すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

運がいいととるか、悪いととるか 

先月末から同居人が転職したことはちらーちらーと書いた。8年ほど勤めた日系の大手運送会社を退職し、十代後半から何年かやった大工に戻ったのだ。

アメリカにある日系企業というのは、現地の人間に払う賃金がかなりしょぼい。 しかもプロモーション(昇進)はほとんどない。 せいぜい部長どまり。 なんでかは知らないが、やっぱり日本から送られる駐在員を優遇するためじゃないかと思う。

一応、日本でも大手企業に勤め、海外部門にて駐在員の事務処理を経験し、アメリカに来てからでも日系大手企業で働く人たちからの話を聞いてのあっしの情報なので、あながち、同居人の元勤め先が例外ではないと思う。 

今回は日系企業がいかにアメリカ人にケチか書くつもりでない。

そんな日系企業に8年も勤めた同居人はアメリカ人にしちゃ、たいしたもんだと思う。 目先のことを考えて、ぱっぱと先に移ってしまう多くのアメリカ人は大抵3年いれば長いほうだという。

しかし、あまりにしょぼい賃金では、もうすぐ小学校にあがる息子もいるし、あっしと家庭を持てば、将来があまりに不安なので、危険だが儲かる大工に戻ることにしたのだ。 (この辺前書いたような気がする・・が、まあいいや)


同居人の実姉ちゃんの旦那がサブコントラクター(下請け建設会社)を営んでいる。 そこで、また修行も兼ねて、働き始めた。 時給はかなりいい。 給料は倍くらい跳ね上がった。 でも、小さな怪我やら耐えず、毎日泥んこになって帰ってくる。 (ただでさえ、汚いのに。。)


5月頭から、ワシントン州の南を車で3時間くらい下ったところの海辺の田舎町へ家を建てて欲しいとお施主からじかに頼まれ、毎週月曜日か火曜日から木曜日までの4日間をRVに泊まりながら、毎日11時間労働という過酷な仕事に出かけている。

連休だった週末を家で過ごし、今日また出かけていったのだが、いっつも夕方電話をかけてくる声がどうも暗い。 

どしたん?

「二階から落ちた。」

ぬわにぃ??? どす声のあっしの声が裏返った。

どうやら、2階までの骨組みをほぼ終えるころまで行った今回の仕事だが(奴らはフレーマー)、その足を踏み外してか、2階から隣にある家の屋根をごろごろ転がって、一階まで落っこちたらしいのだ。 足をくねって、あばら骨も折ったかもしれないとか言うでないか。


その瞬間、あっしの頭に一番によぎったのは・・

奴は保険あったけ?

本人の身を先に心配したともさ。 足とか腕とかも骨折ったのか?どうもついさっきのことらしく、足ははれ上がっているが、折れているのか解らないらしい。

落ち着いて話していて、職場での怪我だから州政府に払っている保険で病院代などは払われるから大丈夫か。 しかし、次にあっしの頭に浮かんだのが、

やっぱり家の間取り?

なんでやねん・・・と思われるだろうが、昨日同居人のロックバンドのショーで楽しかった休日を過ごした後だけに、急に起こった不幸に、あっしは突如と神事深くなる。 そして、

身体が資本の大工。 怪我して働けないとなると・・・、

ああどうしよう。お給料が減っちゃう。

自分でも、奴に愛情はあるのか?と自問したくなるときがあるが、こんな現実じみたことを頭に浮かべるあっしは、決して狂ってないと思う。 オンナなんてそんなもんだ。


今日は奴の誕生日だったのに、、、、まあ、なんてついてない奴。 ああ、今月も精進しなけりゃ・・・と、うんうん、元気だしなよと、奴を元気付けながら、あっしはそんな超現実的なことを考えていた。 あーあ、前途多難だ・・・、あっしらの人生計画。 


