すまいるの”メインは前菜ほどに”

シアトル生活16年目、長年独身保った関西女と同居人がとうとうゴールイン。前菜からメインに・・。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

英語と日本語があやふやなとき 

仕事で取引先業者に見積もりを取ったら、ファックスに書かれて返ってくると、ちょっともやもやする表現がある。

N/A (Not Available) という言葉だ。 単に日本語に直すと、「ありません。」「用意されてません。」ということだが、あまりにあいまいだと思ってしまう。 

結構、直接的な表現の英語にしたら、めずらしい部類だと思うんだが、この文字を見ると、むむむっと少し納得いかない。


これって、店に物を買いにって、店員に「ありませんねぇ。」とただ言われだけのような気がする。 アメリカ人は「あら、そうなの。」と特に気もせず引っ込むのだろうか。 それが、特に2,3週間前に売ってたのに、単に「ありません。」じゃ、大抵の日本人は納得しない。

これが、あっしが単にアメリカで生活してるだけには、おそらくたいして気にしないんじゃないかと思うが(商品によるけど)、日本と仕事していると、単に「ありません。」じゃ納得されないから、追及するくせがついている。

「無い」ってことは、「廃盤」なのか、「売り切れ」なのか、「入ってくるのが果てしなくかかるから、待ってても無駄よ」なのか。 その辺まで知らないと日本人なら納得されない。

ま、それはそれでいい、けど、アメリカでもそういうあやふや表現があるんだな・・と感じたひとつの例。


あやふやといえば、日本語がよくbeating around the bush(低木の周りをたたいて回る)って言われるくらい、はっきりしない表現が多いのだが、一度日本語ぺらぺらのアメリカ人に言われたことがある。

「日本語って、英語にあるa, anなどの冠詞と、複数か単数かを表現する術がないよね。数量がひとつなのか、それ以上なのかわからない。」


ううむ。 そりゃそうだが、数量が大事なときには、ちゃんといくつという数字を言うことだってあるぞ、日本語。 一個でないなら、一個以上なのかどうかより、ちゃんとした数が知りたいと思うんだが。 


米国でかれこれ10年以上、日本とアメリカの企業の間に入って仕事してるが、未だにどっちつかずのやり方になりつつある自分に葛藤を覚えることがある。 一回、アメリカ人ばーっかりの中で仕事して、アメリカ企業とだけやりとりして、日本を考えなくてもいい生活を送ってみたいな。 一体自分がどうなるんだろうと思う。 もっと葛藤が起きるかな。


テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

日本語の乱れ 

日本人が海外にながーく在住すると、日本語がおかしくなるというのはよくある話しだ。 あっしも例外でない。 

こうやって、日本語を書いたり、ネットで読んだり、友人や仕事上で話すことが多いから、そうそう忘れることはないが、やっぱりここアメリカに住んでいれば、英語が生活の基本であるし、日本語と英語が変なちゃんぽんになって口から出てくる。

こっちで覚えた言語や言い回しがぴったりくると、そっちが先に頭に浮かび、日本でいい言い回しがあると、そっちが頭に浮かぶからだ。

しかし、そんなあっしも一応日本人としての誇り?もあるので、なるべく日本語や字を忘れないように、こうやってブログなんかやってたり、なるべくネットや他のメディアで正しい日本語をキープアップしているわけだ。(ここ笑うとこ。)


そんな海外在住日本人を笑ってくれるのは、あっしの家族だったり日本の友達だったりするわけだが、たまーに、あっしが日本在住の友達や同僚を笑ってしまうことがある。


先日の日本からきたメールの内容でこんなのがあった。

「これじゃ、帯に長し、たすきに短しですねぇ。」

一瞬、あっしが間違っているのかと思ったが、どう考えても逆のような気がする。 だって、帯のほうが長いし、たすきのほうが短いから、その逆を言って、もひとつ用を足さないといいたいことわざなわけで・・。

一応ネット辞書で調べた。 あっしは合っている。


よかった・・。 しかし、とてもじゃないがその人に、違いまっせ。とは指摘できなんだ、年上だし、仕事関係の人だ。

どこかで、気がついてくれればいいなと願いながら、PCに向かってニヤニヤしているあっしだった。


テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

忘れられない道端の面々・ご近所編 

kinjo
中庭挟んで向かいの2階に住んでいるらしい男の子だが、いつも変な歌を歌っている。

この日は、まるでお経を読むかのような歌だった。うちの祖母や母は浄土真宗で(たぶん)、子供のころからお経を聞いて育ったので、お経の読み上げ方にはなじみがある。

まさにそんなトーンと音程で、同じ言葉を繰り返していた。 英語で言うと、こんな感じだ。

「プッザー、バックインザー、マイクロウエィ~ブ」
("Put that back in the microwave.")


