのが重要なポイントのような気がする。 だって、吸引力はよほど、ゴミがたまっている家庭でないと必要ないもんね。 日本人こまめに掃除するもん。


そーめんと扇風機の話しがいつの間にか掃除機になってしまった。 暑いから、あんまり考えたくない。 勘弁してください。


 

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

軍人の雇用形態って 

おとといあたりのTVで映画フォレスト・ガンプをやっていた。 あっしはこの映画がなんだか好き。 戦争の場面がでる映画は嫌いだが、これはまあまあオッケー。 

この映画でふと思い出したのが、先日地元出身の軍人、LT=ルーテナント(陸軍中尉か海軍大尉)がイラクへの派遣を拒んだというTVのニュース。

なんでも、国がイラクへ軍を送るという理由や策が納得いかないらしいというのが、彼の拒否の理由らしい。


あっしも、個人的にアメリカが軍を派遣することには反対だが、しかし、軍人にとっては、国が彼の雇用主であって、派遣されるところ、戦争や人命救助などに行くのが仕事ではないか。 

それが嫌というのなら、雇用主の命令が聞けないのなら、軍人やってる意味が無い。 辞めてしまえばどうなんだ? ・・・と思ったところで、ひょっとして辞められないとか?と思い浮かんだので、同居人に聞いてみた。

お父ちゃんが元海軍ドリル・インストラクター(海軍戦法の指導官)で、お義姉ちゃんも元軍人、政治、時事、歴史オタク?の同居人は結構その辺詳しい。

辞められんよ。

一言きっぱり、同居人。 え?終身雇用?

怪我したとか、逆に首とかでないと任期中は辞められんよ。 

あ、びっくりした。 任期が4年とかで登録したら、その間は辞められんそうな。 で、任期が終了したら、Honorable Discharge(名誉ある解雇?)となるわけだ。 

その中尉殿は何年軍にいるのか報道されてなかったが、中尉になるくらいだから、4年以上はいるんでしょ。 2回目サインアップ(契約書に署名して)してから、気が変わってしまったのだね。 

4年と言えば、大統領の任期と同じか、W氏の任期中に気が変わったとしても、反共和党のあっしとしては、なんだか気持ちがわからんでもない。 他の右翼のような、ブレインウォッシュ(洗脳)されたような軍人が「国を守るためでありますっ!」とか言いながら、実は国は攻められたことほぼなくて、他国へ攻めてるっつうの・・という事実を考えれば、ある意味、勇気ある行動だと思う。(イラクへ行きたくないというのをただ単に弱虫だと言った人も多数いたみたいだが。)

しかし、軍人が正当化できる仕事だけやることはほぼないんでないか? 天災時の人命救助だけに借り出されるわけがない。 なら、最初からこんな命令も解ってただろうに、ある意味勇気ある行動だけど、なんだかほんとうによく考えて軍人になったのかな、と厳しい見方もしてしまう。


つい、数日前のニュースでまたこの件を報道していた。 この中尉殿はイラクに行かなくてもよくなったらしい。 それでどうなったのかは、晩御飯を支度をしながら聞いていたので、よくそのほかのことは聞いてなかった。 

しかし、民主党派のワシントン州にいるからまだよかったものの、もし共和党よりの南部や中西部にいたら、逆に彼は袋叩きかなぁ。 万が一解雇となったり、任期終えても次の仕事がしばらく見つからんとかあるかもしれない。

民主的な見方したとき、命令に従わない人として判断されるのか、それとも言論の自由と主張の権利で勇気ある行動する人として判断されるのか、どうなんだろう。



テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

案ずるより生むがやすかった 

今週は結構晴れ間が多かったけど、週末はさらに温度も上がって、あっついあっつい。 華氏80度(摂氏38度?)ってシアトルにしたら暑いほう。 アメリカの南部なんてこの倍くらいの温度になるんだから、よくそんなところに住んでる人がいるなぁと関心してしまう。