変なことを考えていたあっしが、奴のためにせめてもの罪滅ぼし(?)。 なんかのバトンを団長からいただいたので、書いておく。


Q1.同居人の1番のチャームポイントは?
あっしに駄目もとでモノを頼むときに、目をあわせずに横顔のまま歯をひんむいて、ニッと笑ったときの表情。(文章で表現するのは難しい)

あと、あっしよりはるかに長いまつげ。(しかもちゃんと天然カール)

Q2.同居人に似ている芸能人は誰?
よく言えば、鈴木亜久里(芸能人?)
悪く言えば、明石家さんま(すんません)

Q3.同居人との慣れ初めは?(知り合ったきっかけなど)
同居人の勤め先に、お客として出入りしていた。 最初お互いしかとしてたが、メタルが好きだと知ってから・・・・。

Q4.これだけはやめて欲しい同居人の行動、癖は?
脱いだものを6歳の息子と同じようにカーペットにぬぎちらす。 どんなに汗かいても、3日くらいシャワーなしでオッケー。 1.5日くらい歯も磨かなくてオッケー。(シャワー浴びろ、歯磨けと言わすな)

Q5.同居人からもらった初めてのプレゼントは?
出かけた帰り際に通りかかったレストランの窓際に飾られていた花をポキッと折ってくれた。

Q6.プロポーズの言葉とその時アナタが感じたキモチは?
プロポーズはまだだが、結婚すんべぇという言葉は何万回も聞いた。最近、はいはいはいと聞いている。

Q7.同居人の特技は何?
まともな特技は、ロックドラムのセミプロ、合気道黒帯、海軍指導官だった父仕込みのコンバット戦術。
適当な特技は、のび太くんに負けないくらいの速さで寝入る。おならで返事する。 どんな時間でも、どんなに貯めてても好きにウ○コできる。

Q8.同居人が好きな女性のタイプは?
ジェシカ・アルバ (で、なんであっしとくっついたのか謎)

Q9.将来どんな生活をしたい?(例えば子供は何人とか?)
子供はもう一人(チビ以外に)くらい欲しい。 家族でキャンプやバイクに乗ってアクティブに、且つ普通に暮らす。 副業やって小金持ちになりたい。

Q10.次のバトンを渡す、旦那を紹介していただく5人!!
5人も浮かばないし、プレッシャーもかけたくないんで、見た方どなたでもやってみておくんなせぇ。(バトンになってへんけど)

sannma
鈴木亜久里っつうより、やっぱ、さんまかなぁ。
バンド仲間からビール缶ホルダーもらった同居人。のん兵衛が。
スポンサーサイト

テーマ: 海外生活

ジャンル: 海外情報

△page top

思い出すこと、覚えていること 

今日はメモリアルデー。 いっつも何か感じながら、自分の感情を無視したり、無関心を装ってしまうあっしなので、今まで特にこの日のことを話題にしたことはない。


大体メモリアルデーってなんなのだ? 日本語に直してみたり、日本の祝日に当てはめてみよう。 終戦記念日?別に第二次世界大戦が終わった日でもない。 「戦没者を思う日」?これか。

どうしても、もうひとつの参戦者に関係する日、ベテランズデーと混同してしまう。こっちはベテラン(元軍人)の日だから、死んだ人のことでない。  

なぜ、今までこれらの日のことを考えたことがあまりないのか自分でもよく説明できない。 ただ、考えたくなかったのかもしれない。 日本人だからってのもあるかもしれない。 これが、広島、長崎の原爆や第2次世界大戦の終わりとかになれば、もうちっと考えてるかもと思う。


あっしは自分で言うのもなんだが、ひそかな戦争反対者だと思う。 無条件に戦争は良くないと思っている人間だ。 必要不可欠な戦争ってあったのだろうか。 戦争があって、街を一掃して、新しい経済が生まれ、繁栄した・・・・。なんてそんな結果よければすべてよし、みたいな考えは、本末転倒のような気もするからあんまり考えたくない。