ひょっとしたら、障害者かなぁと思うから、あんまり小ばかにもできないし、大笑いもできないが、、結構あっしはおもろいと思って、鉢植えに花を植えながら、ひそかに苦笑していた。

で、何を電子レンジの中に戻そうと言っているのかは・・よく見えなかった。

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

バトル・ウィズ・ネイバーズ 

4月下旬にここのアパートに引っ越してきてから、隣人達とのバトルを以前記事に書いたが、なにやら、次から次へと何かと話題?ができるので、とうとうシリーズ化してしまった。(って勝手にしてるんやが)

先週、何回か騒音の文句を管理人通して、はたまた直接と・・と毎日のように苦しんでいたあっしと同居人だが、週末はかなり静かな日々を過ごさせていただいた。(涙出るくらいうれしかった。)

そんな週末だったのに・・・。 

今度は横隣のオンナが・・・(下品で失礼)、子犬を飼いだしたらしい。 同居人がぼやいた。

「隣の奴、子犬のウ○チをうちのまん前の芝生でさせて、それを拾いもしない・・・。」

奴もかなりぶちきれた様子。 隣人の一人が子犬とともにうれしそうに、どっかから連れ帰ってきたとき、あっしは花を鉢植えに植えていて、同居人はデッキの箱に鍵を取り付けていたのだが、あっしより先に同居人はすかさず、そのウ○チのことについて、文句をつけていた。

その♀、「あ、それは○○の仕事だから。」と、悪びれもせず(またか)、部屋の中に入って行って、○○の名前を呼んでいる。 もうひとりのぽっちゃり♀が、飛ぶようにでてきて、ティッシュで拾っていったようだった。

あっしは、頭にきていたので、顔をあげもしなかった。同居人が見ていると思ったのだが、見ていなかったらしい。 結局、あとで見たら、拾ったのは2つくらいのうち、1つだけだったらしく、肝心のあっしらのまん前の芝生の上に、プレッツエルか?というようなウ○チが半分乾いた状態で横たわっていた。


次の日、やっぱり拾ってない彼女ら。 これからもウ○チさせてぜったい拾わないんだろう・・・とだいたい予想がつく。 もう、ここまで汚いのもたまらないんだが、ほかの事で仕返しをするのもあっしの性分でないし、どんぐりの背比べだ。

結局、上の住人のたばこの吸殻問題と同じく、そのままそっくりブツをお返しして差し上げることにした。

たばこの吸殻と違い、かなり勇気がいったのだが(あっしは犬も猫もあんまりまともに飼ったことがないので慣れていない)、いつまでもそこにあるのももっといやなので、プラスチックの使い捨てナイフで、根こそぎ取り、彼女らの玄関戸とすぐ横にある窓下の間くらい目掛けて、落としてさしあげた。


あとで、同居人に言っておいたら、爆笑していた。 

手でつかんだんか?


んなわけないっしょーが、最初乾いてると思ったから、ガーデニング用のグローブでつかんだが、上のほうだけで下はまだねっとりしていたので(汚くて申し訳ない)、ナイフ使ったわな。

その後同居人が、そのウ○チの上に窓の桟に彼女らが置いていたタバコの箱が落ち、みごとウ○チがキャッチしていたらしい。 

それからまた後で、見てみると、そのタバコの箱だけはしっかりと拾ったらしいぽっちゃり彼女だが、ウ○チはそのまんまだった。 

自分の犬の落し物が拾えないくらいなら、飼うなよ。 といいたかった。 


ああ、もうこれだけウ○チのことを書いてるだけで気持ちが悪くなってきたんで、この辺でやめよう。 と、いいながら、よーく考えたら、その日の夜、日本のカレーを作って食ったあっしだった。 (なんにも考えてなかったな、今これ書いてみるまで。)

△page top

ししゃもデビュー 

今月は同居人が転職していきなり、泊りがけで1週間のうちほとんど家にいないので、あっしは自分が食べたいものを好きなように買いにいける。

特に超家庭的、超オーセンティック?な日本食はなかなか同居人も食べられないので、常にそこそこアメリカ人が食べられるアジア食や欧米風の食事にしているため、材料もどちらにも使えそうなものを買いつつある。

今週は近くの中国系スーパーへ行ってみた。 たまに魚介類が安かったりする。 さすがに新鮮な生・・はなかなかこちらでお目にかかれないが、解凍してあるものやら、急速冷凍ものは味もそんなにバカにできず、且つ結構ローカルのチェーンスーパーより安かったりする。

今日は、冷凍イカリングとなんと子持ちししゃもが手に入った。

ししゃもを日系スーパーで買うと、10匹も入っていないのに、6,7ドルとかしてえらい高い。 なのに、ものによっては子持ちじゃない。

今回この中国系スーパーで、2パウンド(約800gくらい)近く入って、なんと$3.89(400円くらい?)。 こんなに合っても一挙に食べれないが、小分けにして部分冷凍すればいいか・・。


買った夜、ひとりでまず7匹も食ってしまった。 うまい・・・。ビール派でないが、これはビールにいける。

shishamo


そして、昨日晩また食べたくなり、おつまみ程度しかおなかがすいてなかったので、ちょうどいいと、また8匹ほど焼いてみた。 週末で同居人もいたので、 「ビールにええで、食う?」

「頭ついてる・・・。」

ええい、sissy(女々しい)な。 キャンプで川マス釣った後、さばいて焼いたら、食ったではないか。 同じことだ。

最近奴に日本の家庭料理を少しずつ慣れさせるために、「こいつは酒の肴だから、ビールもしくは日本酒に合うんだぞ。」といって、口にするように仕向ける手段を発見した。 


「内臓とか骨とか。」

日本じゃ子供しかしない質問をぶつけてくる。 

奴は小さいものから食ってみた。

shishamo2
認めるのは悔しいが、うまい。 
見た目一瞬引くが、うまい。

ししゃもデビュー成功

テーマ: アメリカ生活

ジャンル: 海外情報

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。