また、西海岸から南部にかけてはえらく乾燥してるから、日本みたいなじめ~ってのはないので、汗ダラダラ、食欲なくす・・・というのは少ない。 でも、暑さが半端じゃないので、熱いのが苦手なあっしは、エネルギー消費量が大きく、夕方くらいになると、疲れて涼しい東側の部屋でお昼寝してしまう。(日陰は涼しいの)


こんな熱いのが金曜日からだから、家に帰ってきたら、例の小バエが5倍くらいになって増えていて、もう、暑いわ、頭にくるわ。 すぐさま店に行って、殺虫剤とハエとりもち?買って来た。

なんでこんなに小バエがでるのか、考えながら、ネットでも何が原因とか駆除のほうほうとか調べてみた。

でも、ネットでこんなことが書いてあった。

熟れすぎて腐る寸前の果物や野菜、ジュース、ビールなどまだ湿り気のある食べ物や飲み物にたかる。 それらにメスが卵を産み付けないように、なるべくこまめに処分するか、湿らして細切れにした新聞紙などをかぶせておくとよい。 

やっぱり、そうだよな。 普通のハエと違って、完全に干からびたものにはたからないから、あっしがどこか台所の見えないところに食べ物落っことして、それに・・・というのが考えられない。 前述のように、乾燥してるからそんなちょっと料理の合間に落っことしたものなんぞ、干からびてしまうから。

ゴミやリサイクルもこまめにと片付けているとき、同居人の飲み干したビール瓶がしこたま入っているリサイクルボックスのビール瓶6、7本を動かそうと近づいたら、一斉に煙のようにハエの軍団が舞い上がった。

怖かった・・・。

もう、殺虫剤を台所だとか、おかまいなしに吹きつけまくり、ハエがいっぱいとまっている戸田に吹き付けて殺してから、掃除用スプレーでふき取って、戸棚の上やストーブ周り、電子レンジの裏、下、冷蔵庫とあらゆるところを掃除しまくった。 と、ふと目に留まったものがあった。 

冷蔵庫の上のクーラーバッグ

同居人が弁当を仕事現場へ持っていくために買ったものだ。 よく同居人はお昼食べる時間がなかったとか、食べ切れなかったとかで、残したものを持って帰ってきて、冷蔵庫にしまうということをしないで、ほったらかしにしたりすることがある。(まじ)

怪我をしてから、そのクーラーバッグを使うことがないから、弁当を入れることもなく、中をチェックしてなかった。 あちこちおそるおそる開けてみた。 

ぎゃぁぁぁ~!!

く、く、く、腐りきって、ハエの温床となったバナナが入っていた・・・・。

やっぱ、おまえかぁぁ!!
お、お、おまえの後始末の悪さでどんだけ、非衛生な数週間を過ごしたと思っておるんだっ。 おまいが、TVなんぞソファで悠々と見ている間に、どんだけあっしが台所のあらゆるところを椅子に乗ったり、床にひざまずいて拭きまくって、いったいどこに元があるのかと、ネットまで調べたりしてたのに、こ、こ、このぉ~。

もう、外に持っていって、水と洗剤と持って出て、即掃除させた。 出会ったころは、同居人のこの後始末の悪さがかなりひどく、車の中から腐ったサンドイッチが出てきたことなんぞ何回あるか・・。

どうしてそんなに汚いのだっ?!食べ物はちゃんと冷蔵庫にしまえば、次の日くらい食べれる、粗末にするなっ!と何度もしつけをして、だいぶそれができるようになったのに、ひさびさにやってくれたわ。ハエがうろうろしてたのに自分だって文句言うのに、台所に立つのはほとんどあっしだから、気にならんわな。


大家にもなんとか助けてくれとSOSを出したあとだったが、結局自分らが諸悪の根源だったんじゃないか。 んったく、言い訳は自分でしろよ、と同居人が月曜日大家に説明させるために、あえてまたメッセージを大家に残さなかった。