ただたくさんの犠牲者を出して、たくさんの身障者を出して、尚且つ、戦争を正当化している今のアメリカ政権(特にと言っちゃうのは語弊があるかねぇ)が好きじゃないので、考えようとしていないだけかもしれない。

だいたい、戦没者を思う日に、戦争の根源(と少なくとも思っている)Wがセレモニーに出るのもなんか、どうもしっくり来ない。 表向きにはそれは当たり前だろうけど。 


昨日のCBSテレビでやってた60minutesで、イラクへ行って怪我して胸から下全部、麻痺してしまった若い元軍人がインタビューに答えていた。 

「イラクに米軍がいるべきだと思いますか?」

という質問に、彼の答えにしばらく間があった。 結局、答えはイエスだった。 同居人と二人でつっこんだわ、「うそつけー。」


これ以上戦没者を思う日に思われる人間を作り出す理由ってなんなんだろう。 納得できる答えなんかどこにもない。 考え始めたら、やっぱり、メモリアルデーはあっしにとって、考えられない、語れないものじゃないような気がする。 

アメリカの戦争関係者、関係者の家族、アメリカ政権下に育ったアメリカ人すべてに意味のあるメモリアルデーっていう気がするあっしは、どうしても傍観者の立場からまだ、中に入れない。 そのうち、市民権でも取ったら、違う気持ちになれるんだろうか。

そしたら、堂々とこの日のことを考えて、語ってやろうかな。


考えがもひとつまとまらないから、もひとつ文章もあっちこっちにいってまとまってないな。 

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

友達の定義 

同居人が仕事で今月一ヶ月ほとんど家にいない。 それを同居人の両親は知っていて、奴がいないときに同居人のママはあっしに電話をくれた。 

独り身がながかったし、一人でうろうろするのも好きなので、特に同居人がいなくて、怖いとかさみしいとかはあんまり思わない。(おおっと問題発言か?)やることがないなら、まだしも、毎日なんかしらやることがあるんで、さみしいと思ってる暇がない。

そんなだからってわけでないが、同居人のママが電話をくれたときに、あっしを娘のように思って、心配して電話をくれたのはうれしいが、「同居人に、帰ってきたら電話するように言って頂戴。」と言われたときには、OK!と言ったものの、?奴に直接電話すればいいじゃんか。と思った。

同居人に言うと、ママはもうあっしを家族のように思ってくれているから、友達のように親しくなろうとしているだけで、マジに同居人への託を頼んだわけでない・・・ということだ。 

ま、心配してくれたのはわかったが、それが一応社交辞令だとは思いもしなかった。 だいたい、アメリカ人のいう友達になるという定義がどの辺で、どんな人たちに使われているのかが未だにピンっとこないことがある。

日本人の言う友達と違うのは、大人と子供、女性と男性と範囲ってものがあんまりない。血がつながっていなくて、親しいならほとんどが友達と言ってしまえるくらい、友達の範囲が広い。

だから、同居人が、ママがあっしと友達になろうとしている・・といわれてピンっと来なかったのだ。


これが、同居人の6歳の息子、チビにもあてはまる。 あっしにしたら、同居人のガールフレンドであって、チビとの関係は、まだボーイフレンドの子供である。 チビとの関係をどう築くかで悩んだ2年前、同居人はチビの友達になってほしいといった。 

友達ぃ? どうやって、当時4歳の子供とあっしが友達になれるのだ?とかなり悩んだものだ。 しかし、同居人と結婚してるわけでないし、義母でもないから、母親を演じるわけにもいかないから、あっしは責任ある保護者の一人として振舞おうとして。 結果、失敗して、結局同居人の言う友達にちょっと近い、もう一人のボーイフレンド兼チビを見守る責任あるもう一人の大人として振舞うことにした。

どうしても、身近にいる大人として、ただ一緒の屋根の下で寝起きするおばさんにはなりたくなかったし、同居人との将来も考えて、一緒にチビを育てるくらいの勢いで彼の存在を考えたかったから。 だから、ほっとけばいい・・といわれても、どうしても食べ物は好き嫌いさせたくなかったし(結局同居人に任せないといけないんだけど)、悪いことをしたら叱って、いいことをしたら褒めてあげたかった。


アメリカ人言う友達の定義・・これから同居人のママとどう築いていくか、チビのときよりはもう少し楽じゃないか(大人同士だし)、と思うが、今後のあっしの大きな課題になりそうだ。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

忘れられない道端の面々・車編 

Toshi@タイさんの詩(?)に感動して、つい今日見たものを思い出した。 

license plate
変な意味に取ってしまったあっしも汚れきってますかね?



テーマ: 海外生活

ジャンル: 海外情報

△page top

キューピーマヨで合格! 

引越ししたシアトル市の南部は、以前住んでいた北部と違い、あまりアジア系のスーパーがない。 どうやら、メキシカンの率のほうが高いらしい、あっちこっちでめずらしくメキシカン・スーパーやレストランを見る。

シアトルで普通のアメリカ系スーパーチェーンに行っても大概、最低限のアジア系食品は買えるんだが、やっぱり、アメリカ人にも受けそうなラーメンや、わさび、乾麺、インスタントみそしる(もう日本になさそうな粉の)とか、味噌、うどん、やきそば、豆腐が主にあるが、「ちょっとこれは日本製でないと!」と日本人が思っているものがない。

日系スーパーが少ないんで、韓国系や中国系スーパーでまかなえるものもある。でも、でもこれだけはどうしても日系スーパーに行かないと、アメリカ製では代用したくないものがある。 それが、

マヨネーズ(いつもより、でかいフォントをつかっちまったよ)


しかもキューピーじゃないと嫌なのだ。 あれってキューピーの専売特許かと思うくらい、店にあるのはキューピーっすよね。 確か日本には他のブランドがあったと思うが、忘れてしまうくらいマイナーだな。

さて、その日本製マヨネーズはアメリカ製と違うというのは、アメリカに住んだことのある日本人なら痛感しているはず。 アメリカのマヨは酢の割合が少ないので、まろやかだ。 だから、アメリカ料理で使う、サンドイッチには合う。 が、そのほかの料理に使うには、どうも合わないのだ。 

以前日系スーパーに買いに行くのが面倒くさくて、アメリカ製マヨでお好み焼きを食べたら、まずかった。 あの適度なすっぱさがうまくお好みソースとかみ合わないといけない。 アメリカマヨで胸焼けしてしまった。


そして、今日たまたま、以前から広告ちらしで気になっていた、あまり聞いたことの無いスーパーに寄ってみたら、なんと、アジア系やメキシカンなどのエスニック系の食材コーナーが意外と豊富で、アジアコーナーと思われる場所のかなり高い棚の上を見上げると、

そこにはキューピー・マヨが!!!

周りに人がいなかったら、黄色い声を上げていたかもしれない。感動した!すごく感動した! 

日本からこれを読んでる人にはこの感動がわかるまい。そんな人の近所のスーパーでお徳用が198くらいで売ってたりするんだ、きっと。 こっちじゃ、普通サイズで398だっ。 


ということで、キューピーマヨを平気で売ってたりするこのアメリカ系スーパーは合格!!

韓国系や中国系スーパーでも売ってなかったキューピーマヨ。こんな近くのアメリカ系で買えるなんて・・・。 

しかし、ふと思った。中国系やら韓国系で日本製はなくても、中国系、韓国系のマヨがおいてあってもいいと思うんだが、アメリカ製しかなかった。中国や韓国には自国製のマヨがないのだろうか? それともマヨはアメリカ製のほうが人気あるんだろうか。 うーむ。




テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。