しかし、を絶ったので、夕方にはもうだいぶハエの数が減った(「元から絶たなきゃだめ」というCMは正しい)。 ネットで見た限り、小バエのライフサイクルはせいぜい10日らしいので、その間に大人のハエを殺していけば、10日も立たないうちにきれいになくなるだろう。 それだけ考えてもすっきりする。

問題は考えるばっかりより、動いたほうが解決が早いときがある・・・という教訓であった。 


この一件で戸棚や壁の小さな点が今、すべて小バエに見えてしまうあっしは、もうかなりトラウマしているかもしれない。 冗談半分に、同居人の腕のほくろ2つをひっぱたたいてやった。

あ、ハエや!! ぴしっっ 

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

脂肪はうまいし非健康的 

今日のお弁当は久々に梅干のおにぎりを焼き海苔巻きに、先週の同居人の両親ンちでのBBQで残ったハンバーガーのハンバーグをつくね風に甘辛しょう油を絡めてみた。

同居人のお義父さんがいっつもシェフなんだが、おそらくこれは冷凍もんを買ったのだろう。 BBQ用に堅いハンバーグである(網から落ちないようにね)。 あごがだるくなりながら、思わず

ああ、イシイのハンバーグがなつかしい・・・・。

これ全国的に有名っすよね? 手料理がうまかった母だが、あっしら兄弟が好きだからやっぱり、多少インスタントものも買っていた。この焼いたらいいだけのハンバーグがお弁当に大好きだったのだ。

でも、アメリカの出来合いハンバーグのように固くない。適当な脂肪もやっぱり入っているから、日本の肉はいつも柔らかめだ。

アメリカに来て、肉のスジは多いが、いい脂肪分が少なくて、霜降り肉もほとんどなく、いっつも堅いのをあごがだるくなりながら食っている。 どうして、アメリカ人はこうまでして、いい脂肪分まで嫌うのだろう。

4人に1人が肥満といわれるアメリカ、なんでこんなに肥満が多いんか、住んでて解るんだが、栄養学の知識がほとんど乏しいのだ。 太っているのは脂肪が身体にくっついているからと、とにかくファット・フリー(脂肪分なし)の食べ物を食う。 また食品会社もこぞってコマーシャルし、売っているから、人々が誤解する。

脂肪の摂取度だけ気にしたって、ダイエットなんかできるわけないっしょ。 理解できないのが、脂肪分で成り立っているような食品まで脂肪分減らしたものを食品会社が作って、それを人が食ってるってのが・・。

ロウ・ファット(低脂肪)の牛乳
ファット・フリー(脂肪分なし)のアイスクリーム


どうやって作るのよ? 以前、アメリカ人のルームメイトがいたとき、このアイスクリーム食ってたから、ちょっと味見してみた。 むちゃくちゃまずい。 シャーベットみたいよ。 アイスクリームって脂肪分で大方できてるのに、無しにしてどうするの?

それをまた、1ガロン(3.7ℓ)とかも買って来て食ってるルームメイト。 ダイエットする気あるのかい? ダイエットの根本がまちがっとるよ、きみ。


もちろんヘルス・コンシャス(健康意識過剰?)の人も多いから、正しく食事をすることが大事なの知られているし、どんな食べ物がいいかという情報もあるのだが、何せ日本人にしたら、食材も乏しいが、料理法も乏しいと思う。 日本みたいに油をあまり使わない料理法がサラダくらいしかないっしょ。 せいぜい野菜蒸したり?

野菜蒸したり、生のまま食べたりしても結局、脂肪分無しランチドレッシング(タルタルソースのもっとトロっとした奴)をかけたり、低脂肪のサワークリームをベークドポテトにかけて食うんだから、結局脂肪分摂取しないとだめな料理法ばっかじゃいかんよ。

かつおの出しとしょう油、みりんで野菜にてみんさい。 おいしいし、脂分も低いわな。 って、たぶんカロリー的にはベークドポテトにサワークリームより低いと思うんやけど。


テーマ: アメリカ合衆国

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。